記事一覧:特集 Part6346

  • 特集 Part6
    車両、運行…全てが特別 陛下専用の「お召し列車」

    2016年09月17日号  

    全国各地へ移動されることの多い、天皇陛下と皇后さま。そのため、「お召し列車」という専用列車が用意されている。お召し列車は全てが特別なのだ。

  • 特集 Part6
    【Column】 ビル開発と皇居の美観で せめぎ合いが続く“丸の内”

    2016年09月17日号  

    「皇居を見下ろすとはけしからん」。1969年、そんな声を背に、当時の佐藤栄作首相が、民間企業のビル建設計画に「待った」を突き付けた。東京海上火災(当時)が、東京・丸の内の東京海上ビルの建て替え計画を打ち出したことで、国会や都議会を巻き込んだ「美観論争」が勃発。特に問題視されたのは、127メートルというその高さだ。

  • 特集 Part6
    本邦初!? 皇居を独自試算 土地価格だけで12兆円

    2016年09月17日号  

    都心や保養地にある広大な皇室の住まいや御用邸。ただし、それらは全て国有だ。あり得ない話だが、もし、市場に放出されれば、どれくらいの価格になるのか試算した。

  • 特集 Part6
    【Column】 美術品に庭園、勤労奉仕 皇居を身近に感じる方法

    2016年09月17日号  

    皇居には修学旅行でしか行ったことがない。そんな人は多いのではないだろうか。ここでは、皇室と皇居を身近に感じる方法を紹介したい。

  • 特集 Part6
    厳格認定でブランド維持 英国のロイヤルワラント

    2016年09月17日号  

    日本での宮内庁御用達は、今はなく過去のものだ。しかし、英国王室は800年間も御用達認定証制度を続けていて、厳しい基準を置くことで強いブランドとなっている。

  • 特集 Part6
    私的な費用は幾ら? 知られざるお金事情

    2016年09月17日号  

    皇室のお金事情を見てみよう。その「財布」の中から、ベールに包まれた天皇ご一家を取り巻く環境とその変化、「公」と「私」をめぐる悩ましい問題などが見えてくる。

  • 特集 Part6
    やんごとなき品々を 本誌記者が食レポ!

    2016年09月17日号  

    日本の伝統と技術の粋を集めた逸品、「宮内庁御用達」の数々。その本当の実力はいかなるものなのか──。その歴史をひもときながら、実際に試食してみた。

  • 特集 Part6
    「昭和天皇の料理番」が明かす知られざる宮中食事情

    2016年09月17日号  

    26年間昭和天皇の食事を作り続けた谷部金次郎さん。宮内庁大膳課時代の貴重なエピソードから、皇室の食卓に思いをはせてみよう。

  • 特集 Part6
    再編必至! 金融ピラミッド最底辺の現実

    2016年09月03日号  

    人口減による地方経済の衰退などで、中小零細企業の「最後の貸し手」となる信用金庫・信用組合の収益基盤は細るばかりである。一方で、本誌が独自推計した信金の全国ランキングでトップに立った西武信金(東京都)のように、「資金需要は強い」として、店舗数を拡大させ、支店長候補などの金融人材を積極的に採用しているところもある。

  • 特集 Part6
    シンギュラリティ 2045年到来の脅威と備え

    2016年08月27日号  

    人工知能(AI)の進化の過程で、絶対に避けては通れない議論がある。シンギュラリティ(技術的特異点)の到来にどう向き合うのか、というものだ。AIがヒトを超えるとき、どんな問題が起き得るのか。

  • 特集 Part6
    石黒 浩(ロボット学者 大阪大学特別教授)インタビュー

    2016年08月06日号  

    永遠の命の象徴でもある“機械の体”。自分そっくりのロボットの開発などで知られる気鋭のロボット学者、大阪大学特別教授の石黒浩が「死」を語った。

  • 特集 Part6
    山田誠二(人工知能学会会長、国立情報学研究所教授)インタビュー

    2016年08月06日号  

    私たちは死について悩み、そして恐れる。それでは、AI(人工知能)は死を考えることができるのだろうか。人工知能学会会長の山田誠二・国立情報学研究所教授に聞いた。

  • 特集 Part6
    死と生の科学 臨死体験って本当ですか

    2016年08月06日号  

    心臓が止まって、真っ暗で、苦しい状態で倒れていました。そのときはまだ体の中にいる感覚はあったのですが、次の瞬間、飛び上がっているんです。そして、斜め上から自分の顔を見ている。 「これは死ぬ?」と、そのとき死を直観したんです。「死ぬのは嫌だな」と思いました。やり残したことがいっぱいあるし。一番強く思ったのが、まだ見ていないお嫁さん。その人に出会いたいなと思ったんですよ。そう強烈に思った瞬間に、ものすごい光がぶわぁっと見えてきて、真っ暗が真っ白になったんです。

  • 特集 Part6
    立川志の輔インタビュー

    2016年07月09日号  

    世のビジネスマンって、日本の経済はどうなるとか、会社のためにはどう動けばいいとか、お得意さまは何を言ったら喜ぶのかとか、そんなストレスを抱えながら一生懸命がんばってる、いわば戦士ですよね。そんな彼らが何かのきっかけで落語会に来てみたら、落語家がたった一人座布団の上にぽつんと座ってしゃべっているだけなのに、気が付けば噺の世界で、想像力がかき立てられ頭の中にどんどん絵が浮かび、声を出して笑ってる。笑わされてるんじゃなくて、自分の力で笑ってる。

  • 特集 Part6
    清家 篤(慶應義塾長)インタビュー

    2016年05月28日号  

    なぜ慶應義塾の卒業生は三田会を組織し、固い結束力を持つのか。なぜ卒業生は経済界で群を抜く活躍を見せるのか。幼稚舎から大学までの各校を束ねる清家篤・慶應義塾長が語る。

  • 特集 Part6
    北尾吉孝(SBIホールディングス社長)インタビュー

    2016年05月28日号  

    うちは祖父が福澤諭吉に傾倒し、「北尾家は慶應に行くべし」だった。だから父も慶應卒。父のときはまだ大学に行く人も少ない時代で、福澤諭吉も、慶應卒で活躍する財界人も身近に感じられた。だから卒業生は子弟も慶應に通わす人が多かった。

  • 特集 Part6
    若い世代に薄い帰属意識 強者故に弱まる起業家精神

    2016年05月28日号  

    慶應義塾出身者たちは確かにビジネス界で活躍している。三田会は圧倒的パワーを誇っている。しかし、その強者は懸念を内包している。

  • 特集 Part6
    王国の序列 強者のアキレス腱

    2016年05月28日号  

    1999年からの約3年間は、代々慶應義塾に通う「慶應ファミリー」にとって幼稚舎入学の暗黒期だった。幼稚舎から慶應に通い、都内に勤める男性は、「この時期に息子の受験がぶつかってえらい目に遭った」とこぼす。

  • 特集 Part6
    幕を下ろしたカリスマ帝国

    2016年05月14日号  

    「僕だってあと1年やるか2年やるかは分からない。僕ももう82歳だよ」今からちょうど1年前の昨年5月のこと。セブン&アイ・ホールディングス会長の鈴木敏文は、本誌のインタビューに対し、このように答えていた。半ば冗談でも言うように、独得のはにかんだ表情を浮かべながら。

  • 特集 Part6
    【奨学金】 本当に若者を苦しめる悪者か? 独特な仕組みと低金利が売り

    2016年04月30日号  

    近年、日本学生支援機構が提供する奨学金制度が、若者を苦しめるとして極めて低い評価を受けている。ほんとうに、それほどの悪者なのか。検証した。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 土本匡孝

    13年間ありがとう、西成の中古自転車

     13年間、毎日のように乗ってきた赤いママチャリとお別れです。
     日本一の日雇い労働者の街、大阪・西成で購入。前職の新聞記者は転勤が多く、「大阪→大分→京都→大阪→東京」と、各地で良き相棒となってくれました。しかしもうボロボロ。先日チェーンが外れ、ついに直す気がなくなりました。
     購入前、一部のパーツを自ら磨きました。中古自転車の修理・販売をする西成の労働者たちの取材を兼ねてでした。
     足しげく通って信用してもらい、社会面記事となったのは1カ月余りも後。「最近のおまえさんは、汗をかく泥くさい記事を書いていないんじゃないか」。もしもお世話になった西村さん(故人)に会えたなら、あの頃のようにまた怒られそうです。

  • 編集部 重石岳史

    ドラマ『エルピスー希望、あるいは災いー』を観て思ったこと

     知人の薦めで最近、「エルピス─希望、あるいは災い─」を一気見しました。民放で昨年放映され、テレビ報道の裏側を描いて話題となったドラマです。
     長澤まさみさんが演じるアナウンサーらが、冤罪事件の真実を追うストーリー。私も全国紙の司法記者だった頃、冤罪の疑いがある事件を取材したことを思い出しました。
     裁判所が有罪認定した事件を「シロ」と書くのは、並大抵の覚悟ではできません。証拠集めに膨大な時間と労力を要し、異動もあって私は真実にたどり着けませんでした。
     冤罪は実際に起きています。99.9%の有罪率を誇る検察も時に間違える。司法取材でも経済取材でも「まさか」は必ず起きる。改めてそう肝に銘じた次第です。

最新号の案内2023年4月1日号

表紙

特集部長・課長の残酷 役職定年 給料 出世

「賃上げ」が今年の春闘の話題となる中、誰しも気になるのが自分の給料の行方だ。年収を上げる早道の一つは、社内での出世である。どうすれば部長・課長に出世でき、その待遇はどうなっているのか。そして部長・課長に昇進しても、シニア社員には「役職定年」…

特集2電力バトルロイヤル

大手電力会社が大揺れだ。関西電力や中部電力など大手4社が絡むカルテルは史上最高額の課徴金納付命令が見込まれ、電力自由化の理念を踏みにじる大手電力の送配電会社による情報漏洩も発覚した。自らが招いた荒波の真っただ中にある電力業界で、周りは敵ばか…