記事一覧:新日本酒紀行166

  • 竹泉(CHIKUSEN)/兵庫県朝来市

    新日本酒紀行
    竹泉(CHIKUSEN)/兵庫県朝来市

    2016年9月17日号  

    「幸の鳥」コウノトリは、吉兆の鳥。赤ん坊を運んでくるという伝説もある。日本最大の野鳥で背丈は人より少し低いが、翼を広げると2メートルを超える。江戸時代まで全国にいたものの、乱獲と環境悪化により、昭和40年代に野生種は絶滅。最後の1羽が生息していた兵庫県豊岡市は、その後野生コウノトリ復帰活動をスタートした。

  • 富久長(FUKUCHO)/広島県安芸津町

    新日本酒紀行
    富久長(FUKUCHO)/広島県安芸津町

    2016年9月10日号  

    「富久長」を醸す今田美穂杜氏は、蔵の5人姉弟の長女。東京で「能」の仕事に携わっていたが、22年前に帰蔵し、以来、酒造り一筋。女性杜氏の先駆けだ。兵庫の山田錦や広島の八反錦等、さまざまな酒米に惹かれ酒造りをする中、八反草に出合う。

  • 秋鹿(AKISHIKA)/大阪府能勢町

    新日本酒紀行
    秋鹿(AKISHIKA)/大阪府能勢町

    2016年9月3日号  

    土作りから始まる酒造り、名付けて「農醸一貫造り」。「秋鹿」の蔵元杜氏・奥裕明さんが30年前に命名した言葉だ。蔵は大阪府北端の能勢町に立つ。山中の高原で、寒暖差があり、山の麓まで棚田が連なる米どころ。

  • 東一(AZUMAICHI)/佐賀県嬉野市

    新日本酒紀行
    東一(AZUMAICHI)/佐賀県嬉野市

    2016年8月27日号  

    九州は焼酎文化圏だと思いがちだが、九州の中で唯一、焼酎よりも日本酒の製造量が上回るのが佐賀県だ。酒造りの常識は、「寒造り」が適し、寒い地方が有利だとされるが、「東一」を醸す五町田酒造は気温のハンディを物ともしない。低温でじっくり醸す吟醸造りがモットーで、洗練された美しい味への評価が高い。

  • 白隠正宗(HAKUINMASAMUNE)/静岡県沼津市

    新日本酒紀行
    白隠正宗(HAKUINMASAMUNE)/静岡県沼津市

    2016年8月13日号  

    「なぜ日本酒に“ナントカ正宗”が多いか、知ってますか?」と、白隠正宗の蔵元であり杜氏でもある、高嶋一孝さん。「正宗は音読みで“セイシュウ”、清酒にかけてるんです」。臨済宗の名僧、白隠禅師の名を冠した酒銘だけに、禅にも明るい、元柔道家の蔵元だ。

  • 天の戸(AMANOTO)/秋田県横手市

    新日本酒紀行
    天の戸(AMANOTO)/秋田県横手市

    2016年8月6日号  

    ワインでいう「テロワール」とはブドウに凝縮された土地力のこと。日本酒の場合なら、原料は米と水になる。ただし、日本酒の米とワインのブドウの大きな違いは移動できるか否か。日本酒の場合、遠く離れた土地で育った米で、出品酒や蔵一番の高級酒を醸す蔵が多い。移動に強い乾物の米だからこそ可能な、米の産地と醸す地域が分かれる酒造りが行われてきた。これが日本酒の今までの形。だが、今年の新酒鑑評会などでは、地元の米を使う蔵が増えた。

定期購読のご案内

記者の目

  • 副編集長 清水量介

    日本は先進国並みの賃金を実現できるのか?

     経済メディアに関わるようになって二十数年がたちます。
     その間、株価の上下、景気の変動を繰り返してきましたが、賃金だけは〝変動〟が一切ナシ。他の先進国諸国の賃金が伸び続ける中、日本は1990年代初頭の水準に、長らく甘んじてきました。
     それが、ここにきて、過去最高レベルの賃上げが続出。株価、景気と同じくらい賃金は経済の重要な要素です。にもかかわらず、二十数年でようやく上昇局面にお目にかかれたというのは、複雑な心境です。
     しかし、実質賃金はマイナス傾向のまま。日本の賃金が他の先進国レベルまで上昇するのを、私のキャリアが終わるまでには見てみたいものです。

  • 編集部 重石岳史

    コロナ禍を経て気付く「日常の変化」

     企業の決算書は、時に私たちの日常の変化を映す鏡となります。例えば鉄道各社の決算によれば、鉄道運輸収入はコロナ禍前の水準に戻りつつありますが、定期券の収入は回復が遅れています。リモートワークなどの普及で働き方が多様化した影響とみられ、かくいう私も定期を買わなくなった一人です。
     そういえば先日、中学生の子どもの授業参観をした際、当たり前のようにタブレットが使われていることに感心しました。コロナ禍を経て授業のIT化が進んだ印象です。
     日常が微妙に変化している。それは企業にとって、ビジネスチャンスにもピンチにもなり得る。そんな視点で決算を読み解けば、ポストコロナ時代の先が見えてくるかもしれません。

最新号の案内2024年6月15日号

表紙

特集 賃上げの嘘!本当の待遇と出世

三菱UFJ「年齢不問で2000万円台半ば」の役職登場/野村證券超高額ボーナス実額/NTT新制度で管理職に激震/日立の賃上げの裏に実力主義/サブコンがゼネコンの給料逆転/公務員900人アンケート/コンサルは下っ端でも2000万円/武田薬品、サ…

特集2なぜ池井戸作品に魅せられるのか

池井戸潤氏の最新作『ブティック』の連載が、今号から始まった。第1話では、東京中央銀行日本橋支店の現場担当者として、融資先企業に寄り添おうとする若手行員、雨宮秋都と、数字のみで判断を下すエリート支店長、江木雅史のやりとりが描かれている。「半沢…