記事一覧:Key Wordで世界を読む262

  • smartwatch war(スマートウオッチ戦争)

    Key Wordで世界を読む
    smartwatch war(スマートウオッチ戦争)

    2019年11月23日号  

    「スマートウオッチ戦争がいよいよ本格化する(the smartwatch wars just got real)」──。11月初頭、米アップル製品を主に扱う米ニュースサイト「マックワールド」は刺激的な見出しを掲げた。

  • political advertisement(政治広告)

    Key Wordで世界を読む
    political advertisement(政治広告)

    2019年11月16日号  

    ソーシャルメディア上で政治広告(political advertisement)はうそであっても自由に認められるべきなのか、それとも一律に禁止されるべきなのか。米有力SNS(会員制交流サイト)が異なる対応を示したことで、来年の米大統領選挙を前に米政界で白熱した議論が巻き起こっている。

  • troll farm(トロールファーム)

    Key Wordで世界を読む
    troll farm(トロールファーム)

    2019年11月09日号  

    来年の米大統領選挙を控え、米フェイスブックがまたしてもロシアの「トロールファーム(troll farm)」の標的にされているようだ。

  • united Ireland(アイルランド統一)

    Key Wordで世界を読む
    united Ireland(アイルランド統一)

    2019年11月02日号  

    アイルランド統一(united Ireland)──。かつて北アイルランドを舞台に武装闘争を繰り返したアイルランド共和軍(IRA)の夢がついにかなう日が来るのだろうか。

  • the world's most important number(世界最重要数字)

    Key Wordで世界を読む
    the world's most important number(世界最重要数字)

    2019年10月26日号  

    金融関係者の間で長らく「世界最重要数字(the world's most important number)」と呼ばれてきた金利をご存じだろうか。「ロンドン銀行間取引金利(London interbank offered rate)」、略して「LIBOR(ライボー)」のことだ。

  • clean meat(クリーンミート)

    Key Wordで世界を読む
    clean meat(クリーンミート)

    2019年10月19日号  

    家畜から生産される伝統的食肉(conventional meat)の終わりの始まりなのだろうか。9月末、ハンバーガーチェーン世界最大手である米マクドナルドがカナダで新商品「PLT」の試験販売を始めたのだ。

  • deep tech(ディープテック)

    Key Wordで世界を読む
    deep tech(ディープテック)

    2019年10月12日号  

    これからの世の中に大変革(disruption)をもたらすのは「ハイテク(high tech)」ではなく「ディープテック(deep tech)」なのだろうか。そう考える投資家は多いようだ。

  • last internal combustion engine(最後の内燃機関)

    Key Wordで世界を読む
    last internal combustion engine(最後の内燃機関)

    2019年10月05日号  

    19世紀後半に誕生し、モータリゼーションの原動力になってきた内燃機関。電気自動車(electric vehicle=EV)へのシフトが鮮明になった今、いよいよ歴史的役割を終えるタイミングに近づきつつあるのだろうか。

  • phantom capital(ファントム資本)

    Key Wordで世界を読む
    phantom capital(ファントム資本)

    2019年09月28日号  

    外国での企業買収や工場建設などと定義される対外直接投資(foreign direct investment=FDI)。人口60万人の小国ルクセンブルクがFDIの受け入れ規模で米国と肩を並べ、中国を大幅に上回ると聞けば、多くの人はにわかには信じられないだろう。

  • Brexodus(ブレクソダス)

    Key Wordで世界を読む
    Brexodus(ブレクソダス)

    2019年09月21日号  

    欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の期限を10月末に控え、ますます混迷を深める英国。国内経済の空洞化につながる「ブレクソダス(Brexodus)」が加速するのも無理はない。

  • lungs of the earth(地球の肺)

    Key Wordで世界を読む
    lungs of the earth(地球の肺)

    2019年09月14日号  

    8月下旬にフランスで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)。ホスト役のエマニュエル・マクロン仏大統領は南米アマゾンの森林火災(forest fire)を主要テーマの一つにしようと考え、サミット直前にツイートした。

  • forensic accounting(フォレンジック会計)

    Key Wordで世界を読む
    forensic accounting(フォレンジック会計)

    2019年09月07日号  

    「フォレンジック会計(forensic accounting)」をご存じだろうか。経済犯罪の捜査手法を取り入れて不正を暴く会計分野のことだ。米コングロマリット(複合企業)のゼネラル・エレクトリック(GE)を巡って、改めて脚光を浴びている。

  • Hong Kong's disinformation war(香港偽情報戦争)

    Key Wordで世界を読む
    Hong Kong's disinformation war(香港偽情報戦争)

    2019年08月31日号  

    逃亡犯条例改正案(extradition bill)をめぐって香港の抗議活動が先鋭化し、8月12日には数千人の市民が香港国際空港のロビーを一時占拠した。

  • Extinction Rebellion(エクスティンクション・レベリオン=XR)

    Key Wordで世界を読む
    Extinction Rebellion (エクスティンクション・レベリオン=XR)

    2019年08月24日号  

    7月15日、英国。ロンドン、カーディフ、リーズ、ブリストル、グラスゴー各都市の大通りに、大勢の環境活動家(environmental activist)と共に色鮮やかなヨットが突如として出現。

  • artificial general intelligence(汎用人工知能)

    Key Wordで世界を読む
    artificial general intelligence(汎用人工知能)

    2019年08月10日号  

    今後市場の急拡大が見込まれる人工知能(AI)。いずれは人間をも凌駕する「汎用人工知能(artificial general intelligence=AGI)」へ進化するのだろうか。その可能性大と考える有力IT(情報技術)企業の一つが米マイクロソフトだ。7月22日、AGIの開発で知られる米「オープンAI」に10億ドル(約1100億円)出資すると発表した。

  • electric trike(電動トライク)

    Key Wordで世界を読む
    electric trike(電動トライク)

    2019年08月03日号  

    電気自動車(EV)業界で米テスラに対抗できるのは、2015年にカナダで設立されたエレクトラ・メカニカではないか──。業界関係者や投資家の間でそんな見方が出ている。

  • Baked Alaska(ベイクドアラスカ)

    Key Wordで世界を読む
    Baked Alaska(ベイクドアラスカ)

    2019年07月27日号  

    「べイクドアラスカ(Baked Alaska)」と聞けば、米国伝統のデザートを思い浮かべる人が多いだろう。雪山のようなメレンゲで覆われており、極寒地アラスカを彷彿とさせるお菓子である。しかし、ここにきて米国のメディアをにぎわしている「ベイクドアラスカ」はお菓子ではない。

  • Deutsche Bank collapse(ドイツ銀行崩壊)

    Key Wordで世界を読む
    Deutsche Bank collapse(ドイツ銀行崩壊)

    2019年07月20日号  

    米ニューヨーク・ウォール街のど真ん中にそびえ立つ「ドイツ銀行米国本店ビル」。米通信社ブルームバーグによれば、役員フロアには引っ越し用の段ボールが積まれ、一部の若手トレーダーは昼間から近くのパブでビールを飲んでいるという。

  • health care merger spree(ヘルスケア買収熱)

    Key Wordで世界を読む
    health care merger spree(ヘルスケア買収熱)

    2019年07月13日号  

    米ヘルスケア業界を舞台に買収熱(merger spree)が高まっている。新薬の特許切れ(patent expiration)に直面する業界大手が新たな収益源を求め、大型M&A(企業の合併・買収)に相次ぎ乗り出しているためだ。

  • Tesla woes(テスラの災難)

    Key Wordで世界を読む
    Tesla woes(テスラの災難)

    2019年07月06日号  

    飛ぶ鳥を落とす勢いだった電気自動車(EV)メーカーの米テスラ。第1四半期に赤字転落するなどで、ここにきて混迷を極めている。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービスの提供を終了いたします

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    傷だらけの名車の思い出

    初めて自腹で自動車を購入したのは新聞社の地方支局時代。格安のトヨタのコロナでした。  傷だらけのオンボロ車で、現場では「これ、廃車じゃないの?」などと他社の記者によくからかわれました。  それでも、仙台の同僚OL殺人事件、会津若松の母親首切り殺人事件、岩手・宮城内陸地震など、東北中の現場を一緒に回っているうちに何だか愛着が湧いてきました。  思わぬ恩恵もありました。傷だらけの車体をふびんに思ったのか、私の車を見た取材相手は結構な頻度でネタをささやいてくれるのです。  今号の「未来に残したい名車」にも「復活してほしい名車」にも入っていませんが、私にとってはコスパのいい名車でした。

  • 編集部 新井美江子

    『生き残り力』ランキング作成の裏話

    「車載製品を手掛けるメーカーをなるべくたくさん集めて、『生き残り力』ランキングを作成せよ」。上司(鬼)のこの一言で私は記者人生で一、二を争う地獄の10日間を送ることになりました。  だって、まずどの企業が車載製品を展開しているか分からないのです。おまけに自動車部品にまつわる各社の一口メモも欲しいという。公表資料を読みあさり、分からなければ問い合わせ……。  いよいよ間に合わず、周りの数人に泣き付いてどうにか仕上がりました。が、実はこの間、私はひどい風邪をひいていまして。某同僚は手伝ってくれたばかりに「新井菌」に侵されるという散々な状況に陥ったと思われます。  どこかでツル張りの恩返しをしようと思います。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
2020年読者モニター 読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!