最新号

最新号表紙

2022年5月21日号
[730円]

今週の週刊ダイヤモンド2022年5月21日号[730円]

最新号表紙

特集 ニッポンの「国力」低下危機
円安の善と悪

急激な円安が日本経済を激しく揺さぶっている。円が急落した背景には、日本と米国の金利差拡大や資源高による経常収支の悪化という構造的な要因がある。これまで円安は日本経済への恩恵が大きいとされてきたが、足元では「悪い円安」が強く意識されている。円安は善なのか、悪なのか。大転換期にある「通貨」地政学を徹底検証する。

ココが見どころ

20年ぶり1ドル=130円ショック、「円の弱体化」を招いた6大悪循環

20年ぶりの1ドル130円--。急激な円安が日本経済を激しく揺さぶっています。円が急落した背景には、日本と米国の金利差拡大や、資源高による経常収支の悪化という構造的な要因があります。これまで円安は日本経済への恩恵が大きいとされていましたが、足元では「悪い円安」が強く意識されています。円安は善なのか、悪なのか。大転換期にある「通貨」地政学を徹底検証します。

目次

特集ニッポンの「国力」低下危機 円安の善と悪

  • 【Prologue】 泥沼の円安スパイラル
  •  
  • 【Part 1】 円安最強説のウソ
  • 原材料高を三つのシナリオで独自試算 トヨタに迫る「値上げ危機」
  • ソニー、パナソニック、村田に明暗 電機の円安メリットは“消滅”
  • 《Scoop!》 資源高と円安で電力業界“総崩れ” 丸紅新電力が“撤退戦”始める
  • 〈Column〉 ココイチ客単価で判明! “安過ぎ日本”の異常性
  • 緩和継続で現実味を帯びる「経済敗戦」 政府と日銀“蜜月”関係の功罪
  • 〈Column〉 値上げ慣れしていない企業に独サイモン・クチャーが攻勢
  • 盟友ボーイング差し置きエアバスと提携 川崎重工、水素覇権に光明
  •  
  • 【Part 2】 日本の「国力」低下危機
  • 長期的に円の弱体化は進んでいた 日本円は50年ぶり「低水準」 佐々木 融(JPモルガン・チェース銀行東京支店市場調査本部長マネジング・ディレクター)
  • 得するのは20業種中5業種だけ 円安「損失」が日本の多数派 酒井才介(みずほリサーチ&テクノロジーズ調査部経済調査チーム上席主任エコノミスト)
  • 円安は「債権取り崩し国」への歩み 日本経済に「プラス」は本当か 唐鎌大輔(みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト)
  • 景気振幅が拡大し、資源配分にゆがみ 日銀「円安政策」三つの弊害 河野龍太郎(BNPパリバ証券経済調査本部長チーフエコノミスト)
  • 欧米中銀は金融政策「正常化」加速 日銀の「緩和維持リスク」 河村小百合(日本総合研究所調査部主席研究員)
  • 〈インタビュー〉 玉木林太郎(国際金融情報センター理事長、元財務官)
  •  
  • 【Part 3】 午後10時の日本経済 激変! 為替・物価・株価
  • 《為替》 円安ピーク「5月」説と「12月」説が拮抗 プロ7人がドル円を総予測
  • 《原油》 脱ロシアの急騰リスクを専門家が検証 147ドルの最高値更新は?
  • 《米国株》 専門家3人が予測するNYダウの行方 利上げ加速で「割安」に!?
  • 《日本株》 株式ストラテジスト8人が徹底予測 3万円超えの鍵はインフレ
  • 《日本経済》 エコノミスト11人に緊急アンケート 物価はどこまで上がる?
  •  
  • 【Epilogue】 日本が「経常赤字国」に転落した時に起きる悲劇

特集2丸井 レッドカード

人物

  • 【オフの役員】
  • 島田奈奈(ファミリーマート執行役員兼ゲート・ワン取締役)

データ

  • 【数字は語る】
  • 73.8% 「学校でのプログラミング教育は楽しかった」と回答した小学生の割合(榎並利博)

政策マーケットラボ

  • 急騰一服した原油相場が再度高値を追う条件
  • 芥田知至(三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員)
  •  
  • ウクライナ危機で冷戦に逆戻り? 「中ロ関与政策」の大誤算
  • 軽部謙介(ジャーナリスト、帝京大学教授)

ウォール・ストリート・ジャーナル発

  • マスク氏の夢「自由なツイッター」簡単でない

News

  • 【Close Up】 「デジタル人材10万人獲得」の大風呂敷 日立の採用計画の秘策とは?
  • 【Close Up】 自動車部品メーカーの再編本格化へ 静岡銀、名古屋銀提携の狙い

ダイヤモンド・オンライン発

  • 1ドル=129円突破の「超円安」の今、投資家が絶対やってはいけないこと
  • JR九州の豪華観光列車「ななつ星」とスタバに共通する発想とは?

連載・コラム

  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 巽 好幸/大人のための最先端理科
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る

次号予告

2022年5月28日号

特集儲かる農業2022 令和の豪農・消えゆく農協

特集2食料争奪戦 日本の食卓が危ない

※特集タイトルや内容は、変わることがあります。

定期購読のご案内

記者の目

  • 副編集長 竹田孝洋

    ティファニーをニューヨーク本店で買うと日本の半値だった時代

     1985年のプラザ合意以降の円高を経験し、そのメリットを海外旅行で享受した世代です。
     当時は、海外で買い物をすると、バーゲンセールに来たかのような感覚になりました。ティファニー製品を米ニューヨークの本店で買うと、円ベースで日本の約半分の値段で買えました。今は、ニューヨークでラーメン1杯が2000円といわれる時代です。海外の物価が高く感じることに隔世の感があります。
     振り返ると、2000年以降、特にアベノミクス以降の円安に甘えて日本経済の体質改善をしてこなかったことが、現在の円安の一因なのではないかと思います。海外の買い物でのバーゲンセール感覚をもう味わうことはないのでしょうか。

  • 副編集長 杉本りうこ

    「ガチ中華」は味だけでなく、凝ったデザインの店舗も

     昨今のグルメシーンに「ガチ中華」というジャンルがあります。中国人調理師が作る本場の中華料理で、東京都内なら池袋や上野、新大久保あたりに四川料理や湖南料理の名店が増殖中です。
     日本人の舌に忖度なしの料理は往々にして唐辛子どばっ、油ざぶんっ型。味は好き好きですが、ガチ中華の新しい店舗にはデザインが非常に凝ったものが散見され、これが面白い。先日訪ねた四川料理の新店は、蛍光色のネオン管で仏像や漢字がぎっしり描かれている、中華的未来志向派手派手主義。中国本土の飲食店ではもっと意匠が凝らされているそうで、デザインには国の勢いが反映されるようです。
     デザイン以上に国の勢いが反映されるのが通貨。今号は円安を追いました。

先週号の案内2022年5月14日号

表紙

特集ゴルフ大全 人脈×ビジネス

初夏を迎え、ゴルフを楽しむ絶好のシーズンがやって来た。コロナ禍を転機に人気復活を遂げたゴルフは、もともとビジネスとは切っても切れない関係にあり、最強のコミュニケーションツールだ。定番のゴルフ場ランキングや名門ゴルフ倶楽部を舞台にしたエリート…

特集2ステルスリストラ 気付けばあなたも

早期・希望退職者募集のように表面化するものとは別に、こっそり行われる「ステルスリストラ」なるものが存在する。経営側があの手この手で人事制度に盛り込み、雇用の流動化は加速。気付けばあなたもステルスリストラのターゲットになっている。巧妙化したそ…