新幹線車両の先頭部を形作る「おでこ」のような流線形は、きっと大工場にある最新鋭の機械で造り出されているのだろうと何の疑いもなく思っていた。ところが実際には、小さな町工場で、職人さんがハンマーで板金をたたくといういかにも原始的な手作業で1両ずつ造り上げていくのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。