記事一覧:短答直入293

  • 佐藤誠治(東京スター銀行頭取)

    短答直入
    佐藤誠治(東京スター銀行頭取)

    2017年07月08日号  

    預金残高2兆円の中堅地方銀行である東京スター銀行は、自宅を担保にして老後資金を借りられる金融商品「リバースモーゲージ」に力を入れるなど独自路線を歩む。4月に頭取に就任した佐藤誠治氏に、今後の方針について聞いた。

  • 井上慎一(ピーチ・アビエーションCEO)

    短答直入
    井上慎一(ピーチ・アビエーションCEO)

    2017年07月01日号  

    LCC(格安航空)の中でも好業績で知られる同社。この春からANAホールディングスの連結子会社になった影響について聞いた。

  • 梅本武文(セゾン自動車火災保険社長)

    短答直入
    梅本武文(セゾン自動車火災保険社長)

    2017年06月24日号  

    損保ジャパン日本興亜の子会社で、40代、50代を主な対象にした「おとなの自動車保険」を手掛けるセゾン自動車火災保険。インターネットなどを通じて加入するダイレクト系市場全体が伸び悩む中、規模拡大に向けた青写真を聞いた。

  • ベレン・ガリーホ(独メルクヘルスケア・ビジネスCEO)

    短答直入
    ベレン・ガリーホ(独メルクヘルスケア・ビジネスCEO)

    2017年06月10日号  

    さまざまながんで効果が期待される免疫チェックポイント阻害剤が医療財政を圧迫している。この薬を手掛ける独大手メルクのトップはコスト問題をどう考えるのか。

  • 碓井 稔(セイコーエプソン社長)

    短答直入
    碓井 稔(セイコーエプソン社長)

    2017年05月27日号  

    2016年度に、為替の影響を除く本業の業績では増収増益となったセイコーエプソン。中期経営計画の折り返しの年を迎えた同社の碓井稔社長に、注力点を聞いた。

  • 藤原弘治(みずほ銀行頭取)

    短答直入
    藤原弘治(みずほ銀行頭取)

    2017年05月20日号  

    4月、みずほフィナンシャルグループ(FG)の中核子会社である銀行と信託銀行のトップが同時に交代した。みずほFGは昨年度から、グループを横断した個人・法人・海外など顧客セグメント別の社内カンパニー制を導入。位置付けが激変した子会社トップは今何を求められているのか。みずほ銀行の藤原弘治頭取に聞いた。

  • エバ・チェン(トレンドマイクロ社長)

    短答直入
    エバ・チェン(トレンドマイクロ社長)

    2017年04月22日号  

    2015年以降、日本を標的としたサイバー攻撃が急増している。インターネットセキュリティ製品を展開するトレンドマイクロのエバ・チェン社長に、いま日本が直面しているリスクについて聞いた。

  • 飯盛徹夫(みずほ信託銀行社長)

    短答直入
    飯盛徹夫(みずほ信託銀行社長)

    2017年04月15日号  

    4月、みずほフィナンシャルグループ(FG)の中核子会社である銀行と信託銀行のトップが同時に交代した。みずほFGは昨年度から、グループを横断した個人・法人・海外など顧客セグメント別の社内カンパニー制を導入。位置付けが激変した子会社トップは今何を求められているのか。みずほ信託銀行の飯盛徹夫社長に聞いた。

  • 木村博紀(朝日生命保険社長(4月1日就任))

    短答直入
    木村博紀(朝日生命保険社長(4月1日就任))

    2017年04月01日号  

    2018年3月に創業130周年を迎える朝日生命保険。今年4月1日に社長に就任する木村博紀氏は、その節目の年に第16代社長として辣腕を振るうことになる。今後の経営方針を木村氏に聞いた。

  • 森川 亮(Cチャンネル社長)

    短答直入
    森川 亮(Cチャンネル社長)

    2017年03月18日号  

    LINE社長を退任後に森川亮氏が立ち上げた女性向け動画メディア「Cチャンネル」は、国内首位の視聴数を稼ぐまでに成長。そのビジネスモデルを聞いた。

  • 山口悟郎(京セラ社長)

    短答直入
    山口悟郎(京セラ社長)

    2017年02月04日号  

    電子部品、スマートフォン、ソーラーシステムなど多角化した事業構造を持つ京セラ。赤字の続くスマホとソーラーの2事業の課題について聞いた。

  • 安達 保(ベネッセホールディングス社長)

    短答直入
    安達 保(ベネッセホールディングス社長)

    2016年12月03日号  

    2年前の個人情報漏えい事件以来、業績は低迷したまま。在任期間がわずか3カ月だった前社長からバトンを引き継いだ、安達保社長に今後の方針を聞いた。

  • 木本 茂(高島屋社長)

    短答直入
    木本 茂(高島屋社長)

    2016年11月05日号  

    中国人客の“爆買いバブル”の終焉に、地方店の不振と苦戦が続く百貨店業界。高島屋の木本茂社長に生き残りの道を聞いた。

  • 清水洋史(不二製油グループ本社社長)

    短答直入
    清水洋史(不二製油グループ本社社長)

    2016年10月29日号  

    食品企業の“黒子”としてチョコレート原料や油脂を提供する不二製油グループ本社。人口減少で国内市場が縮小に向かう環境下、どう成長の道筋を描くのか。

  • 安部憲生(野村不動産投資顧問社長)

    短答直入
    安部憲生(野村不動産投資顧問社長)

    2016年10月22日号  

    トップリート投資法人を吸収合併し、資産規模で業界2位に浮上した野村不動産マスターファンド投資法人の運用会社、野村不動産投資顧問の安部憲生社長に今後の戦略を聞いた。

  • 上條 努(サッポロホールディングス社長)

    短答直入
    上條 努(サッポロホールディングス社長)

    2016年10月15日号  

    今年、創業140周年を迎えるサッポロホールディングス。今や飲料や外食、不動産と事業は多岐にわたる。なぜ多くの事業を手掛けるのか。上條努社長に聞いた。

  • 十河政則(ダイキン工業代表取締役社長兼CEO)

    短答直入
    十河政則(ダイキン工業代表取締役社長兼CEO)

    2016年10月01日号  

    2008年秋のリーマンショック直後の2期を除けば、再び業績が右肩上がりとなった“2兆円企業”のダイキン工業。この6月に、新中期経営計画を打ち出したばかりの十河政則社長が沈黙を破った。

  • 根岸秋男(生命保険協会会長 明治安田生命保険社長)

    短答直入
    根岸秋男(生命保険協会会長 明治安田生命保険社長)

    2016年09月24日号  

    日本銀行によるマイナス金利政策の導入から半年以上が経過し、じわりと生命保険業界にも影響が及ぶ中、生命保険協会の会長に就任した明治安田生命保険の根岸秋男社長に、今後の方針を聞いた。

  • 朝倉陽保(丸の内キャピタル社長)

    短答直入
    朝倉陽保(丸の内キャピタル社長)

    2016年09月24日号  

    後継者不足に悩む企業の事業承継や成熟・衰退企業の事業構造転換が、日本の喫緊の課題といわれるようになって久しいが、その解決策の一つとして今、多くの投資ファンドが設立されている。その運営会社の1社である丸の内キャピタルのトップに現状を聞いた。

  • リアム・コンドン(バイエルクロップサイエンス社長)

    短答直入
    リアム・コンドン(バイエルクロップサイエンス社長)

    2016年09月17日号  

    種子・農薬最大手の米モンサントに買収提案を行い、統合交渉中の独製薬大手バイエルの農業部門トップに、買収の狙いなどを聞いた。

定期購読キャンペーン

記者の目

  • 編集部 千本木啓文

    負の衝撃ではなく読者が増えるうれしいサプライズが欲しい

     日立製作所の改革が成功したのは2008年度の巨額赤字という「ショック」と、デジタル技術で社会を変革するという「ビジョン」があったからです。ショックの記憶が薄れ、ビジョンの提唱者だった中西宏明氏が亡くなった今、改革をいかに続けていくかが課題といえます。
     ところで、「続ける」といえば、ダイヤモンドオンラインで半年にわたり配信する連載『農協の大悪党 野中広務を倒した男』がこれから佳境に入るのですが、この記事を書き続けるのは正直、息が切れます。何を書くかというビジョンは明確なのですがショックが足りない。できれば、ある日訴状が届くような負の衝撃ではなく、読者が増えるといううれしいサプライズが欲しいのですが……。

  • 編集委員 名古屋和希

    9月に編集部に加入、アラフォーながら1年前は学生の立場

     9月に編集部に加入しました。新聞記者を10年超経験しましたが、雑誌は初めてとなります。実は、わずか1年前はアラフォーながら立場は学生でした。前職を退いた後に渡英し、政治とメディアについて学んでいました。
     ある程度キャリアを積んでからの留学は、日本ではそう多くないかもしれません。ただ、現地では社会人経験のある外国人学生が目立ちました。次のキャリアを見据え、柔軟に動くことは彼らにとって当然のことのようです。
     最近、ある経営者の「45歳定年」発言が波紋を呼びました。真意はさておき、日本型雇用が揺らいでいるのは確かです。社会でキャリアの見直しや学び直しという考え方がもっと議論されてもいいのではないでしょうか。

先週号の案内2021年9月25日号

表紙

特集大手・個別・家庭教師・アプリ 我が子にピッタリ!がわかる 塾・予備校

小中高の各学校で新学期が始まった。実は、9〜10月は塾選びの絶好のタイミング。なぜなら高2の2学期は進路や志望大学を具体的に考える時期。難関大志望なら今から受験勉強を本格的に始める必要がある。また、中学受験塾の多くは、来年2月からの新年度の…

特集2悪質? 使えない? FP(ファイナンシャルプランナー)&税理士の見分け方!

われわれがお金について考えたいとき相談相手として挙げられる税理士とFP(ファイナンシャルプランナー)。どちらもお金の専門家だが、本来、専門分野はかなり違う。有資格者の数も多く、玉石混交なのが実態だ。現役で活躍する税理士、FPそれぞれのリアル…