記事一覧:特集 Part22827

  • 特集 Part2
    41 2012~16年未来年表 試練をチャンスに転換し 成長路線に踏み出せるか

    2011年12月24日号  

    2011年は東日本大震災、福島第1原発事故に伴う電力不足、世界経済の不安定、超円高など、さまざまな試練に直面し、まさに激震の年であった。しかし、見方を変えると、今後の日本の発展における布石が打たれた年であった。

  • 特集 Part2
    42 世界の潮流 特別寄稿 経済のみならず政治も混乱 「根拠ある悲観論」の年になる

    2011年12月24日号  

    米国経済および欧州危機はどこに向かおうとしているのか。ユーロはどうなるのか──。ノーベル経済学賞受賞者で、米国の経済格差拡大にいち早く警鐘を鳴らしたスティグリッツ教授が2012年を鋭く予測する。

  • 特集 Part2
    43 オバマ政権 特別寄稿 外交で大きな成果を上げた オバマ大統領の次なる戦略

    2011年12月24日号  

     世界は、バラク・オバマについて、米国内の厄介な政争で弱体化した指導者と見ているかもしれない。だが、2012年大統領選挙に向けた動きが活発化するなかで、米国民は依然として彼を「外交面では強力かつ有能な指導者」と見ている。実際、オバマによる外交政策全般を支持する米国民は全体の49%、同じくテロ対策については63%、イラク撤退については52%と高い(それとは対照的に、経済政策については30%、財政赤字に対するアプローチについてはわずか26%にしか支持されていないのだが)。

  • 特集 Part2
    39 地方自治 大阪と名古屋が示す期待と教訓 行革に必要な戦略と実務能力

    2011年12月24日号  

     名古屋のダブル選挙(2月)で始まった2011年は、日本の地方政治にとって歴史的な1年となった。地方議会や首長への住民の不信や不満が極限にまで達し、各地でリコール運動が連鎖反応的に展開された。その一方、統一地方選挙では投票率が低迷し、過去最低を記録した地域が続出した。東日本大震災の影響も大きかったが、自治への思いを消失させ、自らの権利を放棄する住民が各地で大量発生した。

  • 特集 Part2
    相続問題も併せて解決 事業承継のお得な使い方

    2011年12月17日号  

    事業承継を行ううえで共に考えねばならないのが、税務と相続の問題だ。事業承継をうまく利用すれば、これらも一挙に解決できる。まさに一石三鳥である。その四つのテクニックを紹介しよう。

  • 特集 Part2
    保有資産の圧縮がカギ 事業承継ノウハウ徹底解説

    2011年12月17日号  

    事業承継は後継者を選定することからすべてが始まる。親族内承継か従業員や外部人材への親族外承継、そしてM&Aの三つ。それぞれのメリット・デメリットを見ていこう。

  • 特集 Part2
    Part2 事業承継で会社を残す

    2011年12月17日号  

    日本の中小企業で、うまく事業承継をするのは難しい。しかし、あいまいなままにしておけば、経営者の病気や死亡などで、突然、相続の問題や従業員の雇用などに影響が出かねない。ついつい先延ばしにしてしまいがちな事業承継だが、早めに対処しておくに越したことはないのだ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    今年は自粛した「耳栓必須」のお盆の帰省

     夕暮れ時、親戚一同でお墓に行くと、大人たちは酒を飲み始め、子供たちは花火に興じる──。実家のある長崎では、これがお盆の墓参りの日常です。
     墓地の至る所でロケット花火が飛び交い、爆竹が鳴り響きます。お墓で花火は不謹慎なんて言われたら、長崎っ子は「じゃあ、どこでするとね」と困惑するでしょう。
     初盆の故人を送る「精霊流し」の8月15日はさらにヒートアップします。爆竹の箱を何個もまとめて燃やす酔狂者が続出し、パンパンパンではなく、ドドドドドという爆音が街中を埋め尽くします。
     今年はお盆の帰省を自粛しました。来夏までには日常を取り戻し、実家で耳栓必須のにぎやかなお盆を過ごしたいものです。

  • 編集部 塙 花梨

    自己犠牲で成り立つ脆弱なエンタメの灯

     家での仕事が一段落したら、取りあえずNETFLIXを起動。この流れは私の毎日のルーティンに組み込まれています。思い起こせば幼少期から漫画や映画に熱中し、まさにエンタメ漬けの日々でした。
     一見、華やかなエンタメ業界ですが、実際に取材をすると、自己犠牲で成り立つ脆弱な構造をしていて、コロナ危機で、その事実がより浮き彫りになってしまった。
     それでもエンタメは、私たちに笑いや感動を届けてくれます。「エンターテインメント」の語源は、ラテン語のinterとtenereだそうです。interは「一緒に」、tenereは「保つ、維持する」という意味。一緒に苦境を乗り越え、どうにかエンタメの灯を残せたらと願うばかりです。

先週号の案内2020年8月8日号

表紙

特集コロナで激変! 大学 序列・入試

新型コロナウイルス感染拡大の影響が大学の姿を一変させている。コロナ禍で大学と学生の間に巻き起こった「新大学闘争」、激変する大学序列、そして「ウィズコロナ」時代に実施される大学入試の姿とその傾向に迫った。

特集23ステップで超理解! プロが教える 株&為替予測入門

新型コロナウイルスの影響で、株や為替の市場環境が激変している。先行きが気になる人も多いだろうが、予測ノウハウの原理原則は不変。夏休みの今こそ、基本を学び直す好機だ。そこで本特集では、一級の専門家に指南してもらう形で三つの段階を踏みながら、相…