記事一覧:新日本酒紀行54

  • 水芭蕉 ピュア(MIZUBASHO PURE)/群馬県利根郡川場村

    新日本酒紀行
    水芭蕉 ピュア(MIZUBASHO PURE)/群馬県利根郡川場村

    2017年12月16日号  

    「ヨーロッパの田舎に匹敵する最高の里山です」。40年前と変わらぬ田園風景を守る群馬県川場村で酒を醸す永井酒造。蔵元の永井則吉さんの曽祖父が明治維新のときに刀を捨て、水にほれ込んで酒蔵を創業。村内には5本の1級河川が流れ、水質は軟らかでほのかに甘い。

  • 若波(WAKANAMI)/福岡県大川市

    新日本酒紀行
    若波(WAKANAMI)/福岡県大川市

    2017年12月09日号  

    「若い波を起こせ」と命名された酒。白桃や洋梨のような味わいがみずみずしく重なり、切れがあって余韻も美しい。「波のように押し寄せて、引く波のように消える」と3代目蔵元の次女で製造統括の今村友香さん。

  • 松浦一(MATSUURAICHI)/佐賀県伊万里市

    新日本酒紀行
    松浦一(MATSUURAICHI)/佐賀県伊万里市

    2017年12月02日号  

    日本の磁器の起源、有田焼が400年を迎えた。海外では輸出港の伊万里港にちなみ伊万里焼と呼ばれた。その港に程近い酒蔵が松浦一酒造。1716年創業の老舗で、18代目の田尻泰浩さんが杜氏を務める。

  • 十二六(JYUNIROKU)/長野県佐久市

    新日本酒紀行
    十二六(JYUNIROKU)/長野県佐久市

    2017年11月18日号  

    宮沢賢治作の『税務署長の冒険』は、「イーハトヴの友」という酒をめぐり、どぶろく密造村を税務署長が摘発する丁々発止を描いている。どぶろくは別名もろみ酒、しろうまと呼ばれ、1000年以上にわたり自由に造られてきた。

  • 羽根屋(HANEYA)/富山県富山市

    新日本酒紀行
    羽根屋(HANEYA)/富山県富山市

    2017年11月11日号  

    富山県は3000m級の立山連峰から、水深1000m以上の富山湾まで高低差4000m。県土の3分の2は森林で、万年雪の雪解け水が落葉の堆積層を抜けて浄化され、富山平野へ流れ出る。水田率は95%以上と日本一。良質米の産地で、特に南砺産の五百万石は兵庫県の山田錦に迫る評価を受け、全国の酒蔵が使用する。

  • 米鶴(Yonetsuru)/山形県東置賜郡高畠町

    新日本酒紀行
    米鶴(Yonetsuru)/山形県東置賜郡高畠町

    2017年11月04日号  

    山形県東置賜(おきたま)郡の置賜は、元はウキタムでアイヌ言葉に由来し、『日本書紀』にも記される古い地名。この地で元禄末期1704年創業の米鶴酒造は、置賜で米の酒を醸す意味を問い続け、酒米の契約栽培に力を入れ、昭和の末には蔵人と農家で高畠町酒米研究会を立ち上げた。米の半分は地元、二井宿産。山形県産米使用率は95%以上だ。

  • 飛良泉(HIRAIZUMI)/秋田県にかほ市

    新日本酒紀行
    飛良泉(HIRAIZUMI)/秋田県にかほ市

    2017年10月28日号  

    魏志倭人伝に「日本人は、酒が大好き」と記されるほど古い歴史を誇る米の酒、日本酒。酒造りは神饌に生えたカビを利用して始まったとされ、後に宮中や僧坊での酒造りを経て、巧緻な技術が確立された。15世紀、杉製の木桶が発明されて大量生産と輸送が可能になり、各地に酒造りが広がっていく。

  • 福寿(FUKUJU)/兵庫県神戸市東灘区

    新日本酒紀行
    福寿(FUKUJU)/兵庫県神戸市東灘区

    2017年10月14日号  

    日本酒生産量が全国一の兵庫県。中でも圧倒的なのが灘五郷と呼ばれる神戸市、西宮市の沿岸部の蔵だ。江戸時代後期、江戸の酒の約8割を供給した。灘の酒の強みが「宮水」だ。六甲山の花崗岩の岩盤を通る伏流水がミネラルを溶かし込み、微量の海水成分と混じり合って酒造りに最高の水となる。

  • 七賢(SHICHIKEN)/山梨県北杜市白州町

    新日本酒紀行
    七賢(SHICHIKEN)/山梨県北杜市白州町

    2017年10月07日号  

    日本酒の中で、今勢いがあるのはスパークリング酒だ。炭酸ガスが弾ける爽やかな風味は日本酒愛飲家のみならず幅広い層に支持される。その製法は様々で、現在出荷量が多いのは、できた酒に炭酸ガスを加えるガス混入製法。大量生産に向き、アルコール度数を低く調節できる。

  • 龍力(TATSURIKI)/兵庫県姫路市

    新日本酒紀行
    龍力(TATSURIKI)/兵庫県姫路市

    2017年09月23日号  

    世界で最も有名なワインの村、仏ブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネ村は「神に愛された土地」と称される。ピノノワールの畑が密集し、ロマネコンティの畑を中心に同心円状に特級と一級畑が広がる。

  • 紀土(KID)/和歌山県海南市

    新日本酒紀行
    紀土(KID)/和歌山県海南市

    2017年09月16日号  

    南高梅とミカンで有名な和歌山は昔から発酵文化が盛んな土地でもある。醤油、金山寺味噌や鰹節の発祥地といわれ、日本酒蔵も多い。南紀の山間の酒蔵、平和酒造4代目の山本典正さんは、南高梅を贅沢に使った梅酒「鶴梅」で注目を集め、紀州の風土を醸す日本酒「紀土(きっど)」を立ち上げた。

  • やまとしずく(YAMATOSHIZUKU)/秋田県大仙市南外

    新日本酒紀行
    やまとしずく(YAMATOSHIZUKU)/秋田県大仙市南外

    2017年09月09日号  

    激甚災害指定となった7月22日の秋田県南部大雨。甚大な損害を受けたのが、大仙市の出羽鶴酒造だ。川の氾濫で蔵全体が床上浸水となり、高さ1m以上まで水が襲った。蔵内は泥をかぶり、高価な醸造用機器が大きなダメージを負った。

  • 開運(KAIUN)/静岡県掛川市小貫

    新日本酒紀行
    開運(KAIUN)/静岡県掛川市小貫

    2017年09月02日号  

    6月の静岡県知事選で勝利した川勝平太知事が浜岡原発の再稼働を改めて否定した。県内で自然エネルギーに取り組んできたのが「開運」醸造元の土井酒造場だ。2003年に出荷倉庫の屋根にソーラーパネルを敷設し太陽光発電の電力で醸造用設備を稼働。

  • ゆきの美人(YUKINOBIJIN)/秋田県秋田市

    新日本酒紀行
    ゆきの美人(YUKINOBIJIN)/秋田県秋田市

    2017年08月12日号  

    夏の夜空が、光の稲穂で埋まる秋田の竿燈まつり。長く重い竿を肩や腰で支え妙技を競い、邪気を払って五穀豊穣を願う、東北の三大祭りの一つだ。祭り会場近くの酒蔵が秋田醸造。3代目蔵元の小林忠彦さんは杜氏も兼任する。

  • 川鶴(KAWATSURU)/香川県観音寺市

    新日本酒紀行
    川鶴(KAWATSURU)/香川県観音寺市

    2017年08月05日号  

    うどん県で有名な香川県は日照時間日本一の温暖な気候。雨は少ないが弘法大師ゆかりの満濃池のようなため池を活用し、冬の麦と夏の米の二毛作も可能だ。米はオオセト、さぬきよいまいなど、県独自の酒米もある。

  • 喜久醉(KIKUYOI)/静岡県藤枝市上青島

    新日本酒紀行
    喜久醉(KIKUYOI)/静岡県藤枝市上青島

    2017年07月29日号  

    「微生物にホリデーなし」。静岡の酒造技術指導者、故河村傳兵衛先生の名言だ。静岡酵母を開発し、無名の静岡を吟醸王国へ育てた。先生から酒造り免許皆伝と認定されて「傳」の字をもらったのが「喜久醉」青島酒造の青島傳三郎杜氏。酒造りに至るまでは紆余曲折を経る。

  • 庭のうぐいす(NIWANO UGUISU)/福岡県久留米市北野町

    新日本酒紀行
    庭のうぐいす(NIWANO UGUISU)/福岡県久留米市北野町

    2017年07月15日号  

    「梅栗植えてハワイに行こう」は、昭和の中頃、大分県大山村(現在は日田市の一部)で始まった地域振興運動の謳い文句だ。所得向上、住みよい環境、人づくりを目標に掲げ、果樹栽培の他、梅干など加工品にも力を注ぎ大成功。住民は海外へ飛び、パスポート所持率が全国一に。

  • 鳥海山(CHOUKAISAN)/秋田県由利本荘市矢島町

    新日本酒紀行
    鳥海山(CHOUKAISAN)/秋田県由利本荘市矢島町

    2017年07月08日号  

    雄大な鳥海山の麓、矢島町で「鳥海山」と「天寿」の2銘柄を醸す天寿酒造。酒を仕込む米は全量契約栽培米だ。7代目蔵元の大井建史さんは「酒米は地元で確保」と1983年に全国に先駆けて、契約栽培を委託した農家を集め、天寿酒米研究会を立ち上げた。

  • 七田(SHICHIDA)/佐賀県小城市

    新日本酒紀行
    七田(SHICHIDA)/佐賀県小城市

    2017年07月01日号  

    「ホーホー、蛍来い、こっちの水は甘いぞ」と歌われる日本の蛍。きれいな水と土壌を好むが洗剤や農薬、化学肥料で環境汚染が進み、数は減少の一途をたどる。街灯や店舗の照明、車のライトで暗闇も減った。甘い水と歌われるが糖度が高いという意味ではなく、清らかで美しい水を指す。その蛍が好む水は日本酒の味も左右する。酒の8割は水。原料米と醸造技術も重要だが、味の根幹は水だ。

  • 自然酒(SHIZENSHU)/福島県郡山市

    新日本酒紀行
    自然酒(SHIZENSHU)/福島県郡山市

    2017年06月17日号  

    仁井田本家は、江戸中期の1711(正徳元)年に郡山で創業した。2011年の4月に創業300年を迎えた老舗酒蔵で、現当主で杜氏の仁井田穏彦さんで18代目になる。先祖代々の信条「酒は健康に良い飲み物でなければならない」を受け継ぎ、自然米だけ、天然水だけを使い、純米酒だけを醸す。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 定期購読キャンペーン「20,000円」

記者の目

  • 編集部 重石岳史

    この重税感…でも英国よりはましだった

     給与明細を見ると、「こんなに税金を取られているのか」といつもがくぜんとします。所得税や消費税が増税されれば家計の負担はさらに増すことになり、やり場のない怒りを抱く人も多いのではないでしょうか。
     もちろん納税は、公共サービスに欠かせない国民の義務です。ただし日本人だけが重い税金を支払わされていないか。気になったので各国の税事情を調べてみました。
     国税庁によれば、所得税と住民税の負担水準は、日本では年収700万円の場合に39・2万円。米国は37・3万円とほぼ変わりませんが、英国はなんと135・3万円だそうです。この比較を見てどう感じるかはその人次第ですが、観念して払い続けようと私は思いました。

  • 編集長 深澤 献

    ロボットの“扶養控除対象親族”として暮らしたい

     AIやロボットが人間の仕事を奪うという話題があります。でも、もし完全に自分と同じだけの仕事をこなすロボットが実現したなら、私はそれを買って代わりに出社させ、給料を稼いできてもらうでしょう。そして私は、所得税納税者たるロボットの“扶養控除対象親族”としてのんびり暮らすのです。
     問題は、そのロボットの値段。あまりに高いと、そいつがいくら稼いできてもローンで消えていきそうです。逆に安いと、会社から「同じロボットを買ったから、もう来なくていいよ」と言われそう。
     人間に代わるロボットを導入する企業に「ロボット税」を課し、失職した人々に再分配すべきといった議論が海外では始まっていますが、その行方に興味津々です。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!