最新号

最新号表紙

2022年12月10日号
[730円]

今週の週刊ダイヤモンド2022年12月10日号[730円]

最新号表紙

特集 「危険水域」の上場509社総点検
倒産危険度ランキング
超円安 物価高 ゼロゼロ融資終了

倒産件数が歴史的低水準だった2021年から一転、企業の倒産がじわじわと増えている。ゼロゼロ融資終了、円安、物価高、人手不足……。コロナ禍に伴う豊富な支援で倒産を免れていた企業の「選別」が始まった。ダイヤモンド編集部が上場企業3935社の倒産危険度を総点検したところ、509社が倒産「危険水域」と判定された。景気後退入り待ったなしの23年は大倒産時代が待ち構える。倒産の最新事情を追った。

ココが見どころ

急成長の英国チョコレート日本法人が「円安倒産」、余波で北海道の町役場が困惑

『週刊ダイヤモンド』12月10日号の第一特集は「倒産危険度ランキング」です。倒産件数が歴史的低水準だった2021年から一転、企業の倒産がじわじわと増えています。ゼロゼロ融資終了、円安、物価高、人手不足……。コロナ禍に伴う豊富な支援で倒産を免れていた企業の「選別」が始まりました。ダイヤモンド編集部が上場企業3935社の倒産危険度を総点検したところ、509社が倒産「危険水域」と判定されました。

目次

特集「危険水域」の上場509社総点検 倒産危険度ランキング 超円安 物価高 ゼロゼロ融資終了

  • 【Prologue】2023年は倒産増加必至 企業を襲う「六重苦」
  •  
  • 【Part 1】倒産”危険水域”509社 ワースト20を徹底分析
  • ワースト20社の17社「イエローカード」 18位佐渡汽船は上場廃止
  • 「最悪期は脱した」「問題ない」 倒産危険度ランキングワースト20社の異論反論
  • 〈インタビュー〉大反論! ワースト20企業を直撃!
  • スリー・ディー・マトリックス ワースト4位 日米市場が本格的に貢献へ 黒字化達成の蓋然性は高い(岡田 淳社長)
  • Unipos ワースト5位 軌道に乗る新事業で反転攻勢 ネット広告撤退後の成長策(田中 弦社長兼CEO)
  • ポラリス・HD ワースト8位 業績回復の「光は見えてきた」 積極投資で飛躍の体制づくり(梅木篤郎社長)
  • フェニックスバイオ ワースト10位 PXBマウスの需要は旺盛 生産能力拡大も検討する(島田 卓社長)
  • ロイヤルホテル ワースト20位 ホテル業界のコロナ損失は「49年分の利益」に匹敵(䕃山秀一社長)
  • 倒産危険度が「悪化」したワースト50社 メルカリ、gumi、北弘電社… 経営変調のリスクに要注意
  •  
  • 【Part 2】円安、資源高で激変! 16業種別 倒産危険度ランキング
  • 自動車関連 円安の追い風も販売台数が2割減 日産が危険度ワースト3位
  • 製造業(自動車関連除く) 日本製紙、昭和電工、三井E&S… 大手製造業に忍び寄る危機
  • 衣・食・泊 インバウンド依存、飲み会控え… コロナ危機の回復遠い3業界
  • 小売り・交通 サプライチェーン混乱危惧、在庫急増 アクサスHD黒字でも1位
  • インフラ・不動産 資金繰り悪化のリニューアブル・ジャパン アララはGC注記一歩手前
  •  
  • 【Part 3】2023年に始まる中小企業「大選別」
  • 国がゼロゼロ融資の債務減免実施へ 「令和の徳政令」救済6業種
  • 〈インタビュー〉片山さつき(参議院議員、自由民主党金融調査会会長)
  • 借入金月商倍率が急増して高止まり 企業の過剰債務「深刻実態」 増田和史(東京商工リサーチ情報部)
  • 事業再構築、ものづくり、IT導入… 中小企業経営者必見! 「5大補助金」獲得テクニック
  • 金融機関「新規取引先」の倒産急増? 「危ない企業」の共通点 阿部成伸(帝国データバンク情報統括部)
  •  
  • 【Part 4】倒産危険度ランキング完全版509社

特集2味の素 絶好調下の焦燥

News

  • 【Close Up】洋上風力第2弾コンペで異変 三菱商事「電撃撤退」の裏事情
  • 【Close Up】日銀や財務省の日証金「天下り」に異議! 物言う株主が実態調査を要求
  • 〈インタビュー〉丸木 強(ストラテジックキャピタル代表)
  •  
  • 【オフの役員】山形光晴(キリンホールディングス常務執行役員 マーケティング、ブランド戦略担当)

ウォール・ストリート・ジャーナル発

  • 中国のコロナ対策、結婚奨励策に逆行
  • 地熱発電普及の鍵 「深部地熱」開発に投資マネー

政策マーケットラボ

  • 来年は「ドル安円高」の年 日本に資金が流入する理由
  • 野地 慎(SMBC日興証券チーフ為替・外債ストラテジスト)
  •  
  • 円安の裏に基礎収支の悪化 日本に残された「最後の手札」
  • 唐鎌大輔(みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト)

データ

  • 【数字は語る】
  • 4.2% 10月の外国為替市場介入額の1日当たりのドル円取引高に対する比率(須田美矢子)

連載・コラム

  • 加藤文元/大人のための最先端理科
  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る

次号予告

2022年12月17日号

特集最強学閥「慶應三田会」 人脈・金・序列

特集2動乱の少額短期保険 115社ランキング2022

特集3就職人気企業ランキング

※特集タイトルや内容は、変わることがあります。

定期購読キャンペーンのご案内

記者の目

  • 編集委員 清水理裕

    取材で命を吹き込んだ倒産危険度ランキング2022

    「数字に命を吹き込んで、血が通うような記事を書きたい」。データ担当の編集委員になって3年半が過ぎました。その間、この命題は常に念頭にありました。
     成否を分けるのは取材です。今回2年ぶりに倒産危険度ランキングを担当しました。ワースト上位を中心にいろいろ聞いて回りましたが、前々回と比べ、経営状況が悪くなっている企業が増えており、震撼するものがありました。
     倒産はM&A以上に重大で、人で言えば死に相当するもの。瀬戸際で急回復するケースもあり、軽々に書けない内容も正直多いです。ですが今回、行間にそういった危機意識をにじませました。この特集が再度、注目される局面がきっと来ると思います。熟読いただければ幸いです。

  • 副編集長 鈴木崇久

    「傘をくれ」と聞くと思い出す言葉

    「止まない雨はない」より先にその傘をくれよ──。人気アニメ「チェンソーマン」の主題歌、米津玄師さんの「KICK BACK」 という曲の歌詞の一節です。
     愛情や助けを求める主人公の心の叫びを代弁しているのでしょう。ただ、銀行業界の担当記者だった身としては、別の言葉を想起します。
    「晴れの日に傘を差し出し、雨の日に取り上げる」。会社の好調時は「融資させて」と頼み、苦境時はお金を回収。そんな銀行へのやゆです。銀行業界には「貸さぬも親切」なる言葉もありますが、経営者の心境は「ご託はいいからその傘をくれよ」でしょう。
     市場から退出せざるを得ない会社もあるでしょうが、その見極めの重みは忘れないでと切に願います。

先週号の案内2022年12月3日号

表紙

特集人気資格「豹変」の舞台裏 会計士・税理士・社労士

企業の財務や労務を支える会計士・税理士・社会保険労務士。難関の資格試験を突破したエリートで、実力さえあれば腕一本で稼げる人気資格だ。だがその3士業は近年、法改正やデジタル化、コロナ禍などの地殻変動の真っただ中にいる。生き残りを懸けて変貌を遂…

特集2海底ケーブル大戦 日本経済の命運決める

海底ケーブル業界に約20年ぶりの"春"が到来している。データ通信量の増大に加え、ITバブル時代に敷設されたケーブルの置き換え需要が重なったからだ。今や国際通信の99%以上を担う海底ケーブルは、経済安全保障の観点からも重要度が高まり、その覇権…