記事一覧:Close Up709

  • リクルートが人材派遣世界4位へ「海外」「専門職」狙いM&A活発化

    Close Up
    リクルートが人材派遣世界4位へ 「海外」「専門職」狙いM&A活発化

    2012年02月04日号  

    年末年始にかけて、人材派遣大手による大型買収が相次いだ。労働者派遣法が施行されて以降、国内派遣市場は急拡大したが、2008年度をピークに縮小に転じた。大手は国内シェア拡大、海外進出に活路を見出すが、職種・地域に特徴のない中小企業は競争から引きずり落とされる。業界の再編淘汰がこれから始まる。

  • 最有力のソニーを軸に最終調整オリンパス提携先争奪戦の内幕

    Close Up
    最有力のソニーを軸に最終調整 オリンパス提携先争奪戦の内幕

    2012年02月04日号  

    不正会計で揺れるオリンパスの提携先探しが大詰めを迎えている。多くの企業がラブコールを送るなか、本誌オンラインで既報のとおり、ソニーが最有力候補として浮上、最終調整を進めてきた。だが、土壇場で他社が猛烈な巻き返しに出ており、予断を許さない。提携先をめぐるオリンパス争奪戦の全内幕を追った。

  • 有機ELテレビの幕が開いた世界最大の家電見本市CES

    Close Up
    有機ELテレビの幕が開いた 世界最大の家電見本市CES

    2012年01月28日号  

    2012年1月10~13日、世界最大の家電見本市であるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)が米国ネバダ州ラスベガスにて開催された。今回で46回目の伝統ある見本市の出展企業は約2700社を数え、来場者は14万人を超えた。にぎわう会場の中でも、ひときわ華やかな次世代テレビの姿を追った。

  • 格下げとギリシャ支援頓挫で欧州が直面する「3月危機」

    Close Up
    格下げとギリシャ支援頓挫で 欧州が直面する「3月危機」

    2012年01月28日号  

    欧州時間の1月13日、米格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)が、最上級のトリプルAの格付けを持つフランスなど欧州9ヵ国の一斉格下げを発表した。欧州債務危機に対するユーロ圏の取り組みが不十分、との理由からだ。そこに追い打ちをかけるように深刻な事態が持ち上がっている。ギリシャ危機の再燃だ。

  • プラチナバンド争奪戦で露呈した「電波オークション導入」の欺瞞

    Close Up
    プラチナバンド争奪戦で露呈した 「電波オークション導入」の欺瞞

    2012年01月21日号  

    携帯電話事業者の垂涎の的であるつながりやすい電波(プラチナバンド)の争奪戦が山場を迎えている。だが、そこで露呈したのは割り当ての制度の欠陥だ。総務省は初めて「オークション的な考え方」を導入するといったのだが、まやかしともいうべき問題点がある。このままでは将来に禍根を残しかねない。

  • 東京電力、「債務の株式化」を検討再建に向けた“神経戦”は大詰め

    Close Up
    東京電力、「債務の株式化」を検討 再建に向けた“神経戦”は大詰め

    2012年01月14日号  

    東京電力の中長期の再建策を示す「総合特別事業計画」で、「一時的な公的管理」が検討されている。3月末までに策定される予定で、東電、政府、金融機関などの思惑が交錯した“神経戦”は大詰め段階に入った。政府は国民の納得感を模索するなかで、「債務の株式化」などを検討している。

  • スピード重視の「チーム橋下」新大阪市長が挑む三つのねじれ

    Close Up
    スピード重視の「チーム橋下」 新大阪市長が挑む三つのねじれ

    2012年01月07日号  

    大阪再生を図るため市長への転身を果たした橋下徹氏。初登庁日から改革の道を全力疾走している。まずは、制度疲労著しい統治機構の刷新と水ぶくれした市の徹底スリム化だ。地方分権と真の民主主義の確立を目指す大阪維新の改革。その要となる都構想実現に向け、大きな一歩を踏み出した橋下市政の初動を追う。

  • 成果乏しいEU首脳会議欧州一斉格下げの危機

    Close Up
    成果乏しいEU首脳会議 欧州一斉格下げの危機

    2011年12月24日号  

    12月8日の欧州中央銀行(ECB)理事会と、9日まで2日間にわたって行われた欧州連合(EU)首脳会議は、欧州債務危機の行方を決める最重要会合として注目を集めた。ある程度は危機対応の進展が見られたものの、足元の火種であるギリシャや周辺の重債務国、さらには欧州の銀行の資金繰り危機は去っていない。

  • 増資インサイダー疑惑で新展開当局が狙う10社リストの震撼

    Close Up
    増資インサイダー疑惑で新展開 当局が狙う10社リストの震撼

    2011年12月17日号  

    昨年夏以降に相次ぎ浮上した増資インサイダー疑惑をめぐり、証券取引等監視委員会の調査が大詰めを迎えている。日本市場の信頼を大きく失墜させたこの疑惑には、法の抜け穴を熟知した国内外のヘッジファンドや運用会社が絡んでいると見られ、市場の番人は難しい決断を迫られている。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 野村聖子

    持ち場で黙々とベストを尽くす人こそ信頼できる専門家

     物事の正誤を判断するとき、いくら自分が〝科学的〟だと自負していても、人間である以上、必ず主観が入るものです。科学的な思考の第一歩とは、まずそれを自覚することから始まるのではないでしょうか。
    「自分は科学的な思考の持ち主である」と断言する〝専門家〟、個人的にこのような方は、発言の中身にかかわらず信用しないことをお勧めします。〝ニセ医学〟を批判して、「自分は正しい」と豪語する人もまた、科学を宗教化しているという意味では、ニセ科学の提唱者と変わりがないからです。
     何事も声高に主張せず、おのおのの持ち場で黙々とベストを尽くす人こそが、本当に信頼できる専門家といえるのかもしれません。

  • 編集長 山口圭介

    近視眼的な政策が優先されがちな今こそ池尾氏の言葉噛み締めて

     弊誌が大変お世話になった慶應大学名誉教授の池尾和人氏が2月21日、永眠されました。68歳でした。
     池尾氏の著作『現代の金融入門』は学生時代の必読の書であり、金融担当の記者になってからも金融危機の経験を盛り込んだ新版を幾度となく読み返しました。
     池尾氏はかつて「金融ビッグバン」の必要性を主張し、2015年には「コーポレートガバナンス・コード」の策定にも関与するなど、現実の政策にも貢献しようと尽力してきました。
     国家百年の計とは言わないまでも「国家25年の計」を訴えた池尾氏。近視眼的な政策が優先されがちな今こそ、経済報道の片隅を担う存在として池尾氏の言葉をかみ締めて仕事に臨みます。

先週号の案内2021年2月27日号

表紙

特集株・不動産・節税で 資産1億円

資産1億円──。一般人にとっては縁遠い金額だが、世の中には手元資金数十万円から、1億円を超える資産を築き上げた猛者たちがいる。本特集では、その“偉業”を成し遂げた名物投資家たちの投資手法を詳述し、かつインタビューを通して「億り人」となった背…

特集2事例で学ぶ (新)ビジネスモデル解剖

グローバル化による国際競争の激化やデジタル技術の台頭で、既存の業界が一瞬で破壊されることが多くなった。さらにコロナ禍で事業を取り巻く環境は一変した。不確実で変化の早い現代に求められるのは、過去の成功パターンの踏襲ではなく新たな勝ち筋の発見だ…