田の酒と書く「田酒(でんしゅ)」は、誰もが知る青森を代表する地酒だ。醸造元の西田酒造店は、青森市の油川漁港近くで1878年に創業。田酒を発売した1974年当時、酒は醸造用アルコールと糖類を添加するのが当たり前だったが、「日本酒の原点、風格ある本物の酒を」と純米酒を商品化。46年たった今も不動のロングセラーだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。