記事一覧:新日本酒紀行166

  • 竹泉(CHIKUSEN)/兵庫県朝来市

    新日本酒紀行
    竹泉(CHIKUSEN)/兵庫県朝来市

    2016年09月17日号  

    「幸の鳥」コウノトリは、吉兆の鳥。赤ん坊を運んでくるという伝説もある。日本最大の野鳥で背丈は人より少し低いが、翼を広げると2メートルを超える。江戸時代まで全国にいたものの、乱獲と環境悪化により、昭和40年代に野生種は絶滅。最後の1羽が生息していた兵庫県豊岡市は、その後野生コウノトリ復帰活動をスタートした。

  • 富久長(FUKUCHO)/広島県安芸津町

    新日本酒紀行
    富久長(FUKUCHO)/広島県安芸津町

    2016年09月10日号  

    「富久長」を醸す今田美穂杜氏は、蔵の5人姉弟の長女。東京で「能」の仕事に携わっていたが、22年前に帰蔵し、以来、酒造り一筋。女性杜氏の先駆けだ。兵庫の山田錦や広島の八反錦等、さまざまな酒米に惹かれ酒造りをする中、八反草に出合う。

  • 秋鹿(AKISHIKA)/大阪府能勢町

    新日本酒紀行
    秋鹿(AKISHIKA)/大阪府能勢町

    2016年09月03日号  

    土作りから始まる酒造り、名付けて「農醸一貫造り」。「秋鹿」の蔵元杜氏・奥裕明さんが30年前に命名した言葉だ。蔵は大阪府北端の能勢町に立つ。山中の高原で、寒暖差があり、山の麓まで棚田が連なる米どころ。

  • 東一(AZUMAICHI)/佐賀県嬉野市

    新日本酒紀行
    東一(AZUMAICHI)/佐賀県嬉野市

    2016年08月27日号  

    九州は焼酎文化圏だと思いがちだが、九州の中で唯一、焼酎よりも日本酒の製造量が上回るのが佐賀県だ。酒造りの常識は、「寒造り」が適し、寒い地方が有利だとされるが、「東一」を醸す五町田酒造は気温のハンディを物ともしない。低温でじっくり醸す吟醸造りがモットーで、洗練された美しい味への評価が高い。

  • 白隠正宗(HAKUINMASAMUNE)/静岡県沼津市

    新日本酒紀行
    白隠正宗(HAKUINMASAMUNE)/静岡県沼津市

    2016年08月13日号  

    「なぜ日本酒に“ナントカ正宗”が多いか、知ってますか?」と、白隠正宗の蔵元であり杜氏でもある、高嶋一孝さん。「正宗は音読みで“セイシュウ”、清酒にかけてるんです」。臨済宗の名僧、白隠禅師の名を冠した酒銘だけに、禅にも明るい、元柔道家の蔵元だ。

  • 天の戸(AMANOTO)/秋田県横手市

    新日本酒紀行
    天の戸(AMANOTO)/秋田県横手市

    2016年08月06日号  

    ワインでいう「テロワール」とはブドウに凝縮された土地力のこと。日本酒の場合なら、原料は米と水になる。ただし、日本酒の米とワインのブドウの大きな違いは移動できるか否か。日本酒の場合、遠く離れた土地で育った米で、出品酒や蔵一番の高級酒を醸す蔵が多い。移動に強い乾物の米だからこそ可能な、米の産地と醸す地域が分かれる酒造りが行われてきた。これが日本酒の今までの形。だが、今年の新酒鑑評会などでは、地元の米を使う蔵が増えた。

週刊ダイヤモンド2022年読者モニター 定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 竹田幸平

    中間決算を最速反映した株特集、関係者の全力サポートで完成

     皆様の資産形成にお役立ていただくべく、中間決算の結果を、可能な限り最速で反映することを目指した本特集。締め切りの時間的に従来の投資特集と比べても、特に切羽詰まった進行となりましたが、取材した方々のご協力のほか、制作・デザイナーなど社内関係者の全力のサポートの下、何とか完成にこぎ着けることができました。
     なお雑誌はページによって締め切り時間が少し異なり、特集部の校了直後に「米政権が中国や日本に石油備蓄放出を要請」との報道。7年ぶり高値圏にあった原油相場が一時下落しましたが、脱炭素シフトの中で起こる構造的な要因もあり、特集で解説した「資源高」の流れは容易には変わらないとの見方を付記させていただきます。

  • 編集長 山口圭介

    老舗酒場「金田」の“日常”が続くことを願うばかり

     東京・自由が丘の老舗「金田」を久方ぶりに訪ねました。左党の間で「金田酒学校」と愛された酒場です。高校の同級生がここで修業していた縁で、記者時代によく訪れていましたが、コロナ後初めての金田は変わらずに粋でした。
     二つ並んだコの字カウンター。たこぶつとビールで始めてゆずの効いた肉豆腐で体を温めます。次に柿の白和え、カワハギの薄造り、ふぐのぬたと続ければ、日本酒が進む進む。周りには静かにさかなを楽しむ常連客。最高でした。
     あまり感じることができなくなっていた日常の風景と味に、近々の再訪を誓いました。もうすぐ師走。コロナ第6波も危惧されますが、こうした日常が続くことを願うばかりです。

先週号の案内2021年11月27日号

表紙

特集犬&猫 「うちの子」の大問題 病気・老い・お金

家族の一員として大きな存在感を発揮するペット。「うちの子」という表現で愛犬・愛猫を呼ぶ人は少なくない。だがうちの子を巡り、飼い主は深く悩んでいる。病気、老い、かかるお金……。ペットにまつわる悩みの答えを探した。

特集2新・グリーンエネルギー戦争

二酸化炭素を排出しない太陽光や風力など、環境に優しい「グリーンエネルギー」は、脱炭素社会を実現するための切り札だ。グリーンエネルギーは今、ありとあらゆる業種が入り乱れて奪い合いとなっている。新しいグリーンエネルギーの争奪戦は、従来の電力ビジ…