記事一覧:特集3166

  • 特集3
    政府目標に生産が追い付かず 脆弱な業界に強過ぎる追い風

    2015年06月13日号  

    天文学的な数字で伸び続ける医療費。後発医薬品のさらなる普及はその対策の柱だ。だが、寄せられる期待とは裏腹に、主役のはずの後発品メーカーは、戸惑いを隠せずにいる。

  • 特集3
    官製バブルに踊れない ジェネリック医薬品の憂鬱

    2015年06月13日号  

    政府が2020年度までの財政の赤字脱却を目指す「財政健全化計画」が、今月末に閣議決定を予定する経済財政運営の指針「骨太の方針2015」に盛り込まれる。その歳出抑制の具体策の目玉、ジェネリック(後発医薬品)の普及拡大が、物議を醸している。

  • 特集3
    生産現場依存に終止符 「もっといいクルマ」の真意

    2015年05月30日号  

    「もっといい車を造る」。豊田章男社長が繰り返し述べる言葉の真意は、生産側の都合やモデルごとの個別開発から脱し、多様な車を造るために全体最適を目指す「構造改革」の断行だ。

  • 特集3
    VW(フォルクスワーゲン)追撃の狼煙 トヨタ 設計革命の真実

    2015年05月30日号  

    トヨタが生産現場の改革を終え、凍結していた工場新設を再開する。と同時に、新たな設計ルール「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の準備も整い、2015年中にTNGA第1弾として4代目「プリウス」を投入する。この新たな設計手法によって魅力ある車の機動的な投入を可能にし、世界の主要市場をくまなく攻略できるか──。“意志ある踊り場”の間に進めてきた、知られざる構造改革の本質と、その成否を占う。

  • 特集3
    再編シナリオは2パターン 求められるトップの戦略思考

    2015年05月23日号  

    動きそうで動かない業界各社。トップは口裏を合わせたかのように、「さまざまな可能性を検討している」と話す。そこで一足先に本誌では取材を基に再編シナリオを導き出した。

  • 特集3
    亀岡 剛(昭和シェル石油社長グループCEO)インタビュー

    2015年05月23日号  

    第2次高度化法対応のために精製能力削減が必要だといわれるが、われわれは最初に需要が減退する環境で強い昭和シェル石油であるために精製能力がどうあるべきかを考え、その対応をしていく中で結果的に法律に対応できるという考え方だ。法律では強い石油業界になるために再編も考えてくださいと言っているが、くっつくことが目的ではないはずだ。

  • 特集3
    政府のお膳立ては骨折り損 “モテ期”に気付かず婚期逃す?

    2015年05月23日号  

    再編待ったなしといわれていた中で浮上した出光興産と昭和シェル石油を軸とした再編観測。両社否定するが真相はどうなのか。背景事情と共に、水面下で進められていた交渉に肉薄する。

  • 特集3
    笛吹けど踊らず!? 石油業界再編シナリオ

    2015年05月23日号  

    人口減に低燃費車の普及でガソリンなどの石油製品需要は右肩下がりになって久しい。ところが、危機感が乏しい石油元売り業界は、精製設備削減になかなか踏み切らず、経済産業省に尻をたたかれても動かない。いつになったら腰を上げるのか。そんな動かない業界各社の思惑を探り、再編シナリオを描き出した。

  • 特集3
    【Column】 日本食ブームもつらいよ 飽和を嘆く日本人経営者たち

    2015年05月16日号  

    シンガポール取材の最終日、現地で日本食レストランを展開する日本人オーナーら5人を夕食に誘った。もちろん、場所は彼らの店。居酒屋、すし、焼き肉をはしごして、酒の酔いも回った深夜1時、彼らの本音を聞くことができた。

  • 特集3
    堀切功章(キッコーマン社長)インタビュー

    2015年05月16日号  

    現在の日本食の広がりを、一過性の“ブーム”と表現されることに違和感を覚えています。一歩一歩、着実に、世界に日本食が浸透しているのですから。こうした世界的な潮流が、われわれの卸事業の追い風になっているのは間違いありません。

  • 特集3
    キッコーマン 醤油から日本食へ 世界制覇の野望

    2015年05月16日号  

    欧米で火が付いた日本食ブームが、アジアに到来している。あまり知られていないが、実は、“しょうゆ”のキッコーマンがブームの陰の立役者。空前の日本食人気に沸くシンガポールで現地取材を敢行し、しょうゆと日本食の二本柱で世界に挑むキッコーマンの野望を追った。

  • 特集3
    【Column】 水島 エチレン工場廃棄の裏側

    2015年05月02日号  

    「寂しいですねぇ」。エチレン設備を廃棄することが決まった旭化成の水島製造所(岡山県)の従業員は異口同音につぶやく。操業開始から約半世紀、その幕が間もなく下りる。

  • 特集3
    バラバラ営業は総合提案型へ 組織改正で極める多角化経営

    2015年05月02日号  

    旭化成は2016年4月、03年に分社・持ち株会社制に移行して以来の大きな組織改正に踏み切る。そこには多角化の一方で開いた事業間の溝を埋め、総合力を生かそうという算段がある。

  • 特集3
    浅野敏雄(旭化成社長)インタビュー

    2015年05月02日号  

    組織改正の検討を始めたのは、次の成長戦略と中期経営計画の骨格を作るための議論がきっかけでした。成長を続けるためには、変えるべきものは絶えず変えていかなきゃいけない。2013年度、14年度と業績は好調ですが、10年後、20年後のさらなる飛躍を目指すためには、このタイミングで組織改正に着手するべきだと。

  • 特集3
    旭化成 3代30年続いた “院政経営”からの卒業 その知られざる全貌

    2015年05月02日号  

    さかのぼること5年前の2010年。小林喜光・三菱ケミカルホールディングス社長(当時)の元に一本の電話があった。声の主は同年1月に会長就任が発表された伊藤一郎・旭化成副社長(当時)。用件は就任のあいさつなどという儀礼的なものではなく、両社が抱える懸案事項を解決するための一手を講じようという相談だった。

  • 特集3
    旭化成 3代30年続いた “院政経営”からの卒業 その知られざる全貌

    2015年05月02日号  

    この30年間で売上高が2倍以上、営業利益は3倍以上に成長した総合化学大手の旭化成。その堅調な成長を支えてきたのは、普通の企業には弊害になりかねない会長による“院政経営”だった。ところが今、旭化成はうまく回ってきたはずの院政経営からの卒業を図っている。旭化成は何を目指しているのか。その特異な経営体制に迫った。

  • 特集3
    石野 博(関西ペイント社長)インタビュー

    2015年04月25日号  

    アフリカは、2030年には人口で中国やインドを追い抜くという予測があります。もとより、自動車関連の塗料は世界トップレベルだと自負していますが、現在アフリカで展開する建築関連の塗料も、自動車に匹敵する“太い柱”にできると判断し、リスクを取りました。

  • 特集3
    屋台骨の国内を立て直すには 「壁紙」需要の塗り替えが課題

    2015年04月25日号  

    急進的な海外展開で大きく飛躍する一方で、国内にはそれほど明るい材料がなく、問題は山積みである。

  • 特集3
    自ら新興国に出て経験を積む 急進的な海外展開が持つ意味

    2015年04月25日号  

    最初は“招かれざる客”にすぎなかったが、全てはそこから始まった。2010年5月、関西ペイント事務(当時)の石野博は、英国の協力者から「南アフリカ共和国で最大の塗料メーカー(フリーワールドコーティングス)が売りに出る」との情報を入手し、連休を返上してヨハネスブルクに飛んだ。

  • 特集3
    関西ペイント 「色」で常識を塗り替える

    2015年04月25日号  

    社名には、およそ“グローバル企業”を想起させる要素はない。だが、今や関西ペイントは、連結売上高の56%を海外で稼ぐ。国内の受注生産を主体とする日本企業にとって、驚きの展開である。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 山出暁子

    真価問われる大学のコロナ対応

     コロナの感染拡大が騒がれ始めた今年2〜3月は「何だか大変そうだぞ」と思いつつ、しばらくすれば収まるだろうと高をくくっていました。が、いまだ収束の兆しナシ。どうやら長丁場になりそうです。
     今号の特集で幾つか大学を取材しました。キャンパスに学生がいない、ガランとした風景は何とも言えないものでした。この春、緊急対応に追われた大学は、今後は緊急ではない、長期化を見据えた対応が必要になります。思い描いていたキャンパスライフを送ることができない学生たちといかに向き合うか。大学の真価が問われそうです。
     コロナ長期化を見据えて向き合うといえば、私もそろそろコロナ太りと真剣に向き合わなければ……。

  • 編集長 山口圭介

    長崎の『アロハ猟師』に刺激

     朝日新聞記者の著作『アロハで猟師、はじめました』に刺激を受けました。
       著者の近藤康太郎氏は渋谷生まれで米ニューヨークにも駐在した都会派ながら、なんと私が小中高を過ごした長崎県諫早市の田舎支局で猟師になった変わり種です。その語りは単なる体験記にとどまらず、ニーチェや大岡昇平ら先人の言葉を引き合いに、生と死に基づく野性的文明論が展開され、ぐいぐい引き込まれました。
     鬼籍に入った父も狩猟が趣味で、私自身、食糧を〝現地調達〟するキャンプに強制参加させられていました。「命」と向き合う機会はそうそうありません。「3密」の世界をしばし離れ、深遠な猟の世界に足を踏み入れてみたくなりました。

先週号の案内2020年8月1日号

表紙

特集今選ぶべき会社・業界・仕事ランキング

コロナ禍で中途・新卒採用市場は激変した。そこで転職・就職市場や企業人事に通じたプロたちへの取材を敢行。ランキング8本、トップ転職エージェント31人・転職市場調査、年間MVP転職エージェント4人座談会、主要89社「働き方・採用計画」調査などの…