中学生のころ、親に隠れてこっそり飲んだ、琥珀色のエキゾチックな香りと味わい──。コーヒーに初めて魅了されたときの記憶が蘇ったのが、片岡義男著『珈琲が呼ぶ』である。エッセーだが、モカ、マンデリンといったコーヒーの種類やサイフォン、ネルドリップなどの淹れ方、ストレート、ブレンドの味わい方を詳しく深く説くにとどまらない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。