記事一覧:Key Wordで世界を読む207

  • Arabian Warren Buffett(アラビアのウォーレン・バフェット)

    Key Wordで世界を読む
    Arabian Warren Buffett(アラビアのウォーレン・バフェット)

    2017年11月25日号  

    サウジアラビアの反汚職委員会が多数の王族や現役閣僚を突然逮捕したとのニュースが飛び出した11月上旬、世界の金融センターに衝撃が走った。

  • Pandora's box in Hollywood(ハリウッドのパンドラの箱)

    Key Wordで世界を読む
    Pandora's box in Hollywood(ハリウッドのパンドラの箱)

    2017年11月18日号  

    「恋におちたシェイクスピア」「パルプ・フィクション」などで知られる米映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン氏をめぐるセクハラ(sexual harassment)疑惑が表面化したことで、ハリウッドが蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。

  • inflation conundrum(インフレ・コナンドラム)

    Key Wordで世界を読む
    inflation conundrum(インフレ・コナンドラム)

    2017年11月11日号  

    米中央銀行の連邦準備制度理事会(FRB)が何年にもわたって頭を悩ませている重大問題の一つは何か。いわゆる「インフレ・コナンドラム(inflation conundrum)」である。「謎」や「難問」を意味するコナンドラムは、元々は2005年にアラン・グリーンスパン元FRB議長が使った言葉だ。

  • unstoppable bull(止まらない強気相場)

    Key Wordで世界を読む
    unstoppable bull(止まらない強気相場)

    2017年11月04日号  

    世界的な株高(global stock-market rally)のエンジン役になっているニューヨーク株式市場。代表的株価指標であるダウ工業株30種平均が10月18日、ついに2万3000ドルの大台に乗せた。

  • resistance movement(レジスタンス運動)

    Key Wordで世界を読む
    resistance movement(レジスタンス運動)

    2017年10月28日号  

    日本では民進党の分裂で立憲民主党が誕生するなどリベラル派の再編が起きている。米国も日本に続くかもしれない。リベラル派を敵視するドナルド・トランプ大統領の誕生を受けていわゆる「レジスタンス運動(resistance movement)」が広がっているからだ。

  • mega-breach(メガブリーチ)

    Key Wordで世界を読む
    mega-breach(メガブリーチ)

    2017年10月21日号  

    今年は「メガブリーチ元年(year of mega-breaches)」として記憶されるかもしれない。大規模なデータ漏洩(data breach)が相次ぎ発覚しているからだ。

  • China's debt bomb(中国の債務爆弾)

    Key Wordで世界を読む
    China's debt bomb(中国の債務爆弾)

    2017年10月14日号  

    中国の「債務爆弾(debt bomb)」をめぐってあらためて不安が広がっている。米大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングが9月21日、同国の長期債(long-term debt)格付けを引き下げたからだ。すでに米格付け会社ムーディーズも中国の長期債格付けの引き下げに踏み切っている。

  • Devil's Venom(悪魔の毒液)

    Key Wordで世界を読む
    Devil's Venom(悪魔の毒液)

    2017年10月07日号  

    「悪魔の毒液(Devil's Venom)」をご存じだろうか。8月29日に続いて9月15日に北朝鮮から発射され、日本上空を通過して太平洋に落下した弾道ミサイル(ballistic missile)。これに使われたとみられる液体燃料が「悪魔の毒液」だ。

  • Retail Apocalypse(小売りアポカリプス)

    Key Wordで世界を読む
    Retail Apocalypse(小売りアポカリプス)

    2017年09月30日号  

    小売りアポカリプス(the Retail Apocalypse)──。9月上旬に米玩具大手トイザラスの経営危機が表面化すると、米メディア上ではこんな表現が躍った。米金融専門誌「マネー」が使った見出しは「小売りアポカリプス、次はトイザラスか?(Up Next in the Retail Apocalypse: Toys R Us?)」だ。「世界の終わり」といったニュアンスがあるアポカリプスは米小売業の現状を表すキーワードとしてすっかり定着したようだ。

  • Dreamer(ドリーマー)

    Key Wordで世界を読む
    Dreamer(ドリーマー)

    2017年09月23日号  

    幼少時に米国に入国した不法移民の若者「ドリーマー(Dreamer)」が強制送還(deportation)の恐怖におののいている。トランプ政権が9 月5日に不法移民救済制度「DACA(ダカ)」の撤廃を発表したからだ。

  • killer robot(殺人ロボット)

    Key Wordで世界を読む
    killer robot(殺人ロボット)

    2017年09月16日号  

    ジェームズ・キャメロン監督による米SF大作「ターミネーター2」が3D映画として生まれ変わり、8月に全世界で劇場公開になった。絶妙のタイミングだ。映画の中に出てくる「ジャッジメントデイ」のちょうど20周年に当たるのだ。

  • debt ceiling crisis(債務上限危機)

    Key Wordで世界を読む
    debt ceiling crisis(債務上限危機)

    2017年09月09日号  

    8月24日、ドナルド・トランプ米大統領はツイッター上で与党の共和党執行部を厳しく批判した。同党執行部がきちんと対応しないから米議会が債務上限(debt ceiling)の引き上げでまとまらず、米国政府がデフォルト(default=債務不履行)に陥りかねなくなっているというのだ。

  • alt-left(オルトレフト=オルタナ左翼)

    Key Wordで世界を読む
    alt-left(オルトレフト=オルタナ左翼)

    2017年09月02日号  

    米国で「オルトレフト(alt-left)」という言葉が市民権を得るのも時間の問題かもしれない。8月15日の記者会見中にドナルド・トランプ米大統領が使い、たちまち米メディア上を席巻したからだ。会見の主要テーマになったのは、その数日前にバージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者(white supremacist)と反対派(counter-protester)グループの衝突だ。

  • tech gender gap(ITジェンダーギャップ)

    Key Wordで世界を読む
    tech gender gap(ITジェンダーギャップ)

    2017年08月26日号  

    性差別(sexism)と受け止められかねない「女子力」という言葉が普通に使われてきた日本。職場で「男女は生物学的に異なるから役割も違って当然」と主張したら騒ぎになるだろうか。米国では解雇されるほどの騒ぎになる。

  • dirty diesel(ダーティーディーゼル)

    Key Wordで世界を読む
    dirty diesel(ダーティーディーゼル)

    2017年08月12日号  

    技術立国ドイツが誇りとしてきたディーゼル車。「クリーンディーゼル(clean diesel)」ならぬ「ダーティーディーゼル(dirty diesel)」のレッテルを貼られ、市場から完全に駆逐されるかもしれない。というのも、フォルクスワーゲン(VW)やダイムラー、BMWなどドイツの自動車メーカー5社によるカルテル疑惑が急浮上し、再びディーゼル車がやり玉に挙げられているからだ。

  • Great Firewall(グレートファイアウオール)

    Key Wordで世界を読む
    Great Firewall(グレートファイアウオール)

    2017年08月05日号  

    米フェイスブック傘下にあり、世界で10億人以上に使われているメッセージアプリ(messaging app)「ワッツアップ(WhatsApp)」が中国から締め出されるかもしれない。同国政府が都合の悪い情報を排除するために設けた「グレートファイアウオール(Great Firewall)」によってブロックされたようなのだ。

  • startup visa(スタートアップビザ)

    Key Wordで世界を読む
    startup visa(スタートアップビザ)

    2017年07月29日号  

    移民労働力を成長エンジンにしてきた米シリコンバレーの情報技術(IT)業界がトランプ政権に対する不満をあらためて強めている。移民規制強化を標榜する同政権がいわゆる「スタートアップビザ(startup visa)」の導入を取りやめようとしているためだ。

  • Robocalypse(ロボカリプス)

    Key Wordで世界を読む
    Robocalypse(ロボカリプス)

    2017年07月22日号  

    ロボカリプス(Robocalypse)──。人工知能(AI)を備えたロボットの誕生によって人類は仕事を失い、ヨハネの黙示録さながらの破局を迎えるという考え方だ。ロボット(robot)と黙示録(apocalypse)を合わせた造語である。

  • Shale 2.0(シェール2.0)

    Key Wordで世界を読む
    Shale 2.0(シェール2.0)

    2017年07月15日号  

    5月25日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアを中心とした非加盟産油国は協調減産の延長で合意した。狙いは原油の世界的供給過剰(global glut of crude oil)の解消による相場回復だ。

  • conglomerate discount(コングロマリットディスカウント)

    Key Wordで世界を読む
    conglomerate discount(コングロマリットディスカウント)

    2017年07月08日号  

    16年間にわたって米ゼネラル・エレクトリック(GE)の最高経営責任者(CEO)を務めてきたジェフリー・イメルト氏の退任が6月12日に発表された。すると同日のニューヨーク株式市場で、同社株は前週末比で一時5%以上も跳ね上がった。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

「グローバル化時代の必須教養」10/25

記者の目

  • 編集部 相馬留美

    子どもの世界の方がキャッシュレス化している

     最近、ほとんど現金を持ち歩かなくなりました。とはいえ、無人レジで店員に商品を見せずに持ち帰るのはどこか後ろめたいものでした。
     しかし、ある取材先で「地デジやSuicaに文句を言う人が今ではいないように、キャッシュレスにも慣れますよ」と言われ、そうか、慣れかと、妙に納得したものです。
     子どもの世界でもキャッシュレス化が進んでいます。おもちゃのレジはカード決済に対応。レジのコインを部屋のどこかでなくしても、カードで決済してお店屋さんごっこを成立させているのです。キャッシュレスに慣れた彼らは、現実の無人レジもあまり気にならないよう。やっぱり「習うより慣れよ」が一番。特集から自分好みの決済を探してみてくださいね。

  • 編集長 深澤 献

    スマホ決済のときのポイントカードのモヤモヤ

     以前はよく、財布を持たずに会社に来てしまいました。特に危ないのが月曜日。週末の買い物で財布を使った後、通勤用のかばんに戻すのを忘れて出勤してしまうのです。仕方なく同僚から昼食代を借りる羽目に……。
     ところが最近は、スマホ決済とスマートウオッチの便利さを知り、キャッシュレス生活を満喫。逆に財布を忘れてきたことに気付かないまま一日過ごすこともあるほどです。
     一方で困るのは各種のポイントカード。「○○カードはお持ちですか?」と聞かれても、そういうのを持ち歩き、いちいち取り出すことから解放されたいから〝腕時計でチャリン〟なわけです。結局、利便性と引き換えにポイントは諦めるのですが、そのたびモヤモヤ感が残ります。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!