記事一覧:Close Up709

  • リクルートが人材派遣世界4位へ「海外」「専門職」狙いM&A活発化

    Close Up
    リクルートが人材派遣世界4位へ 「海外」「専門職」狙いM&A活発化

    2012年2月4日号  

    年末年始にかけて、人材派遣大手による大型買収が相次いだ。労働者派遣法が施行されて以降、国内派遣市場は急拡大したが、2008年度をピークに縮小に転じた。大手は国内シェア拡大、海外進出に活路を見出すが、職種・地域に特徴のない中小企業は競争から引きずり落とされる。業界の再編淘汰がこれから始まる。

  • 最有力のソニーを軸に最終調整オリンパス提携先争奪戦の内幕

    Close Up
    最有力のソニーを軸に最終調整 オリンパス提携先争奪戦の内幕

    2012年2月4日号  

    不正会計で揺れるオリンパスの提携先探しが大詰めを迎えている。多くの企業がラブコールを送るなか、本誌オンラインで既報のとおり、ソニーが最有力候補として浮上、最終調整を進めてきた。だが、土壇場で他社が猛烈な巻き返しに出ており、予断を許さない。提携先をめぐるオリンパス争奪戦の全内幕を追った。

  • 有機ELテレビの幕が開いた世界最大の家電見本市CES

    Close Up
    有機ELテレビの幕が開いた 世界最大の家電見本市CES

    2012年1月28日号  

    2012年1月10~13日、世界最大の家電見本市であるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)が米国ネバダ州ラスベガスにて開催された。今回で46回目の伝統ある見本市の出展企業は約2700社を数え、来場者は14万人を超えた。にぎわう会場の中でも、ひときわ華やかな次世代テレビの姿を追った。

  • 格下げとギリシャ支援頓挫で欧州が直面する「3月危機」

    Close Up
    格下げとギリシャ支援頓挫で 欧州が直面する「3月危機」

    2012年1月28日号  

    欧州時間の1月13日、米格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)が、最上級のトリプルAの格付けを持つフランスなど欧州9ヵ国の一斉格下げを発表した。欧州債務危機に対するユーロ圏の取り組みが不十分、との理由からだ。そこに追い打ちをかけるように深刻な事態が持ち上がっている。ギリシャ危機の再燃だ。

  • プラチナバンド争奪戦で露呈した「電波オークション導入」の欺瞞

    Close Up
    プラチナバンド争奪戦で露呈した 「電波オークション導入」の欺瞞

    2012年1月21日号  

    携帯電話事業者の垂涎の的であるつながりやすい電波(プラチナバンド)の争奪戦が山場を迎えている。だが、そこで露呈したのは割り当ての制度の欠陥だ。総務省は初めて「オークション的な考え方」を導入するといったのだが、まやかしともいうべき問題点がある。このままでは将来に禍根を残しかねない。

  • 東京電力、「債務の株式化」を検討再建に向けた“神経戦”は大詰め

    Close Up
    東京電力、「債務の株式化」を検討 再建に向けた“神経戦”は大詰め

    2012年1月14日号  

    東京電力の中長期の再建策を示す「総合特別事業計画」で、「一時的な公的管理」が検討されている。3月末までに策定される予定で、東電、政府、金融機関などの思惑が交錯した“神経戦”は大詰め段階に入った。政府は国民の納得感を模索するなかで、「債務の株式化」などを検討している。

  • スピード重視の「チーム橋下」新大阪市長が挑む三つのねじれ

    Close Up
    スピード重視の「チーム橋下」 新大阪市長が挑む三つのねじれ

    2012年1月7日号  

    大阪再生を図るため市長への転身を果たした橋下徹氏。初登庁日から改革の道を全力疾走している。まずは、制度疲労著しい統治機構の刷新と水ぶくれした市の徹底スリム化だ。地方分権と真の民主主義の確立を目指す大阪維新の改革。その要となる都構想実現に向け、大きな一歩を踏み出した橋下市政の初動を追う。

  • 成果乏しいEU首脳会議欧州一斉格下げの危機

    Close Up
    成果乏しいEU首脳会議 欧州一斉格下げの危機

    2011年12月24日号  

    12月8日の欧州中央銀行(ECB)理事会と、9日まで2日間にわたって行われた欧州連合(EU)首脳会議は、欧州債務危機の行方を決める最重要会合として注目を集めた。ある程度は危機対応の進展が見られたものの、足元の火種であるギリシャや周辺の重債務国、さらには欧州の銀行の資金繰り危機は去っていない。

  • 増資インサイダー疑惑で新展開当局が狙う10社リストの震撼

    Close Up
    増資インサイダー疑惑で新展開 当局が狙う10社リストの震撼

    2011年12月17日号  

    昨年夏以降に相次ぎ浮上した増資インサイダー疑惑をめぐり、証券取引等監視委員会の調査が大詰めを迎えている。日本市場の信頼を大きく失墜させたこの疑惑には、法の抜け穴を熟知した国内外のヘッジファンドや運用会社が絡んでいると見られ、市場の番人は難しい決断を迫られている。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 永吉泰貴

    「卒業後 悪夢 留年」と検索すると同様の被害者が大勢

     先日、「2単位足りず卒業できない」夢を見ました。大学を卒業してから3年以上たちますが、度々この悪夢に襲われます。
     ネットで「卒業後 悪夢 留年」と検索すると、同様の被害者が大勢いました。中には留年で悩んだ経験がない人も。授業をサボって留年スレスレだった私に原因があるのか、留年の恐怖自体が一部の人間の本能に根付いているのか、謎は深まるばかりです。
     今号の大学特集は、大学選びに役立つ情報を提供しています。ただし、わが子が大学に合格しても、企業から内定が出ても、安心してはいけません。かつての私のように、怠惰な学生はごまんといます。どうか「大学卒業」が確定するまで、慢心せずに目を光らせていてください。

  • 編集長 山口圭介

    成長戦略なき日本だけが低賃金の袋小路

     久しぶりにのんびりした週末、痛飲しながらBNPパリバ証券の河野龍太郎氏が上梓した『成長の臨界』を通読しました。
     アベノミクス以降、都合の良い解釈で財政や金融政策を語る識者が増える中、冷徹な仮説と客観データに基づく分析は示唆に富んでいます。
     河野氏は本書で成長期待を持てない日本企業はもうかってもため込むため、賃上げが進まず、個人消費が低迷する──という悪循環が日本を長期低迷させたと喝破します。
     主要国の中で成長戦略なき日本だけが、低賃金の袋小路に迷い込んだままです。
     新型コロナも同様。主要国ではもはや終わった問題なのに、覚悟も戦略もない日本は今もコロナ禍の悪循環から抜け出せずにいます。

最新号の案内2022年8月6日・13日合併特大号

表紙

特集入試 序列 就職 激変! 大学

2020年以降、コロナ禍で大揺れしてきた大学が、ようやく平常化に向けて動きだした。しかし、およそ半年後に迫った23年の大学入試では、前回難化した大学入学共通テストの見直しや、私立大学難化の原因である私大定員厳格化の緩和など、激変が確実視され…

特集2号砲! 量子レース

「夢の計算機」を最初に使いこなすのは誰か──。将来の市場規模は110兆円超とも期待される量子産業。一番乗りを実現すれば利益の〝総取り〟も夢ではない。岸田政権は「新しい資本主義」実現に向け、量子技術を重点投資分野に選んだ。号砲が鳴った量子コン…