フレッシュでジューシーという言葉は「飛露喜」が登場するまで日本酒の表現にはなかった。発売から21年たった今も入手困難な人気酒で、醸すのは福島県会津の廣木酒造本店、9代目の廣木健司さんだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。