記事一覧:ネンドの鮮度「デザイン目線」タテヨコナナメ56

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    〝肉食系〟はコロナ混乱期に大型案件仕込み中

     アクティビスト、PEファンド、商社関係者など〝肉食系〟の方々と情報交換する機会が徐々に戻ってきました。彼らに共通していたのは、コロナ混乱期は仕込みの好機という見立てです。
     いわく「コロナ後の企業にはDX(デジタルトランスフォーメーション)に加えてPXが必要。Pは事業ポートフォリオで、その最適化が加速する」「事業売却の案件が一気に増え、業界再編の話も出てくる」──。
     実現するかは別として、大型案件が水面下で幾つも動いているのは間違いありません。
     一方、コロナ後の情勢がはっきりするまでは様子見という〝草食系〟企業も少なくありません。ただ、霧が晴れたとき、勝負は往々にして決しているものです。

  • 副編集長 臼井真粧美

    自宅前の新築工事がウェブ会議を妨害

     自宅前でマンションの新築工事が大詰めを迎えています。緊急事態宣言が発令されても、ゴールデンウイーク期間中であっても、工事はひたすら続きました。
     家でウェブ会議や仕事の電話をしていると、工事の音で相手の声が聞き取れなかったりし、ほとほと困りました。
     この工事の音が鳴り響く中での取材で、コロナ対策により工事が止まったという話が出ると「一部はね」と、現場の感染対策は十分と聞けば「いやいや」と、心の中で都度突っ込みを入れていました。
     最近、現場の覆いが外され、ピカピカの建物が姿を現しました。職人たちが感染リスクを取った分、外観を見る限りは、もう完成に近い段階。分譲価格と売れ行きが気になります。

先週号の案内2020年7月4日号

表紙

特集保険 コロナ時代の最強見直し術

コロナ禍が家計を直撃する中で、支出が年平均40万円前後にもなる民間保険の見直しは待ったなしの状況だ。必要な保障とは何か、保険各社のアフターフォローや経営はどうなっているのかなど、さまざまな角度から保険との向き合い方を探った。

特集2コーヒーの経済学

新型コロナウイルスの影響によりコーヒービジネスに異変が起こっている。全体の消費は減少する一方、家で楽しむコーヒーの需要が増加。コーヒー市場の新しい明暗が浮かび上がった。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
いますぐ資料請求!