昨年12月にスペイン・マドリードで開かれた国際会議で石炭火力発電(coal-fired power)の削減に踏み込めず、環境団体から「化石賞(Fossil of the Day)」を贈られた日本。日本と同様に石炭依存度が高いドイツはどうするのか。石炭削減どころか石炭全廃である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。