時間を巻き戻して生命進化のテープをリプレーしたらまったく違った結果になるのだろうか、それともやはり地球は似た生物で賑わい、ヒトも生まれるのか? この謎に挑むのが『生命の歴史は繰り返すのか?』だ。別の場所でよく似た生物が独立して発生することがある。本書の主題、収斂進化だ。サメも魚竜もイルカも流線型で紡錘形なのは水中で高速遊泳するためだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。