公教育をより良くしようという運動には、私も長年関わってきたが、外部の人間である限界は何度か突き付けられた。本来先生たち自身の中から迫力ある改革の動きが起こるべきだと感じてきた。『「目的思考」で学びが変わる』の工藤校長の登場には、喝采を送りたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。