最新号

最新号表紙

2023年2月11日号
[780円]

今週の週刊ダイヤモンド2023年2月11日号[780円]

最新号表紙

特集 一度覚えたら忘れない
英語勉強法

新型コロナウイルスの感染拡大で海外渡航できない時期にオンライン会議が浸透、海外出張組だけでなく国内にいても英語力がますます求められるようになった。加えて、新学習指導要領によって小中学校・高校の英語の授業の難易度が大幅にアップ。訪日外国人が急増し、社会も英語でのコミュニケーションを欲している。親と子と孫の3世代そろって英語を勉強する時代が到来し、英語に「逃げ切り世代」なんてもう存在しない。最新科学に基づく目からうろこの英語学習法を伝授する。

ココが見どころ

50代の英語力がもたらす「年収格差」は1.5倍!英語に“逃げ切り世代”なんてない

『週刊ダイヤモンド』2月11日号の第一特集は「一度覚えたら忘れない 英語勉強法」です。新型コロナウイルスの感染拡大でオンライン会議が浸透し、国内にいても英語力が求められるようになりました。加えて、新学習指導要領によって小中学校、高校の英語の授業の難易度がアップ。訪日外国人も急増し、親も子も孫も英語を学ぶ時代が到来しています。英語力が高いほうが年収が高いというデータも出ています。せっかくなら「忘れない」魔法のメソッドで楽しく勉強するのはいかがでしょうか。

目次

特集一度覚えたら忘れない 英語勉強法

  • 【Prologue】人生100年時代、英語に「逃げ切り世代」なんてない!
  •  
  • 【Part 1】勉強編 魔法のメソッド「忘れない」勉強法
  • 東大教授が”英語挫折者”に伝授 脳科学が導く「忘れない英語」
  • ベストセラーには理由があった 戦後80年「ヒット本」大研究
  • 〈Column〉言語脳科学者が教える危ない英語教材の見分け方
  •  
  • 【Part 2】企業編 ビジネス英語「成り上がり&脱落回避」の手法
  • 中級英語でスピーキングを磨く! 出世・転職で成り上がる法
  • 〈Column〉リクルートキャリア元社長 「中学英語で乗り切った」
  • 中学英語で乗り切る裏に文明の利器 ずるいメール&会議術
  • TOEIC650点から実践できる NY仕込み「コンサルの英語」
  • 発音、ツカミを徹底採点! 「経営者の英語力」チェック デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)
  •  
  • 【Part 3】TOEIC編 「2カ月で200点アップ」の秘策
  • まずは自分の現在地をチェック 人気ジム伝授「最短学習術」
  • 300→500点台へ 中学レベルの文法や単語の復習を
  • 500→700点台へ 聞き取りが苦手なら五大ルールを知ろう
  • 700→900点台へ シャドーイングで勉強時間を圧縮する
  • 本 スクール 動画 アプリ 800人アンケートによる満足度ベスト5
  •  
  • 【Part 4】子どもの教育編 入試改革を制す「受験に勝つ英語」
  • 共通テスト「満点獲得」の近道は? 「親子で英語学習」の落とし穴
  • 英語のみで受けられる難関大学リスト 理系は医学部が狙い目
  • 東京のスピーキングテストは骨抜き 公立受験英語は大阪がリード

特集2楽天 解体の序章

News

  • 【Close Up】新政権の課題は大政奉還とEV見直し トヨタ人事に「三つのサプライズ」
  • 【Close Up】三つの数字が示す「ギリギリ感」 東電が家庭向け料金値上げへ

ウォール・ストリート・ジャーナル発

  • インフレ急低下期待、市場支える異例のシナリオ
  • 英アームの半導体が快進撃、クラウド業界にも浸透

政策マーケットラボ

  • 日銀政策修正だけでない 「円高継続」3つのポイント
  • 門田真一郎(バークレイズ証券チーフ為替ストラテジスト)
  •  
  • 卯年は株価変動幅が大きい?! 騰落率は十二支で4位だが前回は
  • 末澤豪謙(SMBC日興証券金融経済調査部金融財政アナリスト)

データ

  • 【数字は語る】
  • 44.8兆円 対日直接投資残高(2022年9月末) (須田美矢子)

ダイヤモンド・オンライン発

  • サイゼ最高値商品は1000円、ロイホは4928円! 値上げ時代の外食業界の成否

連載・コラム

  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • 藤井啓祐/大人のための最先端理科
  • 佐藤 優/次世代リーダーの教養
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る

次号予告

2023年2月18日号

特集バブルでも失敗しない! 不動産購入&節税術 マンション・戸建て完全対応

特集2新電力 節電地獄

※特集タイトルや内容は、変わることがあります。

定期購読のご案内 ダイヤモンド経営塾

記者の目

  • 編集部 浜根英子

    「商談中、取引先の英語が聞き取れない」ピンチを乗り切る裏ワザ

     昨年11月にダイヤモンド社に転職して3カ月。シャイな性格であるものの、心優しい人々に囲まれて穏やかな日々を過ごしています。
     しかし、シャイな性格が災いするものといえば「英語」。うまく伝わらなかったらどうしようと考えると、ボソボソと小声になり、最後はひたすらニコニコとして、かえって得体の知れない不気味な印象を与えているように思います。
     今回、各界のプロたちの話を聞いて回りました。中学英語で海外企業の買収をまとめた村井満氏は「英語が聞き取れないときは頭を抱えてみせ、紙とペンを渡して書いてもらったこともある。大切なのは勇気」と言います。アドバイス通り、今年は大きな声で積極的に話し掛けていきたいと思います。

  • 副編集長 清水量介

    英語ができないのは福沢諭吉のせい?頭の悪い雑誌副編集長の言い訳

     先日、池上彰さんが司会をされているテレビ番組で「日本人が英語ができない理由」を解説していました。
     その一つが「他の国々では大学などの高等教育が英語で行われているため、英語を身に付けざるを得ない」というもの。対する日本は、明治時代に福沢諭吉をはじめとする知識人たちが苦労して、さまざまな専門用語の和訳を生み出したことで、母国語での教育が成立していると。
     そうか! 自分が英語ができないのは、先達の和訳の苦労を無視してはいけない、台無しにしてはいけないという感謝の裏返しなのか。英語を使えないのではなく「あえて使わない」という……。
     と、回りくどい、苦しい言い訳はやめて、今週号を読んで勉強します。

先週号の案内2023年2月4日号

表紙

特集個人も企業も大混乱! インボイス&改正電帳法  損しない! 失敗しない! 後悔しない!  完全保存版

消費税の導入以来、最大の改正とされるインボイス制度が今年10月から始まる。免税事業者が享受してきた益税がなくなり、廃業の危機が迫る一方、それら事業者と取引のある企業にとっても大損するリスクがある。加えて、来年1月には改正電子帳簿保存法も本格…

特集2迷走 皇帝なきJR東海

JR東海を30年近く支配してきた「皇帝」、葛西敬之名誉会長が2022年5月に死去した。同氏と共にリニア中央新幹線の建設などに猛進した安倍晋三元首相も銃撃事件で永眠した。JR東海は、葛西氏が残した巨大プロジェクトの実現へと突き進んでいるが、長…