記事一覧:新日本酒紀行110

  • 福田(FUKUDA)/長崎県平戸市志々伎町

    新日本酒紀行
    福田(FUKUDA)/長崎県平戸市志々伎町

    2019年04月27日号  

    平戸島は古代日本の最西端で、世界への窓口だった。古墳時代から志々伎(しじき)湾に大陸からの船が着き、戦国時代はポルトガル人が欧州の産品とキリスト教を伝来。島西端の志々伎神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)の御子、十城別王(とおきわけのみこ)を祭り、そのお神酒を造る酒屋だったのが福田酒造だ。代々松浦藩主御用達で、社長の福田詮さんは14代目になる。

  • 磐城壽(IWAKIKOTOBUKI)/山形県長井市

    新日本酒紀行
    磐城壽(IWAKIKOTOBUKI)/山形県長井市

    2019年04月20日号  

    福島県浪江町で海の男たちから愛された「磐城壽」醸造元の鈴木酒造店は、東日本大震災で全建屋が流失した。福島第一原子力発電所と蔵は直線距離で7kmと近く、避難指示が発令。酒蔵再開のめどは立たず、2011年秋、縁があり山形県長井市で酒造りを再開する。福島県の試験場に預けていた酵母が無事で蔵から唯一持参できた。

  • 鯉川(KOIKAWA)/山形県東田川郡庄内町余目

    新日本酒紀行
    鯉川(KOIKAWA)/山形県東田川郡庄内町余目

    2019年04月13日号  

    1893年9月、山形県余目町(現庄内町)の農家、阿部亀治さんが、冷害で倒伏した田んぼで3本だけ実った稲穂を発見した。亀治さんはこの籾(もみ)から、4年後に新品種の亀の尾を世に出した。

  • 水尾(MIZUO)/長野県飯山市

    新日本酒紀行
    水尾(MIZUO)/長野県飯山市

    2019年04月06日号  

    島崎藤村が信州の小京都と呼んだ飯山の里。千曲川から信濃川と名が変わる長野と新潟の県境に近い豪雪地帯にある。豊富な雪解け水と日照に恵まれ、昼夜の寒暖差もあり、上質な米と水がそろう酒造りに好適の地だ。

  • 酒屋八兵衛(SAKAYA HACHIBE)/三重県多気郡大台町

    新日本酒紀行
    酒屋八兵衛(SAKAYA HACHIBE)/三重県多気郡大台町

    2019年03月30日号  

    三重県大台ヶ原山一帯は「年間400日雨が降る」といわれるほど降雨量が多い。その雨は日本百名山の大台ヶ原山から長さ約90kmの一級河川の宮川になり、大台町を横断し、伊勢神宮外宮近くを通り伊勢湾へと流れ出る。

  • 志太泉(SHIDAIZUMI)/静岡県藤枝市宮原

    新日本酒紀行
    志太泉(SHIDAIZUMI)/静岡県藤枝市宮原

    2019年03月23日号  

    「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とうたわれた、大井川の扇状地が志太平野。藤枝市と焼津市を含む静岡県の中央に位置し、温暖かつ水量も豊かで古くから農業と漁業で栄えた地域だ。

  • 廣戸川(HIROTOGAWA)/福島県岩瀬郡天栄村

    新日本酒紀行
    廣戸川(HIROTOGAWA)/福島県岩瀬郡天栄村

    2019年03月16日号  

    福島県天栄村は昔、中通りと会津をつなぐ交通の要衝として栄えた。350mの高低差が昼夜の寒暖差を生み、米の食味コンテストで9年連続金賞を受賞する優良な米どころだ。奥羽山脈が縦断し中央分水嶺があり、日本海へ流れる阿賀野川水系鶴沼川と、太平洋へ流れる阿武隈川水系釈迦堂川が西と東へ流れる。

  • 惣誉(SOHOMARE)/栃木県芳賀郡市貝町

    新日本酒紀行
    惣誉(SOHOMARE)/栃木県芳賀郡市貝町

    2019年03月09日号  

    栃木県東部で1872年から酒造りをする惣誉酒造は、生産量の90%以上が県内消費という地酒蔵だ。一方で海外の星付きレストランや名門ホテルのメニューにも載る。「晩酌を楽しむ地元の人に喜んでもらえる酒を追求してきました」と、5代目蔵元の河野遵さん。

  • ロ万(ROMAN)/福島県南会津郡南会津町

    新日本酒紀行
    ロ万(ROMAN)/福島県南会津郡南会津町

    2019年03月02日号  

    福島県会津若松市と新潟県魚沼市の中間に位置する南会津町は東京から直線距離で180km。しかし、ビッグデータを使った全国到達所要時間マップによると、東京から北海道最北端の宗谷岬へ行くより時間がかかる。

  • 萩の鶴(HAGINOTSURU)/宮城県栗原市

    新日本酒紀行
    萩の鶴(HAGINOTSURU)/宮城県栗原市

    2019年02月23日号  

    古今和歌集で「宮城野の、もとあらの小萩」と詠まれたのが宮城県の名の由来で、県花は萩だ。その萩を銘柄の冠にして酒造りを続けるのが、「萩の鶴」醸造元の萩野酒造。県最北の宿場町、旧萩野村(現栗原市)有壁で1840年に創業した。

  • ◎(よ)右衛門(YOEMON)/岩手県花巻市石鳥谷町

    新日本酒紀行
    ◎(よ)右衛門(YOEMON)/岩手県花巻市石鳥谷町

    2019年02月16日号  

    南部杜氏は日本三大杜氏の筆頭で、最大の杜氏集団だ。本拠地は岩手県花巻市の石鳥谷町。冬は-15℃まで気温が下がり、酒造りの適地。南部藩主に献上する酒造りによって技術が向上し、冬仕事として杜氏集団が形成され全国へ名を轟かせた。

  • 笹一(SASAICHI)/山梨県大月市笹子町

    新日本酒紀行
    笹一(SASAICHI)/山梨県大月市笹子町

    2019年02月09日号  

    甲州街道一の難所とされた笹子峠近くに立つ笹一酒造は、日本酒、ワイン、リキュール、焼酎を製造し、立地の良さから観光バスも寄る大月市のランドマークだ。

  • 月の桂(TSUKINOKATSURA)/京都府京都市伏見区

    新日本酒紀行
    月の桂(TSUKINOKATSURA)/京都府京都市伏見区

    2019年02月02日号  

    1675年創業の増田徳兵衞商店は、数多ある京都・伏見の酒蔵の中でも最古。銘柄の「月の桂」は蔵の横を流れる桂川と、「月に住む桂男(かつらおとこ)が、巨大な桂の木を永遠に切り続ける中国の不老不死伝説が由来」と14代目の増田徳兵衞さん。

  • 播州一献(BANSHUIKKON)/兵庫県宍粟市

    新日本酒紀行
    播州一献(BANSHUIKKON)/兵庫県宍粟市

    2019年01月26日号  

    713年に編纂された『播磨風土記』には、兵庫県宍粟(しそう)市周辺で、かびた米から酒が造られたと記されている。古い歴史を持つ宍粟市の中でも、山崎地区は白壁に瓦屋根が並ぶ町屋造りが残る。その一角に立つのが「播州一献」醸造元の山陽盃酒造だ。

  • 南部美人(NANBUBIJIN)/岩手県二戸市

    新日本酒紀行
    南部美人(NANBUBIJIN)/岩手県二戸市

    2019年01月19日号  

    全国新酒鑑評会やIWCチャンピオンサケ、SAKE COMPETITIONなど、さまざまなコンテストで連続受賞する岩手の酒蔵、南部美人。蔵元の久慈浩介さんに快進撃の理由を尋ねると「2蔵体制」だという。

  • 梵(BORN)/福井県鯖江市

    新日本酒紀行
    梵(BORN)/福井県鯖江市

    2019年01月12日号  

    梵を醸す加藤吉平商店の酒蔵としての創業は1860年。1928年の昭和天皇の即位の御大典で酒が選ばれ、68年には日本で初めて大吟醸酒を商品化した。当主は11代目の加藤団秀(あつひで)さんで、代々続く最高峰の酒造りを継承し、全量を純米造りで醸す。最高精米歩合は20%、平均は35%だ。全てのお酒を1年から10年以上氷温熟成させてうま味が乗ってから出荷するのが特徴。

  • 福千歳(FUKUCHITOSE)/福井県福井市

    新日本酒紀行
    福千歳(FUKUCHITOSE)/福井県福井市

    2018年12月22日号  

    福井県福井市で「福」つながりの酒、福千歳を醸す田嶋酒造。山廃造りの酒を得意とする。日本酒は江戸時代まで、天然の乳酸を育成する生酛造りが主流だったが、明治時代に醸造用乳酸を添加し、手軽にできる速醸酛が開発されて切り替わった。

  • 英君(EIKUN)/静岡市清水区由比

    新日本酒紀行
    英君(EIKUN)/静岡市清水区由比

    2018年12月15日号  

    桜エビで名高い由比港の近く、由比川沿いの街道に立つ英君酒造。創業は日英修好通商条約が結ばれた年で、徳川の英(ひい)でた君主にちなみ「英君」と命名された。

  • 黒龍(KOKURYU)/福井県吉田郡永平寺町

    新日本酒紀行
    黒龍(KOKURYU)/福井県吉田郡永平寺町

    2018年12月08日号  

    日本酒を冷やして飲む。今や当たり前の飲み方だが、昔は、冷や(常温)と燗しかなかった。1970年に黒龍酒造7代目蔵元の水野正人さんがCOLD KOKURYUを発売し、酒を冷やして飲むことを提案。

  • 松の寿(MATSUNOKOTOBUKI)/栃木県塩谷郡塩谷町船生

    新日本酒紀行
    松の寿(MATSUNOKOTOBUKI)/栃木県塩谷郡塩谷町船生

    2018年12月01日号  

    「松の寿」の醸造元、松井酒造店は塩谷町船生(ふにゅう)の日光北街道に立つ。初代の松井九郎治が水にほれ、新潟県小千谷から移住し、1865年から酒造りを開始した。蔵の奥には深い林が広がり、『奥の細道』で松尾芭蕉が歩いた道が残る。芭蕉の弟子、河合曾良の『奥の細道随行日記』にも「船生ヨリ玉生ヘ弐里」と地名が登場する。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    「スポーツのように勉強しろ」

     大学は実学を学ぶ商学部でした。「バカ商」「ラク商」の俗称通り、お気楽な学生生活を送っていましたが、超絶硬派な企業・産業分析のゼミに入ってしまい、生活が一変しました。
     指導教授によく言われたのが「スポーツのように勉強しろ」。何度も失敗しながら〝型〟を覚えていかなければ、学問は身に付かないと。当時得た財務知識は今の仕事の土台になっています。
     大切なのは質の高い失敗をすること。ただ、ビジネスマンに必須の財務の学習では、内容が不親切、難解など、最初の参考書選びで失敗し、挫折する人も多いようです。
     今回の大特集は徹底的に分かりやすさにこだわった財務3表の読解術が売りです。ぜひご一読を。

  • 副編集長 清水量介

    今回の特集とセットの「兄弟特集」とは

     本誌の決算書特集チームが担当する決算書特集シリーズ。今回は、本誌史上最高の楽チンさを実現しています。
     そして、今回の特集がいつもと違うのは、セットの「兄弟特集」があることです。
     5月18日号(13日発売)では「超やさしい! 英語で決算書入門」(仮)と題して、海外企業の決算書の特集を予定しています。
     米国や中国の企業が多数登場。GAFAなど巨大IT企業のビジネスモデルの何がすごいのかが、よく分かるようになっています。もちろん英語の習得にも役立ちます。
     2号をセットで読めば、もうあなたは決算書マスターです。今号を熟読し、そちらもご購入いただけたら幸いです。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!