記事一覧:特集 Part22827

  • 特集 Part2
    41 2012~16年未来年表 試練をチャンスに転換し 成長路線に踏み出せるか

    2011年12月24日号  

    2011年は東日本大震災、福島第1原発事故に伴う電力不足、世界経済の不安定、超円高など、さまざまな試練に直面し、まさに激震の年であった。しかし、見方を変えると、今後の日本の発展における布石が打たれた年であった。

  • 特集 Part2
    42 世界の潮流 特別寄稿 経済のみならず政治も混乱 「根拠ある悲観論」の年になる

    2011年12月24日号  

    米国経済および欧州危機はどこに向かおうとしているのか。ユーロはどうなるのか──。ノーベル経済学賞受賞者で、米国の経済格差拡大にいち早く警鐘を鳴らしたスティグリッツ教授が2012年を鋭く予測する。

  • 特集 Part2
    43 オバマ政権 特別寄稿 外交で大きな成果を上げた オバマ大統領の次なる戦略

    2011年12月24日号  

     世界は、バラク・オバマについて、米国内の厄介な政争で弱体化した指導者と見ているかもしれない。だが、2012年大統領選挙に向けた動きが活発化するなかで、米国民は依然として彼を「外交面では強力かつ有能な指導者」と見ている。実際、オバマによる外交政策全般を支持する米国民は全体の49%、同じくテロ対策については63%、イラク撤退については52%と高い(それとは対照的に、経済政策については30%、財政赤字に対するアプローチについてはわずか26%にしか支持されていないのだが)。

  • 特集 Part2
    39 地方自治 大阪と名古屋が示す期待と教訓 行革に必要な戦略と実務能力

    2011年12月24日号  

     名古屋のダブル選挙(2月)で始まった2011年は、日本の地方政治にとって歴史的な1年となった。地方議会や首長への住民の不信や不満が極限にまで達し、各地でリコール運動が連鎖反応的に展開された。その一方、統一地方選挙では投票率が低迷し、過去最低を記録した地域が続出した。東日本大震災の影響も大きかったが、自治への思いを消失させ、自らの権利を放棄する住民が各地で大量発生した。

  • 特集 Part2
    相続問題も併せて解決 事業承継のお得な使い方

    2011年12月17日号  

    事業承継を行ううえで共に考えねばならないのが、税務と相続の問題だ。事業承継をうまく利用すれば、これらも一挙に解決できる。まさに一石三鳥である。その四つのテクニックを紹介しよう。

  • 特集 Part2
    保有資産の圧縮がカギ 事業承継ノウハウ徹底解説

    2011年12月17日号  

    事業承継は後継者を選定することからすべてが始まる。親族内承継か従業員や外部人材への親族外承継、そしてM&Aの三つ。それぞれのメリット・デメリットを見ていこう。

  • 特集 Part2
    Part2 事業承継で会社を残す

    2011年12月17日号  

    日本の中小企業で、うまく事業承継をするのは難しい。しかし、あいまいなままにしておけば、経営者の病気や死亡などで、突然、相続の問題や従業員の雇用などに影響が出かねない。ついつい先延ばしにしてしまいがちな事業承継だが、早めに対処しておくに越したことはないのだ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 野村聖子

    持ち場で黙々とベストを尽くす人こそ信頼できる専門家

     物事の正誤を判断するとき、いくら自分が〝科学的〟だと自負していても、人間である以上、必ず主観が入るものです。科学的な思考の第一歩とは、まずそれを自覚することから始まるのではないでしょうか。
    「自分は科学的な思考の持ち主である」と断言する〝専門家〟、個人的にこのような方は、発言の中身にかかわらず信用しないことをお勧めします。〝ニセ医学〟を批判して、「自分は正しい」と豪語する人もまた、科学を宗教化しているという意味では、ニセ科学の提唱者と変わりがないからです。
     何事も声高に主張せず、おのおのの持ち場で黙々とベストを尽くす人こそが、本当に信頼できる専門家といえるのかもしれません。

  • 編集長 山口圭介

    近視眼的な政策が優先されがちな今こそ池尾氏の言葉噛み締めて

     弊誌が大変お世話になった慶應大学名誉教授の池尾和人氏が2月21日、永眠されました。68歳でした。
     池尾氏の著作『現代の金融入門』は学生時代の必読の書であり、金融担当の記者になってからも金融危機の経験を盛り込んだ新版を幾度となく読み返しました。
     池尾氏はかつて「金融ビッグバン」の必要性を主張し、2015年には「コーポレートガバナンス・コード」の策定にも関与するなど、現実の政策にも貢献しようと尽力してきました。
     国家百年の計とは言わないまでも「国家25年の計」を訴えた池尾氏。近視眼的な政策が優先されがちな今こそ、経済報道の片隅を担う存在として池尾氏の言葉をかみ締めて仕事に臨みます。

先週号の案内2021年2月27日号

表紙

特集株・不動産・節税で 資産1億円

資産1億円──。一般人にとっては縁遠い金額だが、世の中には手元資金数十万円から、1億円を超える資産を築き上げた猛者たちがいる。本特集では、その“偉業”を成し遂げた名物投資家たちの投資手法を詳述し、かつインタビューを通して「億り人」となった背…

特集2事例で学ぶ (新)ビジネスモデル解剖

グローバル化による国際競争の激化やデジタル技術の台頭で、既存の業界が一瞬で破壊されることが多くなった。さらにコロナ禍で事業を取り巻く環境は一変した。不確実で変化の早い現代に求められるのは、過去の成功パターンの踏襲ではなく新たな勝ち筋の発見だ…