記事一覧:新日本酒紀行121

  • 若竹(WAKATAKE)/静岡県島田市

    新日本酒紀行
    若竹(WAKATAKE)/静岡県島田市

    2019年07月20日号  

    「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と歌われた大河。その川岸に位置する島田宿は、昔、大雨で川止めになると旅人で溢れにぎわった。最盛期に7軒あった酒蔵は、昭和の終わりに1軒を残すのみに。それが1832年に創業した大村屋酒造場だ。

  • セトイチ(SETOICHI)/神奈川県足柄上郡開成町

    新日本酒紀行
    セトイチ(SETOICHI)/神奈川県足柄上郡開成町

    2019年07月13日号  

    酒を造るには酒類製造免許が必要だが、ビールやワインの免許に比べ、日本酒は新規参入が困難だ。約50年もの間、新規の免許は下りておらず、蔵元になるには蔵元と縁を結ぶか、免許を譲り受けるしかない。

  • 花の舞(HANANOMAI)/静岡県浜松市

    新日本酒紀行
    花の舞(HANANOMAI)/静岡県浜松市

    2019年07月06日号  

    地元の米と水で醸す地酒を造る酒蔵が増えつつあるが、20年前から地元の農家と共に酒米作りに取り組み、全量を静岡県産米で醸しているのが花の舞酒造だ。

  • 天穏(TENON)/島根県出雲市

    新日本酒紀行
    天穏(TENON)/島根県出雲市

    2019年06月29日号  

    日本酒の歴史が神話まで遡る島根県出雲地方。八岐大蛇(やまたのおろち)の伝説で八塩折(やしおり)の酒を大蛇に飲ませて退治したと記紀に残る。その出雲で「天穏」を醸す板倉酒造。酒銘は日蓮宗の仏典にある「無窮天穏」から命名され、飲んで穏やかになる酒という。

  • 神雷(SHINRAI)/広島県神石郡神石高原町

    新日本酒紀行
    神雷(SHINRAI)/広島県神石郡神石高原町

    2019年06月22日号  

    温暖なイメージの広島だが、年間平均気温が約11℃と東北並みで、リンゴが栽培される寒冷地域が神石高原町だ。この地で1716年に創業した三輪酒造は、冷涼な気候と軟水を生かした低温長期発酵を得意とし、風味豊かな清涼感のある酒を醸す。

  • 鷹来屋(TAKAKIYA)/大分県豊後大野市緒方町

    新日本酒紀行
    鷹来屋(TAKAKIYA)/大分県豊後大野市緒方町

    2019年06月15日号  

    磨崖仏が全国の7割を占める大分県。中でも阿蘇山東麓の豊後大野市には日本最大の磨崖仏がある。

  • 奥播磨(OKUHARIMA)/兵庫県姫路市

    新日本酒紀行
    奥播磨(OKUHARIMA)/兵庫県姫路市

    2019年06月08日号  

    兵庫県西部の播磨地方にあり、初詣に人気がある安志加茂神社は、稲藁(わら)で編まれた巨大なえとで有名。地元の酒米、兵庫夢錦1反分の稲藁でなう見事なものだ。その神社の参道沿いに立つ酒蔵が下村酒造店。

  • 貴(TAKA)/山口県宇部市

    新日本酒紀行
    貴(TAKA)/山口県宇部市

    2019年06月01日号  

    日本屈指の鍾乳洞の秋芳洞とカルスト台地の秋吉台。雨が石灰岩を潜り、ミネラルを含んだ中硬水を生み出す。その水で酒造りをするのが永山本家酒造場だ。1888年に創業し、旧山陽道に面して立つ。石造りの建屋は、蔵元2代目が町長を務めた時の役場庁舎を土地ごと買い取った。

  • ちえびじん(CHIEBIJIN)/大分県杵築市

    新日本酒紀行
    ちえびじん(CHIEBIJIN)/大分県杵築市

    2019年05月25日号  

    麦焼酎の製造量が全国1位の大分県は日本酒から焼酎に変更した蔵が多い。中野酒造6代目の中野淳之さんが蔵に帰った10年前は、焼酎ブームが去って価格競争が激化していた。「このままでは蔵がつぶれる」と高品質の日本酒へシフトする。

  • 賀茂泉(KAMOIZUMI)/広島県東広島市西条

    新日本酒紀行
    賀茂泉(KAMOIZUMI)/広島県東広島市西条

    2019年05月18日号  

    戦時中、米不足の折、酒販店が酒に水を加えて金魚が泳ぐような薄い酒を販売し、金魚酒と呼ばれた。その後、アルコール度数に基づく級別と課税を制定した日本酒級別制度ができたが、品質との相違もあった。さらにアルコールを増量した三倍増醸清酒が許可され、小さな蔵と大手蔵で格差が広がり、酒の個性も薄れていく。

  • 秀よし(HIDEYOSHI)/秋田県大仙市

    新日本酒紀行
    秀よし(HIDEYOSHI)/秋田県大仙市

    2019年05月11日号  

    1750年頃、秋田藩主の佐竹侯が藩内の酒を集め、品評会を行った。その会で優勝したのが鈴木酒造店。酒質に優れたことから、佐竹侯が当時の銘柄「清正」を、加藤清正の主「豊臣秀吉」と「秀でて良し」を掛けて「秀よし」と命名。

  • 福田(FUKUDA)/長崎県平戸市志々伎町

    新日本酒紀行
    福田(FUKUDA)/長崎県平戸市志々伎町

    2019年04月27日号  

    平戸島は古代日本の最西端で、世界への窓口だった。古墳時代から志々伎(しじき)湾に大陸からの船が着き、戦国時代はポルトガル人が欧州の産品とキリスト教を伝来。島西端の志々伎神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)の御子、十城別王(とおきわけのみこ)を祭り、そのお神酒を造る酒屋だったのが福田酒造だ。代々松浦藩主御用達で、社長の福田詮さんは14代目になる。

  • 磐城壽(IWAKIKOTOBUKI)/山形県長井市

    新日本酒紀行
    磐城壽(IWAKIKOTOBUKI)/山形県長井市

    2019年04月20日号  

    福島県浪江町で海の男たちから愛された「磐城壽」醸造元の鈴木酒造店は、東日本大震災で全建屋が流失した。福島第一原子力発電所と蔵は直線距離で7kmと近く、避難指示が発令。酒蔵再開のめどは立たず、2011年秋、縁があり山形県長井市で酒造りを再開する。福島県の試験場に預けていた酵母が無事で蔵から唯一持参できた。

  • 鯉川(KOIKAWA)/山形県東田川郡庄内町余目

    新日本酒紀行
    鯉川(KOIKAWA)/山形県東田川郡庄内町余目

    2019年04月13日号  

    1893年9月、山形県余目町(現庄内町)の農家、阿部亀治さんが、冷害で倒伏した田んぼで3本だけ実った稲穂を発見した。亀治さんはこの籾(もみ)から、4年後に新品種の亀の尾を世に出した。

  • 水尾(MIZUO)/長野県飯山市

    新日本酒紀行
    水尾(MIZUO)/長野県飯山市

    2019年04月06日号  

    島崎藤村が信州の小京都と呼んだ飯山の里。千曲川から信濃川と名が変わる長野と新潟の県境に近い豪雪地帯にある。豊富な雪解け水と日照に恵まれ、昼夜の寒暖差もあり、上質な米と水がそろう酒造りに好適の地だ。

  • 酒屋八兵衛(SAKAYA HACHIBE)/三重県多気郡大台町

    新日本酒紀行
    酒屋八兵衛(SAKAYA HACHIBE)/三重県多気郡大台町

    2019年03月30日号  

    三重県大台ヶ原山一帯は「年間400日雨が降る」といわれるほど降雨量が多い。その雨は日本百名山の大台ヶ原山から長さ約90kmの一級河川の宮川になり、大台町を横断し、伊勢神宮外宮近くを通り伊勢湾へと流れ出る。

  • 志太泉(SHIDAIZUMI)/静岡県藤枝市宮原

    新日本酒紀行
    志太泉(SHIDAIZUMI)/静岡県藤枝市宮原

    2019年03月23日号  

    「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とうたわれた、大井川の扇状地が志太平野。藤枝市と焼津市を含む静岡県の中央に位置し、温暖かつ水量も豊かで古くから農業と漁業で栄えた地域だ。

  • 廣戸川(HIROTOGAWA)/福島県岩瀬郡天栄村

    新日本酒紀行
    廣戸川(HIROTOGAWA)/福島県岩瀬郡天栄村

    2019年03月16日号  

    福島県天栄村は昔、中通りと会津をつなぐ交通の要衝として栄えた。350mの高低差が昼夜の寒暖差を生み、米の食味コンテストで9年連続金賞を受賞する優良な米どころだ。奥羽山脈が縦断し中央分水嶺があり、日本海へ流れる阿賀野川水系鶴沼川と、太平洋へ流れる阿武隈川水系釈迦堂川が西と東へ流れる。

  • 惣誉(SOHOMARE)/栃木県芳賀郡市貝町

    新日本酒紀行
    惣誉(SOHOMARE)/栃木県芳賀郡市貝町

    2019年03月09日号  

    栃木県東部で1872年から酒造りをする惣誉酒造は、生産量の90%以上が県内消費という地酒蔵だ。一方で海外の星付きレストランや名門ホテルのメニューにも載る。「晩酌を楽しむ地元の人に喜んでもらえる酒を追求してきました」と、5代目蔵元の河野遵さん。

  • ロ万(ROMAN)/福島県南会津郡南会津町

    新日本酒紀行
    ロ万(ROMAN)/福島県南会津郡南会津町

    2019年03月02日号  

    福島県会津若松市と新潟県魚沼市の中間に位置する南会津町は東京から直線距離で180km。しかし、ビッグデータを使った全国到達所要時間マップによると、東京から北海道最北端の宗谷岬へ行くより時間がかかる。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 定期購読2カ月無料キャンペーン

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    財閥城下町を復活させる「秘策」

    「三菱の方、市役所の人、県庁の者」。三菱重工業長崎造船所のある長崎の料亭街などには、地元の財界・役所のヒエラルキーを示唆する、こんな言い回しがありました。三菱への依存度の大きさを象徴する表現ですが、長崎造船所の陰りとともに活気を失い、また一つ老舗料亭が閉店するそうです。  今回の財閥特集で、大手企業グループの経済圏を算出したところ、三菱は410兆円に達しました。長崎のみならず、財閥グループに支えられてきた〝財閥城下町〟は全国に点在し、その多くが元気をなくしつつあります。  求心力が低下する三菱グループ。思い切って、グループ全体を統括するCEOを置けば、そうした街の風景も変わるのかもしれません。

  • 副編集長 浅島亮子

    ビールと財閥瓦解との関係

    新人記者時代に、キリンビールとアサヒビールとの会食がありました。互いに相手を立てて銘柄を交換するのがマナーらしく、キリン幹部は「スーパードライ」を手酌で飲んで、アサヒ幹部は「一番搾り」を手酌で飲んでいました。板についた様子で!なんだかヤクザが杯を交わしているみたいでシュールだなと思った記憶があります。そんな私は2本の大瓶を抱え込んで飲んでいました。  最近、ビールの銘柄にこだわる会食相手は減りました。御用達ビールを事前に用意する必要がないので楽ですが、寂しさも覚えます。銘柄のみならず酒の楽しみ方にも、企業カルチャーが表れたりするもの。ビールへの執着のなさにも財閥系グループの瓦解を感じてしまうのです。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!