最新号

最新号表紙

2024年2月24日号
[950円]

今週の週刊ダイヤモンド2024年2月24日号[950円]

最新号表紙

特集 創刊5000号記念
巨弾3特集! ビジネス・投資に効く
丸ごと一冊「半導体」
半導体 沸騰

2024年の世界の半導体市場は、過去最高の5883億ドル(約87兆円)に到達する見通しだ。かつて産業のコメと呼ばれた半導体は、国家の競争力や安全保障をも左右する〝戦略物資〟となった。昨今の生成AI(人工知能)サービスの爆発的拡大や、地政学リスクのさらなる高まりから、主要国による半導体投資競争は熾烈化している。さながら国家ぐるみの覇権戦争の様相を帯びているのだ。

ココが見どころ

ルネサスも巨額買収で参戦!半導体爆増150兆円市場にらむ投資競争の幕開け

『週刊ダイヤモンド』2月24日号の第1特集は「半導体 沸騰」です。国家の競争力を左右する“戦略物資”と化した半導体は、世界各国で投資競争が激化。さらに、生成AI(人工知能)ブームの到来で需要が激増しています。2030年に150兆円市場に膨張する予想の“沸騰産業”の裏で何が起きているのか。ダイヤモンド編集部の総力取材で探ります。(ダイヤモンド編集部 村井令二)

目次

特集創刊5000号記念 巨弾3特集! ビジネス・投資に効く 丸ごと一冊「半導体」 半導体 沸騰

  • 【Prologue】覇権戦争とAIバブルがもたらす半導体“狂乱”
  •  
  • 【Part 1】国家ぐるみの狂乱投資
  • 《スクープ!》ソニー3000億円要請が阻止される! 「補助金4兆円」バブルの内実
  • 〈インタビュー〉甘利 明(自民党前幹事長・半導体戦略推進議員連盟会長)
  • 半導体敗戦でも米台が日本と組む理由 日本の材料と装置に優位性
  • 創刊5000号特別対談 黒田忠広・東大教授×澤田 純・NTT会長
  •  
  • 【Part 2】半導体「大復活劇」の立役者
  • TSMC誘致の最大の立役者はソニー 反転攻勢仕掛けた政官財40人
  • 《スクープ!》「ローム・東芝」に続くパワー半導体の新陣営 デンソー・富士電機連合浮上
  • 〈インタビュー〉“国策半導体”ラピダス首脳に聞く TSMC対抗策の勝算とは? 小池淳義(ラピダス社長) 東 哲郎(ラピダス会長)
  •  
  • 【Part 3】日本陣営の逆襲シナリオ
  • 打倒ボッシュでトヨタからの独立宣言? デンソー「半導体1兆円」構想
  • 内部資料が明かす米WDとの“無理筋”統合案 キオクシアに迫る財務危機
  • 最終目標はTSMCやサムスンへの採用 NTT光電融合技術の野望
  •  
  • 【Part 4】最新版! 半導体・電子部品142社 「生き残り力」ランキング
  • 苛烈な投資競争を生き抜く企業とは? ルネサスの勝因は買収攻勢

特集2投資家必見! 技術で選ぶ 半導体銘柄 57社

半導体戦争 公式要約版

News

  • 【Close Up】反社長派が三井住友銀へ「連判状」 三井住友建設で“クーデター”
  •  
  • 【Close Up】初の「営業出身社長」に託された変革 JFE新体制が直面する難題

政策マーケットラボ

  • 日銀は1月も現状維持だがマイナス金利はすでに終了
  • 鈴木明彦(三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部研究主幹)

データ

  • 【数字は語る】
  • ▲3.3% 企業の新規求人数の減少率(2023年10~12月期、前年比) (村瀬拓人)

ダイヤモンド・オンライン発

  • 定年後「仕事ができる人」ほど途方に暮れるワケ…心理学博士が幸せな老後の過ごし方を提案

連載・コラム

  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 大隅典子/大人のための最先端理科
  • 菅 義偉/官邸の決断
  • 池上彰と増田ユリヤの世界最前線
  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る

次号予告

2024年3月2日号

特集高成長&高配当! 新NISAで狙う日本株

特集2住宅メーカー最終決戦 戸建てバブル崩壊秒読み

※特集タイトルや内容は、変わることがあります。

定期購読のご案内

記者の目

  • 副編集長 大矢博之

    夢の半導体の研究から生まれた量子コンピュータ

     夢のトランジスタをつくるーー。理化学研究所の中村泰信・量子コンピュータ研究センター長がNEC時代に取り組んだ研究です。
     半導体は電子の流れで「0」と「1」を表現しますが、そのときに動く電子の数は当時は約100万個。これを電子1個で実現できれば、超小型で超省エネのデバイスができる。1980年代後半、半導体業界世界一だったNECが描いた未来でした。
     結局、実用化には至らなかったものの、研究は量子コンピューターの心臓部となる世界初の「量子ビット」実現へと結実します。しかし今、この分野で先頭を走るのは米IBMや米グーグルです。半導体の最先端に追い付こうと日本が進める巨額投資。また見落としはないですか。

  • 編集長 浅島亮子

    創刊5000号記念号の特集は「丸ごと1冊半導体」

     創刊111周年の「週刊ダイヤモンド」は本号で5000号を迎えました。いつも弊誌をご愛読いただいている読者の皆さまには、心よりお礼申し上げます。
     老舗雑誌の記念企画としてありがちなのは、「過去特集と歴史的事件をひも付けた振り返り」特集でしょう。そういうアイデアがなかったわけでもないのですが、編集会議では「今、一番ホットな特集を組むことこそ、ロイヤルユーザーの知的好奇心を満足させられる」という結論に至りました。そこで誕生したのが「丸ごと1冊『半導体』」です。
     ビジネスと投資に役立つという創刊の原点は忘れずに。それでも、半導体産業の過去ではなく「未来」だけを見据えて作った渾身の特集です。ぜひご覧ください。

先週号の案内2024年2月17日号

表紙

特集識学大全 思考法 スキル リーダーシップ

今、最も会社を成長させる独自のマネジメント論として注目を浴びる「識学」。シリーズ122万部突破の識学3部作のエッセンスを、本にはない図解や導入企業の具体例を交えて、一挙に伝授する。さらに、著者の安藤広大・識学代表取締役社長が「3部作で語り尽…

特集2池上彰が斬る JR東海の難題「リニア新幹線」

世界最速を実現する「リニア中央新幹線」。だが、静岡県の川勝平太知事はいまだに静岡工区の着工を認めておらず、JR東海は「2027年」としていた工事完了時期を「27年以降」に変更した。工事が進まない根本原因は何なのか。これまでの経緯と最新の動き…