記事一覧:新日本酒紀行166

  • 竹泉(CHIKUSEN)/兵庫県朝来市

    新日本酒紀行
    竹泉(CHIKUSEN)/兵庫県朝来市

    2016年9月17日号  

    「幸の鳥」コウノトリは、吉兆の鳥。赤ん坊を運んでくるという伝説もある。日本最大の野鳥で背丈は人より少し低いが、翼を広げると2メートルを超える。江戸時代まで全国にいたものの、乱獲と環境悪化により、昭和40年代に野生種は絶滅。最後の1羽が生息していた兵庫県豊岡市は、その後野生コウノトリ復帰活動をスタートした。

  • 富久長(FUKUCHO)/広島県安芸津町

    新日本酒紀行
    富久長(FUKUCHO)/広島県安芸津町

    2016年9月10日号  

    「富久長」を醸す今田美穂杜氏は、蔵の5人姉弟の長女。東京で「能」の仕事に携わっていたが、22年前に帰蔵し、以来、酒造り一筋。女性杜氏の先駆けだ。兵庫の山田錦や広島の八反錦等、さまざまな酒米に惹かれ酒造りをする中、八反草に出合う。

  • 秋鹿(AKISHIKA)/大阪府能勢町

    新日本酒紀行
    秋鹿(AKISHIKA)/大阪府能勢町

    2016年9月3日号  

    土作りから始まる酒造り、名付けて「農醸一貫造り」。「秋鹿」の蔵元杜氏・奥裕明さんが30年前に命名した言葉だ。蔵は大阪府北端の能勢町に立つ。山中の高原で、寒暖差があり、山の麓まで棚田が連なる米どころ。

  • 東一(AZUMAICHI)/佐賀県嬉野市

    新日本酒紀行
    東一(AZUMAICHI)/佐賀県嬉野市

    2016年8月27日号  

    九州は焼酎文化圏だと思いがちだが、九州の中で唯一、焼酎よりも日本酒の製造量が上回るのが佐賀県だ。酒造りの常識は、「寒造り」が適し、寒い地方が有利だとされるが、「東一」を醸す五町田酒造は気温のハンディを物ともしない。低温でじっくり醸す吟醸造りがモットーで、洗練された美しい味への評価が高い。

  • 白隠正宗(HAKUINMASAMUNE)/静岡県沼津市

    新日本酒紀行
    白隠正宗(HAKUINMASAMUNE)/静岡県沼津市

    2016年8月13日号  

    「なぜ日本酒に“ナントカ正宗”が多いか、知ってますか?」と、白隠正宗の蔵元であり杜氏でもある、高嶋一孝さん。「正宗は音読みで“セイシュウ”、清酒にかけてるんです」。臨済宗の名僧、白隠禅師の名を冠した酒銘だけに、禅にも明るい、元柔道家の蔵元だ。

  • 天の戸(AMANOTO)/秋田県横手市

    新日本酒紀行
    天の戸(AMANOTO)/秋田県横手市

    2016年8月6日号  

    ワインでいう「テロワール」とはブドウに凝縮された土地力のこと。日本酒の場合なら、原料は米と水になる。ただし、日本酒の米とワインのブドウの大きな違いは移動できるか否か。日本酒の場合、遠く離れた土地で育った米で、出品酒や蔵一番の高級酒を醸す蔵が多い。移動に強い乾物の米だからこそ可能な、米の産地と醸す地域が分かれる酒造りが行われてきた。これが日本酒の今までの形。だが、今年の新酒鑑評会などでは、地元の米を使う蔵が増えた。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 篭島裕亮

    「バブル後最高値」から「史上最高値」へ?

     アベノミクスから11年が経過しました。日経平均株価が上昇軌道を描く中、何度も「日経平均がバブル後最高値を更新」という記事を書いてきました。ようやく「バブル後」が取れて、シンプルに「最高値更新」という5文字を書くことができるかもしれません。
     株高で「億り人(投資で1億円以上を築いた個人投資家)」も増加。15年近く個人投資家を取材していますが、15年前は1億円投資家を探すのは一苦労でした。今は優秀な個人投資家であれば資産1億円は当たり前です。
     実感的には「15年前の1億円は今の5億円」。「前のめりになり過ぎ」は危険ですが、投資をするかしないかで、資産格差がさらに拡大する予感がします。

  • 副編集長 名古屋和希

    株価34年ぶり高値も政権支持率低迷のなぜ

    「株上がれ~!」。年配の方ならこのフレーズをご存じかもしれません。1998年に首相だった小渕恵三氏が、野菜のカブを両手で持ち上げ、株価上昇を祈願した有名なパフォーマンスです。
     それが功を奏したわけではないでしょうが、小渕氏の在任中、株価は回復傾向となり、発足時に低かった支持率も、その後改善しました。“駄じゃれ”の背景には、株価上昇が支持率上昇に欠かせないとの考えがあったはずです。
     それから四半世紀。日経平均株価はバブル期以来の高値水準が続いています。その一方、岸田政権の支持率は低空飛行が続いています。空前の株高に沸く中、支持が広がらないのは「増税メガネ」のレッテルが影響しているからでしょうか。

最新号の案内2024年3月2日号

表紙

特集高成長&高配当 新NISAで狙う 強い日本株

日本株はどこまで上がる? ついに日経平均株価が最高値を更新──。こんな話題が世間をにぎわし、にわかに投資熱が高まっている。ブームの火付け役は、2024年から新たに非課税投資枠が大きく拡大したNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)。国内外で日…

特集2住宅メーカー最終決戦! 戸建てバブル 崩壊秒読み

好調の続いていた一戸建て市場が岐路に立たされている。物価上昇で建設コストが上がる一方で、実質賃金は目減りするばかり。一戸建て市場の実需を支えるファミリー層の購買意欲がそがれているのだ。住宅メーカーは"バブル崩壊前夜"を迎え、生き残りを懸けて…