記事一覧:Book Reviews オフタイムの楽しみ414

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

5000円キャッシュバック!テレワーク応援キャンペーン 週刊ダイヤモンド デジタルサービスの提供を終了いたします

記者の目

  • 編集部 土本匡孝

    コロナ治療の薬登場は渇望するが、エビデンスに基づいた冷静な対応を

     「アビガンは効かない?」。製薬業界関係者から20日早朝に届いたメールの件名を見て、飛び起きました。
     コロナ治療薬として企業治験中のアビガンに関し自信満々の経営者インタビュー記事を、ダイヤモンドオンラインで配信したばかりだったからです。
     メールの内容は企業治験とは別に行われている医大などの臨床研究で、「現時点では十分な科学的根拠を得られていない」とする各種報道を紹介するもの。安倍晋三首相は5月4日、月内の薬事承認を目指すと表明しましたが、メールの送信者は「このままいくと科学的根拠のない薬剤を政府判断で承認する前代未聞の大事件になる」と警戒します。
     治療薬の登場は渇望しますが、エビデンスに基づいた冷静な対応を願います。

  • 編集長 山口圭介

    コロナ禍は甲子園にこびりついた根性論を見直す奇貨かもしれない

     2006年、早稲田実業に密着して夏の甲子園を取材しました。
     予選前の練習試合は連戦連敗で、西東京大会初戦も9回の敵失で1点差の辛勝。そんなチームが逆転に次ぐ逆転で西東京を制し、甲子園では球史に残る再試合を経て頂点に立ったのです。人は短期間でこんなにも成長するのかと驚かされた一方、夏場の連戦で疲弊し切った選手の姿も強く印象に残っています。
     コロナ禍によって夏の甲子園は戦後初の中止が濃厚となっています。高野連が20日に運営委員会を開き、開催について協議するとのこと。
     可否いずれにしても、今の運営は選手の負担が大きく、開催時期や手法も含め、こびりついた根性論を見直す奇貨かもしれません。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
いますぐ資料請求!