記事一覧:新日本酒紀行30

  • 鍋島(NABESHIMA)/佐賀県鹿島市

    新日本酒紀行
    鍋島(NABESHIMA)/佐賀県鹿島市

    2017年04月29日号  

    人口3万人の街に、2日間で8万人が集まる。しかも日本酒を目当てにだ。有明海に面した小さな街、鹿島市が始めた酒蔵ツーリズム(R)は市内の6酒蔵、富久千代酒造、幸姫酒造、馬場酒造場、光武酒造場、峰松酒造場、矢野酒造に隣の嬉野市の3蔵が連携し蔵を開放する。

  • 綿屋(WATAYA)/宮城県栗原市一迫

    新日本酒紀行
    綿屋(WATAYA)/宮城県栗原市一迫

    2017年04月15日号  

    酒米の王と呼ばれる山田錦は、兵庫生まれ。暖かい気候が好適地だが、東北・宮城で2人の篤農家が栽培に励む。奥羽山脈の山懐にある佐藤農場と、太平洋に近く、30年以上有機栽培で米作りをする黒澤農場だ。依頼するのは蔵元の金の井酒造、三浦幹典さん。人と田んぼにほれ込み、契約栽培で高品質な米作りを要求。2人の米は混ぜず、別々に酒を仕込む。

  • 出羽桜(DEWAZAKURA)/山形県天童市

    新日本酒紀行
    出羽桜(DEWAZAKURA)/山形県天童市

    2017年04月08日号  

    桜の名が付く酒蔵は全国にあるが、吟醸酒で名高いのが「出羽桜」だ。桜の名所、天童市の舞鶴山の麓で明治25(1892)年に酒造業を開始した。昨秋、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隈良典・東京工業大学栄誉教授が「出羽桜 一路」を安倍晋三首相に贈り、話題になった。

  • 亀萬(KAMEMAN)/熊本県津奈木町

    新日本酒紀行
    亀萬(KAMEMAN)/熊本県津奈木町

    2017年04月01日号  

    熊本と鹿児島の県境近く、「酒といえば焼酎」という地で、日本酒造りをする亀萬酒造。大正初期、竹田珍珠さんが地産地消の酒造りを志して創業した。熊本の冬は、雪が降ることもあるが、総じて気温が高く、発酵して熱を発する酒のもろみが冷えにくい。故に、蔵独自の技術が様々に工夫された。その一つが「南端氷仕込み」だ。

  • 千代むすび(CHIYOMUSUBI)/鳥取県境港市

    新日本酒紀行
    千代むすび(CHIYOMUSUBI)/鳥取県境港市

    2017年03月18日号  

    日本海の冬の王様といえば蟹だ。松葉蟹、越前蟹、間人(たいざ)蟹など、ブランド蟹はさまざまある。実はどれも同じズワイガニの雄で水揚げ港によって名前が変わる。ズワイガニの頭に「ベニ」が付いたのがベニズワイガニ。表も裏も紅色で近縁種だが別もので水深800m以上の深海にすみ、名前が付いたのは戦後。その水揚げ量日本一が鳥取県境漁港。

  • 御前酒(GOZENSHU)/岡山県真庭市勝山

    新日本酒紀行
    御前酒(GOZENSHU)/岡山県真庭市勝山

    2017年03月11日号  

    「晴れの国」岡山にも、雪国あり。鳥取との県境に近い真庭市勝山は、瀬戸内海側の温暖気候と異なり、冬は雪深い寒冷地。この地で酒造りする辻本店は、創業1804(文化元)年の老舗。酒名の「御前酒」は江戸時代、2万3千石の三浦藩の献上酒を務めたことに由来。

  • 丹沢山(TANZAWASAN)/神奈川県山北町

    新日本酒紀行
    丹沢山(TANZAWASAN)/神奈川県山北町

    2017年02月25日号  

    酒の匂う川と書いて、酒匂川(さかわがわ)。神奈川県西部最大の河川だ。その名は奈良時代に編纂された「記紀」までさかのぼる。日本武尊(やまとたけるのみこと)東征の際、この川に神酒(みき)を注いで龍神に祈念した故事に基づく。

  • まんさくの花(MANSAKUNOHANA)/秋田県横手市増田町

    新日本酒紀行
    まんさくの花(MANSAKUNOHANA)/秋田県横手市増田町

    2017年02月18日号  

    横手盆地の南東部にある増田町は、日本有数の豪雪地帯。蔵の町としても有名で、2013年12月に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。ただし、外からは全く分からない。豪雪故に、屋敷の中に守られて立つ「内蔵」なのだ。「まんさくの花」醸造元の日の丸醸造も内蔵を持ち、豪華で繊細な意匠が往時を偲ばせる。

  • 虎之児(TORANOKO)/佐賀県嬉野市嬉野町

    新日本酒紀行
    虎之児(TORANOKO)/佐賀県嬉野市嬉野町

    2017年02月11日号  

    温泉と燗酒。どちらも体を温め、疲れを取り、心身共に緩めてくれる。その両方楽しめるのが佐賀の嬉野温泉だ。江戸時代、長崎街道の宿場町として栄え、日本三大美肌の湯といわれた。『肥前風土記』(713〈和銅6〉年)には「東の辺に湯の泉ありて、能(よ)く人の病を癒す」と記される。

  • 雪男(YUKIOTOKO)/新潟県南魚沼市塩沢

    新日本酒紀行
    雪男(YUKIOTOKO)/新潟県南魚沼市塩沢

    2017年02月04日号  

    新潟県の魚沼地方は、日本有数の豪雪地帯。毎冬、大陸からの季節風が周囲の高い山々に激しく吹き付け、大雪を降らせるため、スキー場も多い。その厳しい自然環境がブランド米、魚沼コシヒカリを育む。この地で酒造りする青木酒造は1717(享保2)年の創業で、今年300周年を迎える老舗だ。

  • 長龍(CHORYO)/奈良県北葛城郡広陵町

    新日本酒紀行
    長龍(CHORYO)/奈良県北葛城郡広陵町

    2017年01月28日号  

    その昔、酒造りの容器は、桶で仕込んで樽に移し、販売までも全てが杉製だった。それがタンクで仕込み、瓶に詰めるのが当たり前になり、酒から杉の気配が消えてしまった。杉桶は高価で大量生産に向かず、木が酒を吸うので不経済。しかも温度管理や清掃に手間がかかり、敬遠されていったのだ。

  • 福来純(FUKURAIJUN)/岐阜県加茂郡川辺町

    新日本酒紀行
    福来純(FUKURAIJUN)/岐阜県加茂郡川辺町

    2017年01月14日号  

    「新年のお屠蘇(とそ)にふさわしいのは、もち米から造るみりんでしょう」と、白扇酒造の4代目蔵元、加藤孝明さん。「ハレの日の食事は餅や赤飯など、もち米です」。白扇酒造は日本酒、みりん、焼酎と、米を使った伝統酒3種を醸す全国でもまれな蔵。特に有名なのが、料理人から絶賛される福来純本みりんだ。

  • 木戸泉(KIDOIZUMI)/千葉県いすみ市大原

    新日本酒紀行
    木戸泉(KIDOIZUMI)/千葉県いすみ市大原

    2016年12月17日号  

    杉は近年、嫌われる木の代名詞だ。輸入材が増えて価格が暴落し、放置林と花粉症が増えた。だが、杉でなければできないのが醸造道具だ。米を蒸す甑(こしき)、麹を造る麹室、櫂棒に升、桶に樽も、酒に関わる木は全て杉。木戸泉酒造は、巨大な酒林の蔵として有名で、造り始めて20年、大きさは直径2メートル!

  • 醸し人九平次(KAMOSHIBITOKUHEIJI)/愛知県名古屋市

    新日本酒紀行
    醸し人九平次(KAMOSHIBITOKUHEIJI)/愛知県名古屋市

    2016年12月10日号  

    日本酒のラベルは似たものが多く、商品名も剣菱、八海山など、漢字2~3文字が主流。日本語が読めない人には、どれも同じに見えて「何をどう選んでいいか分からない」、読めても酒の味とイコールにならないという。「醸し人九平次」は、酒の中身を商品名に託す蔵。「human」や「黒田庄に生まれて、」など、「どんな意味?」とその先を知りたくなる酒を次々とリリースする。

  • 春霞(HARUKASUMI)/秋田県仙北郡美郷町

    新日本酒紀行
    春霞(HARUKASUMI)/秋田県仙北郡美郷町

    2016年12月03日号  

    秋田県の美郷町は60カ所から清水が湧き出る水の町。昔は酒蔵が20あったが、今は3蔵。その一つが春霞醸造元の栗林酒造店だ。地下30メートルから揚水した軟水(硬度2.4)で酒を仕込む。7代目栗林直章さんが種籾から酒造りまで関わる酒米が、町名と名が重なる美郷錦だ。

  • 澤姫(SAWAHIME)/栃木県宇都宮市

    新日本酒紀行
    澤姫(SAWAHIME)/栃木県宇都宮市

    2016年11月19日号  

    真の地酒とは何か? 澤姫醸造元、5代目蔵元の井上裕史さんが出した答えが「真・地酒宣言」だ。普通酒から大吟醸、鑑評会への出品酒まで、原料米はオール栃木産。今でこそ「県産米しか使わない」と公言する蔵があるが、10年前は「賞を取るには山田錦、きょうかい酵母」の時代。

  • 大七(DAISHICHI)/福島県二本松市

    新日本酒紀行
    大七(DAISHICHI)/福島県二本松市

    2016年11月12日号  

    フルコースの酒造り。スターターは、微発泡「ゆきしぼり」、次に滑らかな「皆伝」、重量感あるメーンには力強い「木桶純米熟成酒」、デザートに「梅酒」。「全ての酒を、どんな場面で、どのように飲まれるか、イメージして造ります」と、大七酒造10代目の太田英晴さん。

  • いづみ橋(IZUMIBASHI)/神奈川県海老名市

    新日本酒紀行
    いづみ橋(IZUMIBASHI)/神奈川県海老名市

    2016年11月05日号  

    栽培醸造蔵、泉橋酒造の酒銘は「いづみ橋」。なぜ、「づ」? 実は、「泉」の語源は「出(いづ)る水(みず)」で和名抄にも出ている古称。蔵がある海老名は千年以上前から耕作が盛んで、古墳も多い歴史ある地。それ故の酒銘なのだ。今はロマンスカーが止まり、ショッピングモールもある海老名駅だが、そこから徒歩15分で、山田錦や雄町の酒米の田んぼが何町歩もあるとは驚くばかり。

  • 獺祭(DASSAI)/山口県周東町獺越(おそごえ)

    新日本酒紀行
    獺祭(DASSAI)/山口県周東町獺越(おそごえ)

    2016年10月29日号  

    山口の山奥の山田錦の蔵、旭酒造。使う米は山田錦のみ、精米歩合50%以下の純米大吟醸「獺祭」を醸す。醸造用アルコール添加は一切ない。1990年に業界初の精米歩合「二割三分」酒に着手し、玄米を77%削って23%の山田錦で純米大吟醸を醸造。精米時間は7日×24時間の168時間。そしてできた酒は上品で清らか、飲みやすいと人気が爆発し、日本酒嫌いの人の心までわしづかみにした。

  • 杉錦(SUGINISHIKI)/静岡県藤枝市

    新日本酒紀行
    杉錦(SUGINISHIKI)/静岡県藤枝市

    2016年10月22日号  

    「原始的で面白い」と菩提酛(ぼだいもと)の酒の魅力を語る杉井酒造の蔵元杜氏・杉井均乃介さん。菩提酛は室町時代に奈良の菩提山正暦寺で考案された醸造方法で、米を蒸さず生米を使う。山廃仕込みや生酛(きもと)仕込みの元になったといわれ、今も奈良県の酒蔵を中心に、商品化されている。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 特別セミナーのご案内 ※残席僅か

記者の目

  • 副編集長 藤田章夫

    個人としては通算11本目となる保険特集です

     2006年に「週刊ダイヤモンド」編集部に異動になってからほぼ毎年、保険特集を作ってきました。今号を入れて、その数11本。
     それぞれの特集に思い入れがありますが、印象深い号を思い起こせば、医療保険に絞り込んだ「医療保険に気をつけろ!」(06年)、タイトルが刺激的だった「騙されない保険」(12年)、初めて企画から構成まで全てを手掛けた「保険激変!」(15年)です。
     94ページもの大特集となった今年の保険特集も、印象に残る号になりそうです。
     そして、この号をもって、保険担当が中村記者に代わります。とはいえ金融全般を担当しますので、来年の保険特集100ページ(?)も中村記者&宮原記者と共に作ります。

  • 編集長 深澤 献

    母が買った「顧客本位」に反した個人年金保険

     傘寿を迎えた母が最近、なけなしの老後資金を、銀行に勧められるまま豪ドル建ての個人年金保険につぎ込んだとのこと。
     金融庁はこのところ、「フィデューシャリー・デューティー(受託者責任)」の旗印の下、金融機関に顧客本位の業務運営を求めています。
     母が買った商品はまさに、外国債券と投資信託、掛け捨ての死亡保険をあえてパッケージ型にして割高の手数料を徴収する顧客本位から懸け離れたもの。昨年9月に出た金融庁の「金融レポート」でも、この手の商品を「顧客のニーズよりも、販売・製造者側の論理で金融サービスを提供しているのではないか」とバッサリ斬っています。購入時に相談に乗ってやれなかったのが悔やまれます。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号10名様に当たる! いますぐ資料請求!