記事一覧:櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽346

  • 日本人に生まれたことを幸せと感じられた光景

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    日本人に生まれたことを 幸せと感じられた光景

    2013年04月13日号  

    三月二八日、熊本県菊池市を訪れた。美しく平和な佇まいの中、あちらにもこちらにも驚くほど多くの桜の森があった。津々浦々、日本には本当に多くの桜の名所がある。けれど、菊池にはとりわけ心引かれる美しさがあり、昔からの日本人の素朴な心の温かさが今に伝えられている気がした。

  • 池口恵観氏の45億円はいかに調達されたのだろうか

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    池口恵観氏の45億円は いかに調達されたのだろうか

    2013年04月06日号  

    三月二六日、在日本朝鮮人総連合会(朝総連)の中央本部の土地・建物が競売にかけられ、池口恵観(えかん)氏が法主を務める最福寺(鹿児島市)が四五億円の高値で落札した。最低価格の二倍弱、四五億円の手当はすでについているとのことだが、池口氏が、落札した建物を朝総連に貸してもよいと語ったのには驚いた。その場所を「世界の民族融和」の拠点にしたいというのだ。朝総連は、日本人の拉致や、北朝鮮の核ミサイル開発に必要な技術や資金の調達に関わっていた濃厚な疑惑を持たれている。いま、日本は国を挙げて、厳正な法執行で北朝鮮の暴挙を抑制しようとしている。そんなときに、「賃貸」の形を取って彼らの活動拠点を担保してやるのが宗教家のすることだろうか。そもそも四五億円もの大金はどのように調達したのか。

  • 北朝鮮に謀略戦で敗れたことが韓国のまともな国造りを妨げている

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    北朝鮮に謀略戦で敗れたことが 韓国のまともな国造りを妨げている

    2013年03月30日号  

    韓国がおかしい。例えば韓国人窃盗団が対馬のお寺から盗んだ長崎県有形文化財の仏像を、韓国のお寺が、元々これは一四世紀に自分の寺で作ったものだと主張し、“自分の寺に戻してほしい”と要求する。戻してほしいのは日本のほうだ。三月二五日、初の女性大統領となった朴槿恵氏は、北朝鮮が核の小型化に成功し実戦配備が可能となったこの非常時に、国民の安全ではなく国民の幸福を守るという就任演説を行った。

  • お金の使い方に人、社会、国家の性格が最も正確に表れる

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    お金の使い方に人、社会、国家の性格が最も正確に表れる

    2013年03月23日号  

    春闘で軒並み満額回答が出されている。裾野が広く経済全体に大きな影響を与える自動車業界では、大手一〇社中マツダを除く全社が満額回答だ。円安の影響もあるが、安倍晋三首相の経済界に対する賃上げ要請がきっかけになっているのも確かであろう。国内需要も中国市場も低迷する中での賃上げはかなりの負担だとの分析もあるが、一連の満額回答の背景に日本的経営の精神があるのではないかと思えてならない。

  • 自然に親しんできた生活を守りつつ数百年に一度の大災害に対処したい

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    自然に親しんできた生活を守りつつ数百年に一度の大災害に対処したい

    2013年03月16日号  

    東日本大震災から二年になる。この間、復旧復興はどれほど進んだかといえば、極めて遅い速度である。典型的なのががれき処理である。昨年一二月時点で、岩手、宮城、福島三県の平均で三三・六%しか処理されていない。これは一にも二にも、政治の責任である。例えば新潟県の泉田裕彦知事は、柏崎、三条両市が岩手県のがれきを一般ゴミとして処理したことを「犯罪行為」と非難した。しかし、これらのがれきの放射能レベルは一般の県内のゴミと同じである。心ないのみならず、科学の知識を欠く知事や、民主党政権首脳部の誤った政策が復旧復興を妨げ、かつ、風評被害も広げている。

  • 日本の運命を決する情報戦情報発信本部の設置が急務

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    日本の運命を決する情報戦 情報発信本部の設置が急務

    2013年03月09日号  

    訪米の成功と日米同盟の強化、さらにTPP(環太平洋経済連携協定)交渉への参加決定で、安倍晋三首相の支持率が右肩上がりである。内政外交共にスピード感を伴った政治を見るのは久しぶりであり、大きな山場を、安倍首相は一つも二つも越えたといえる。順風満帆の安倍自民党政権だが、依然として大きな問題が残されている。戦後レジームからの脱却を標榜してきた安倍首相にとっても決して避けて通ることのできない歴史問題だ。

  • チェルノブイリに学ばなかった民主党首脳部にこそ責任がある

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    チェルノブイリに学ばなかった 民主党首脳部にこそ責任がある

    2013年03月02日号  

    福島県相馬市で二〇一一年六月、酪農業の菅野重清さん(当時五四歳)が「原発さえなければ」と書き残して自殺した。今年二月二〇日、妻のバネッサさん(三四歳)が、東京電力に慰謝料など一億一〇〇〇万円を求めて東京地方裁判所に提訴すると発表、同日夜の「報道ステーション」で古舘伊知郎氏は、菅野さんは搾ったミルクをジャブジャブ捨てていた、毎日がこの繰り返しだったと沈痛な表情で伝えた。

  • 外貨を稼ぐ開城工業団地の閉鎖こそ対北朝鮮の有効策

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    外貨を稼ぐ開城工業団地の 閉鎖こそ対北朝鮮の有効策

    2013年02月23日号  

    北朝鮮が二月一二日、核実験を行った。二〇〇六年一〇月と〇九年五月に続く三度目の実験である。北朝鮮当局は今回の実験を「爆発力は大きいが、小型化、軽量化し、高い水準で安全に完璧に(核実験を)実施した」と発表した。事実ならアジア・太平洋諸国は新たな深刻な危機に直面する。とりわけ国際社会が注目しているのは北朝鮮の核爆弾がプルトニウム型か濃縮ウラン型かという点だ。前二回の実験はプルトニウム型だった。今回の核爆弾が濃縮ウラン型であれば、国際社会は北朝鮮による核大量生産という悪夢に直面する。

  • 激化する中国の挑発に対し日本は何をなすべきか

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    激化する中国の挑発に対し 日本は何をなすべきか

    2013年02月16日号  

    尖閣諸島の海と空が尋常ならざる緊迫の中にある。中国は昨年九月以来、尖閣諸島の真北八〇カイリ(約一五〇キロメートル)の海にフリゲート艦二隻を常駐させてきた。この二隻の軍艦と、度々尖閣諸島周辺の領海を侵犯する国家海洋局所属の海洋監視船「海監」などは、これまでバラバラに動いていた。それが一月中旬以降、両者が連携し始めた。尖閣諸島周辺海域に常時中国艦船がプレゼンスを誇示できるように、海監が中国側に引き揚げるときはフリゲート艦が日本の海に前進するという形で双方が協力し始めた。対日作戦の前面に軍が明確な形で立ち始めたのだ。

  • 情緒的反対論が溢れる沖縄地元紙 客観的情報をきちんと伝えるべき

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    情緒的反対論が溢れる沖縄地元紙 客観的情報をきちんと伝えるべき

    2013年02月09日号  

    一月二七日、「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」実行委員会の主催で、東京・日比谷野外音楽堂で「NO OSPREY東京集会」が開かれ、主催者発表で四〇〇〇人が集った。翌日の「沖縄タイムス」「琉球新報」両紙の紙面は、右の東京集会とオスプレイ反対を伝える写真とコメントで埋め尽くされた。両紙は六~七ページ分という圧倒的な分量の紙面を割いて東京集会と反対論を報じたが、その報道ぶりは凄まじい。

  • テロ犠牲者情報の開示は正しい必ずや公益に役立たせてほしい

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    テロ犠牲者情報の開示は正しい 必ずや公益に役立たせてほしい

    2013年02月02日号  

    かつて私は住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の構築に強く反対した。国民に一一桁の番号を振り、同番号の下に個人情報を統合してコンピュータに入力し、全国三三〇〇自治体(当時)をつなぐ巨大なネットワークに拡大するというのが政府の考えた住基ネットだった。

  • 自国を自力で守る姿勢を鮮明にし アジア諸国と連携を強化する首相

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    自国を自力で守る姿勢を鮮明にし アジア諸国と連携を強化する首相

    2013年01月26日号  

    「中国人民解放軍を平時において積極的に活用する」「軍事闘争への備えを優先する」 これが習近平・中国共産党総書記が繰り返し強調する考え方であり、後述する中国の尖閣諸島問題に関連する対日強硬政策の主因でもある。習氏は前任者の胡錦濤、江沢民両氏と異なり、まもなく党中央軍事委員会主席のポストも手にし、政権発足当初から党と軍の実権を掌握する。前任者の二人が自らの政権を樹立した後も二年ほど、党中央軍事委員会主席のポストを手に入れることができなかったのとは対照的だ。

  • 政権交代で実現した南鳥島沖のレアアース2万年分の海底調査

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    政権交代で実現した南鳥島沖の レアアース2万年分の海底調査

    2013年01月19日号  

    文部科学省所管の独立行政法人、海洋研究開発機構(JAMSTEC)が小笠原諸島・南鳥島沖の海底に眠るレアアース(希土類)泥の調査に乗り出すことになった。東京大学大学院工学系研究科の加藤泰浩教授の研究チームが六年前から指摘してきたレアアースの宝庫がこの海底に眠っている。加藤教授は南鳥島の海底調査を行うべく経済産業省に調査・研究への支援を要請してきたが、今回、文科省によって調査が実現することになった。

  • なぜ韓国人は日本人を憎むほどに中国人を憎まないのだろうか

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    なぜ韓国人は日本人を憎むほどに 中国人を憎まないのだろうか

    2013年01月12日号  

    日韓米中で新政権が発足し、二〇一三年のアジア・太平洋地域ではこれら四カ国の外交政策が複雑に交差する。その中で、日本外交の基本は日米関係の修復と緊密化であるが、韓国との関係も重要な変数となる。韓国外交を観察していてしばしば驚くのが彼らの親中ぶりだ。歴史上、朝鮮半島を最も苦しめたのは中国である。侵略回数は数百回を数え、朝貢制度で中国は毎年、美しい女性や優れた料理人、陶磁器作りの匠などを召し上げた。そんな屈辱的な扱いをされたにもかかわらず、なぜ、韓国人は日本人を憎むほどには中国人を憎まないのだろうか。

  • 朴槿恵氏を選んだ大統領選挙「大人たちが韓国を死守した」

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    朴槿恵氏を選んだ大統領選挙 「大人たちが韓国を死守した」

    2013年01月05日号  

    一二月一九日、韓国大統領に朴槿恵(パク・クネ)氏(六〇歳)が選ばれた。「左翼の中の左翼」といわれる文在寅(ムン・ジェイン)氏に一〇〇万票の差をつけた。五年前、李明博氏は他の二人の候補を退け、五〇〇万票の差で選ばれたが、この五年間李大統領には保守派としての実績は何もない。支持率低下にあえぐ政権末期には求心力を高めるべく竹島に不法上陸までしてみせた。五〇〇万票差で当選しても左翼陣営に振り回され、妥協を重ねざるを得なかったのであれば、一〇〇万票差の朴氏の立場はどう分析したらよいだろうか。

  • 金正恩体制はミサイル発射で深刻な負の影響を受ける

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    金正恩体制はミサイル発射で 深刻な負の影響を受ける

    2012年12月22日号  

    一二月一二日午前九時四〇分ごろ、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを北西部の東倉里(トンチャンリ)から発射した。予告通りの軌道を通過して、衛星「光明」を「予定の軌道に乗せた」とし、北朝鮮は「衛星打ち上げ」に成功した旨、発表した。ミサイル発射の前日、どのメディアもいっせいに、北朝鮮がミサイルを発射台から取りはずし始めたと報じた。政府も発射は延期との見方を取った。完全に「裏をかかれた」わけである。北朝鮮による情報操作であれば、周辺諸国の裏をかくという意味で金正恩氏は成功したといえる。しかし、少し視野を広げて考えれば、正恩体制は深刻な負の影響を受けることになるだろう。

  • 大目標を共有する勢力の結集が衆議院議員選挙後の大きな課題

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    大目標を共有する勢力の結集が 衆議院議員選挙後の大きな課題

    2012年12月15日号  

    一二政党が林立する衆議院議員選挙が眼前に迫っている。各政党の名前や各党の政策の詳細も不確かなまま、投票する人は少なくないだろう。そんな中、一二月六日の各紙は選挙予測を報じた。大筋において自公が過半数を取り、民主が一〇〇議席を割り得るとの見方だ。小選挙区制では信頼を失った党は議席を激減させられるが、今度もそのようになるのであろう。

  • 「TBS映像事件」はテレビ等の偏向報道を示唆してはいないか

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    「TBS映像事件」はテレビ等の偏向報道を示唆してはいないか

    2012年12月08日号  

    ネットを見なければわからないニュースがある。その中でもごく最近驚いたのが、TBSによる悪質としか言えない映像の「誤使用」である。一一月一六日放送の、みのもんた氏の「朝ズバッ!」で、痴漢事件で逮捕されたNHKのアナウンサーの件を報道する映像の中に、安倍晋三自民党総裁の笑顔がごく短い時間入れ込まれていた。見ると安倍氏の笑顔が、「強制わいせつ容疑」などの文字スーパーと共に報じられている。番組司会者は番組内で不手際を謝ったが、安倍氏側は「単なる不手際なのか」と疑問を抱く。

  • 再選後初の外遊先をタイ、ミャンマー、カンボジアとしたオバマ外交の真意

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    再選後初の外遊先をタイ、ミャンマー、カンボジアとしたオバマ外交の真意

    2012年12月01日号  

    再選されたオバマ大統領がタイ、ミャンマー、カンボジアの三カ国を、再選後初の外遊先として選んだことの意味を考えてみる。

  • 明確な政策を掲げて選挙を戦い強く賢い自主独立の国づくりを

    櫻井よしこ 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽
    明確な政策を掲げて選挙を戦い 強く賢い自主独立の国づくりを

    2012年11月24日号  

    一一月一四日の党首討論は野田佳彦首相が仕掛けた大技だった。それは党首討論という次元のものではなく、首相の捨て身の戦いだった。しかも相手は自民党ではなく、党内反対勢力だったと考えてよいだろう。首相のやることなすことすべてに反対するのは野党ではなく、党内勢力だった。彼らは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加に反対し、尖閣諸島国有化後は種々の施設の整備にも反対した。中国の侵略的動きを抑止するための日米合同軍事訓練が予定より大幅に遅れたのも、党内反対勢力故だった。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 定期購読キャンペーン 図書カード3000円分プレゼント

記者の目

  • 副編集長 清水量介

    お札にもなっているほどの人なのに…

     周囲の人たちに、『学問のすすめ』を読んだことがあるかと聞くと、「ある」と答えたのは1人だけ。他の福沢諭吉の書籍に至っては、ゼロでした。
     お札にもなっているほどの人なのに、「ぶっちゃけ、何がすごいのかよく分からない」という人がほとんど。
     素晴らしい現代語訳の本が多数出ていますので、もしこの特集で興味を持ってもらえたら、一読をお勧めします。
     ちなみに、福沢諭吉をここまで大々的に取り上げていると、慶應義塾大学の出身者と思われそうですが、私は、野球など、何かとライバル扱いされる方の大学の出身者です。決して、母校のためなどという思いで特集を企画したわけではありません。念のため。

  • 編集長 深澤 献

    引用して偉そうにしゃべったのを思い出しました

     2009年に「社会起業家全仕事」という特集を担当しました。若い世代中心に広がっている「事業として利益を上げつつ社会問題を解決する」という取り組みに焦点を当てたものです。
     発売後、縁あって慶應義塾大学の某ゼミ勉強会で、同特集についてお話しする機会に恵まれました。その際に話したのは、自分の社会人としての考え方は、ご存じ『学問のすすめ』の「アリのたとえ」に影響されているということ。
     家族を養うために働くのはアリでもやっている。大事なのは他者、社会のために働くという意識で、それは“いかにも”な社会活動でなくても、あらゆる仕事で可能だ、と。
     このたび、そう偉そうにしゃべったのを思い出し、改めて気を引き締めました。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!