今回は、浅倉秋成著『九度目の十八歳を迎えた君と』から。通勤途中の駅のホームで、高校時代の同級生、二和美咲を見るのがこの長編の発端だ。彼女はなんと、十八歳のままの姿で向かいのプラットホームに立っていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。