最新号

最新号表紙

2024年3月2日号
[900円]

今週の週刊ダイヤモンド2024年3月2日号[900円]

最新号表紙

特集 高成長&高配当
新NISAで狙う 強い日本株

日本株はどこまで上がる? ついに日経平均株価が最高値を更新──。こんな話題が世間をにぎわし、にわかに投資熱が高まっている。ブームの火付け役は、2024年から新たに非課税投資枠が大きく拡大したNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)。国内外で日本株への強気論が台頭し、新次元に突入する中、新NISAを活用しながら、個別株投資に挑むのも大いなる一手だ。そこで本特集では、世界に誇る日本の「強い株」を大開陳。新NISAでも大人気の高配当銘柄をはじめとした種々のランキング、高成長企業のビジネスモデル解剖、業績や株価の有望度に至るまでを徹底的に明らかにする。

ココが見どころ

日経平均「最高値後」のシナリオは?日本株の行方を専門家6人が大展望!

『週刊ダイヤモンド』3月2日号の第1特集は「高成長&高配当 新NISAで狙う強い日本株」です。ついに日経平均株価が「史上最高値」を超え、新次元に突入中です。そこで、日本株相場の行方について専門家6人に緊急アンケートを行い、株高の背景や想定シナリオなどを読み解きました。(ダイヤモンド編集部 竹田幸平)

目次

特集高成長&高配当 新NISAで狙う 強い日本株

  • 【Part 1】オルカンだけで本当にいいの? 「新NISA」超入門&日本株大展望
  • 日本株の行方を専門家が大展望! 日経平均は「新次元」に突入へ
  • 「新NISA」成長投資枠で狙う日本株 8つの落とし穴に注意せよ
  • 劣等生だった日本株が変貌しつつある! 資産合計250億円の凄腕個人&凄腕プロ鼎談 古賀直樹(三井住友DSアセットマネジメントシニアファンドマネージャー)×井村俊哉×片山 晃
  •  
  • 【Part 2】半導体、不動産…株高に期待大! 「高成長の仕組み」を解剖
  • 新NISAで狙いたい有望50社を開陳 「大型成長株」ランキング
  • レーザーテック、東京エレクトロン… 半導体に長期ブーム到来か
  • 中期目標の前倒し達成は黄信号だが… SHIFTの期待が根強い理由
  • 投資時に注意したい「日経平均」の裏事情 ファストリ株の取説とは?
  • 「オープンハウスに異変」で主役交代 財閥系不動産の本命とは?
  • カプコン、任天堂…ゲーム株を大分析! ソニーは「PS5」刈り取りへ?
  • 好調ITベンダー業界に二極化の波! 「NISA向き」の有望株とは
  • 「高年収&高収益」の最強企業に変調? キーエンス3期ぶり減益の深層
  • 利益成長を競う局面での“勝ち組”は? SaaS株で大化けを狙う
  •  
  • 【Part 3】ランキング&銘柄リストで総覧! 新NISAで狙いたい「強い株」
  • 高配当株ランキング 株主還元意欲が強い好業績銘柄で 配当増と株価上昇を狙う
  • 半導体、不動産、グローバルサウス… 中長期の骨太テーマ&注目株
  • 東証市場改革で資本効率改善に期待! 伸びしろ抜群の中小型28銘柄
  • ZOZO、キヤノン…大化けに期待大!? 「株主還元全振り系」銘柄リスト
  • 円安&円高で株価が反応しやすい100社 為替変動対策としての活用も
  • ゴールドマン・サックスが厳選! 24年の日本株トップピック20社

特集2住宅メーカー最終決戦! 戸建てバブル 崩壊秒読み

News

  • 【Close Up】半導体でも「ハードからソフト」の新潮流 ルネサス米社巨額買収の狙い
  •  
  • 【Close Up】《続報スクープ!》クーデター“勃発”で浮上する売却先 三井住友建設に「解体説」

ウォール・ストリート・ジャーナル発

  • 米株の高配当投資、復活なるか
  •  
  • 米中覇権争い、新戦線はアフリカの海軍基地

政策マーケットラボ

  • 日銀のゼロ金利解除で円高・株高が実現する条件
  • 山本雅文(みずほ証券チーフ為替ストラテジスト)
  •  
  • 世界が警戒する「もしトラ」リスク 日本経済も円高・株安で“逆回転?”
  • 木内登英(野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト)

データ

  • 【数字は語る】
  • 4.8% 非農林業従事者のうち副業がある者の比率(川口大司)

連載・コラム

  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • 渡部潤一/大人のための最先端理科
  • 佐藤 優/次世代リーダーの教養
  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る

次号予告

2024年3月9日号

特集後悔しない医療・介護

特集2高血圧、糖尿病…血管病を断つ! 「血管」強化術

※特集タイトルや内容は、変わることがあります。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 篭島裕亮

    「バブル後最高値」から「史上最高値」へ?

     アベノミクスから11年が経過しました。日経平均株価が上昇軌道を描く中、何度も「日経平均がバブル後最高値を更新」という記事を書いてきました。ようやく「バブル後」が取れて、シンプルに「最高値更新」という5文字を書くことができるかもしれません。
     株高で「億り人(投資で1億円以上を築いた個人投資家)」も増加。15年近く個人投資家を取材していますが、15年前は1億円投資家を探すのは一苦労でした。今は優秀な個人投資家であれば資産1億円は当たり前です。
     実感的には「15年前の1億円は今の5億円」。「前のめりになり過ぎ」は危険ですが、投資をするかしないかで、資産格差がさらに拡大する予感がします。

  • 副編集長 名古屋和希

    株価34年ぶり高値も政権支持率低迷のなぜ

    「株上がれ~!」。年配の方ならこのフレーズをご存じかもしれません。1998年に首相だった小渕恵三氏が、野菜のカブを両手で持ち上げ、株価上昇を祈願した有名なパフォーマンスです。
     それが功を奏したわけではないでしょうが、小渕氏の在任中、株価は回復傾向となり、発足時に低かった支持率も、その後改善しました。“駄じゃれ”の背景には、株価上昇が支持率上昇に欠かせないとの考えがあったはずです。
     それから四半世紀。日経平均株価はバブル期以来の高値水準が続いています。その一方、岸田政権の支持率は低空飛行が続いています。空前の株高に沸く中、支持が広がらないのは「増税メガネ」のレッテルが影響しているからでしょうか。

先週号の案内2024年2月24日号

表紙

特集創刊5000号記念 巨弾3特集! ビジネス・投資に効く 丸ごと一冊「半導体」 半導体 沸騰

2024年の世界の半導体市場は、過去最高の5883億ドル(約87兆円)に到達する見通しだ。かつて産業のコメと呼ばれた半導体は、国家の競争力や安全保障をも左右する〝戦略物資〟となった。昨今の生成AI(人工知能)サービスの爆発的拡大や、地政学リ…

特集2投資家必見! 技術で選ぶ 半導体銘柄 57社

日本株のバブル後最高値のけん引役は半導体だ。生成AI(人工知能)ブームによる需要爆発を受けて、世界中の半導体メーカーが増産にかじを切る中、日本の半導体製造装置・材料メーカーにも追い風が吹いている。株式市場で注目の"最強技術"企業57社を業界…