記事一覧:新日本酒紀行166

  • 竹泉(CHIKUSEN)/兵庫県朝来市

    新日本酒紀行
    竹泉(CHIKUSEN)/兵庫県朝来市

    2016年9月17日号  

    「幸の鳥」コウノトリは、吉兆の鳥。赤ん坊を運んでくるという伝説もある。日本最大の野鳥で背丈は人より少し低いが、翼を広げると2メートルを超える。江戸時代まで全国にいたものの、乱獲と環境悪化により、昭和40年代に野生種は絶滅。最後の1羽が生息していた兵庫県豊岡市は、その後野生コウノトリ復帰活動をスタートした。

  • 富久長(FUKUCHO)/広島県安芸津町

    新日本酒紀行
    富久長(FUKUCHO)/広島県安芸津町

    2016年9月10日号  

    「富久長」を醸す今田美穂杜氏は、蔵の5人姉弟の長女。東京で「能」の仕事に携わっていたが、22年前に帰蔵し、以来、酒造り一筋。女性杜氏の先駆けだ。兵庫の山田錦や広島の八反錦等、さまざまな酒米に惹かれ酒造りをする中、八反草に出合う。

  • 秋鹿(AKISHIKA)/大阪府能勢町

    新日本酒紀行
    秋鹿(AKISHIKA)/大阪府能勢町

    2016年9月3日号  

    土作りから始まる酒造り、名付けて「農醸一貫造り」。「秋鹿」の蔵元杜氏・奥裕明さんが30年前に命名した言葉だ。蔵は大阪府北端の能勢町に立つ。山中の高原で、寒暖差があり、山の麓まで棚田が連なる米どころ。

  • 東一(AZUMAICHI)/佐賀県嬉野市

    新日本酒紀行
    東一(AZUMAICHI)/佐賀県嬉野市

    2016年8月27日号  

    九州は焼酎文化圏だと思いがちだが、九州の中で唯一、焼酎よりも日本酒の製造量が上回るのが佐賀県だ。酒造りの常識は、「寒造り」が適し、寒い地方が有利だとされるが、「東一」を醸す五町田酒造は気温のハンディを物ともしない。低温でじっくり醸す吟醸造りがモットーで、洗練された美しい味への評価が高い。

  • 白隠正宗(HAKUINMASAMUNE)/静岡県沼津市

    新日本酒紀行
    白隠正宗(HAKUINMASAMUNE)/静岡県沼津市

    2016年8月13日号  

    「なぜ日本酒に“ナントカ正宗”が多いか、知ってますか?」と、白隠正宗の蔵元であり杜氏でもある、高嶋一孝さん。「正宗は音読みで“セイシュウ”、清酒にかけてるんです」。臨済宗の名僧、白隠禅師の名を冠した酒銘だけに、禅にも明るい、元柔道家の蔵元だ。

  • 天の戸(AMANOTO)/秋田県横手市

    新日本酒紀行
    天の戸(AMANOTO)/秋田県横手市

    2016年8月6日号  

    ワインでいう「テロワール」とはブドウに凝縮された土地力のこと。日本酒の場合なら、原料は米と水になる。ただし、日本酒の米とワインのブドウの大きな違いは移動できるか否か。日本酒の場合、遠く離れた土地で育った米で、出品酒や蔵一番の高級酒を醸す蔵が多い。移動に強い乾物の米だからこそ可能な、米の産地と醸す地域が分かれる酒造りが行われてきた。これが日本酒の今までの形。だが、今年の新酒鑑評会などでは、地元の米を使う蔵が増えた。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 永吉泰貴

    記者として一歩踏み出せたのは営業の皆さまのおかげ

     3年の書店営業を経て、ダイヤモンド編集部に異動となりました。今号の特集が、私のデビュー戦です。
     異動後に驚いたのは、私への関心のなさ。なんとデスクすら用意されていない。(期待の)新人が入ったというのに……。しばらくは放置状態で途方に暮れていました。
     ところが、いざ特集が始まると猛烈に忙しい日々。右も左も分からない新人に、目が回るほどたくさんの仕事を下さいました。先輩方には手取り足取りご指導いただき、1カ月半で相当鍛えられました。
     最後に、私が記者として一歩踏み出せたのは、入社時からお世話になった営業の皆さまのおかげです。この場を借りてお礼申し上げるとともに、本号が多くの読者に届くことを切に願います。

  • 副編集長 清水量介

    お詫びとして特集打ち上げを会社横のバーミヤンで開催

     期待の新人、永吉さん。上の編集後記で触れられている「デスクなし事件」を招いた張本人が私です。寂しい思いをさせて申し訳なかったので、横の空いているデスクも含めて二つ使ってください。
     ただ、私も永吉さんが同じチームに来てくれると知ったのは、前日の夕方遅く……。いいかげんな編集部ですいません(笑)。
     デスクがなかったのは「ノマドワーキング」の具現化、「放置」ではなく「自主性を尊重する」する職場だとご理解いただければ(言い訳)。
     お詫びとして、特集打ち上げを会社横のバーミヤンで開催します!太っ腹なY編集長のおごりなので、ラーメンのトッピングは好きなものを頼んでください。

最新号の案内2022年7月9日号

表紙

特集13業界400社 5年後の業界地図

円安、金利上昇、資源高、インフレ……。日本企業に荒波が襲い掛かっている。企業も投資家も今が正念場で、正しい判断をしなければ5年後には確実に敗者になるだろう。そこで注目13業界の先行きを中心に大分析。業界内序列や格差、年収や再編シナリオを展望…

特集2続・丸井 レッドカード

丸井グループの元役員が、エポスカードを巡る発明対価を求めた法廷闘争がついに幕を明けた。エポスカードの「育ての親」は、なぜ古巣に〝レッドカード〟を突き付けるような訴訟に踏み切ったのか。元役員のインタビューや新たに判明した社内の異変などを基に、…