記事一覧:特集 Part792

  • 特集 Part7
    【65 アプリ】 バートランド・シュミット(アップアニーCEO)インタビュー

    2014年12月27日号  

    日本のスマホの浸透率は米国より小さいもののアプリの収益性は上回っています。2014年4月に、グーグルの「グーグルプレイ」とアップルの「iOS」を合算したアプリ市場において、日本が米国を逆転しました。

  • 特集 Part7
    【64 新技術】 ホリエモンが注目する 国家を揺るがすイノベーション

    2014年12月27日号  

    くだらないテーマですね。ただ単に私が注目している技術、というか詳しくなっていることについて述べます。なぜならこの話は、別に15年に限った話でもなく、以前から注目している人は注目しているものですし、これが流行する時期を予測するのは不可能だからです。

  • 特集 Part7
    【63 ベンチャー】 既存のモデルをぶっ壊す 変革者たちの大きな挑戦

    2014年12月27日号  

    直径10センチメートルに満たないL字に曲がったパイプの中を、数珠つなぎになった球体のロボットがその体を回転させながらゆっくりとはって進んでいく──。東京工業大学発ベンチャーのハイボットが開発した「テース(THES)」に、石油会社や化学メーカーが熱い視線を送っている。

  • 特集 Part7
    【Column】 裏バイブル

    2014年05月24日号  

    中国で就職先として公務員は別格の人気だ。だが、その給与は意外と低い。中央政府の課長クラスで月5000元(約8万円)程度。それでも、一族から公務員が出れば親戚一同が尊敬されるのだという。また各種手当や福利厚生、年金などが大きく、表に出ない「灰色」の収入が多いとの批判もある。職種や地域にもよる。学生たちに最も不人気なのは気象局。理由は「特権がないから」だ。

  • 特集 Part7
    丹羽宇一郎(前駐中国大使)インタビュー

    2014年05月24日号  

    4月に故・胡耀邦元中国共産党総書記の長男である胡徳平氏が日本を訪れ、2年ぶりに会った。耀邦氏は、後に天安門事件に発展する民主化を導いた改革派であり、徳平氏は習近平国家主席と直接話ができる人物だ。徳平氏が安倍晋三首相ら日本の政府要人と会談したことから、訪日の思惑について臆測を呼んでいる。

  • 特集 Part7
    【寄稿】 中国軍事力増強の“意図”

    2014年05月24日号  

    近年、中国は「海洋権益の保護」を掲げ、海軍の軍備増強と活動の拡大が著しい。こうした中国の軍事力増強に懸念を示すのは日本だけではない。2014年3月4日に発表された、米国の4年ごとの戦略の見直しであるQDR2014も、「中国が人民解放軍を近代化する意図」について疑念を示している。

  • 特集 Part7
    【寄稿】中米 「新大国関係」と 日本のポジション

    2014年05月24日号  

    中国の台頭と米国の相対的な後退の中で、中国は軍事力を強化し、積極的に海洋に進出しようとしている。周辺国に対しては緊密な経済関係を維持しつつ、主権や安全保障の面では譲歩しない。

  • 特集 Part7
    膨張する中国の野心 日中関係改善の糸口はあるか

    2014年05月24日号  

    「万が一にも訴えられたときには、しかるべき弁護士を紹介してもらえないでしょうか」ある日系企業の法務担当者は、“有事”に備えて、中国の弁護士事務所を駆けずり回っている。4月19日、中国の裁判所が、1936年の船舶賃貸借をめぐる損害賠償訴訟で、商船三井の鉄鉱石運搬船を差し押さえた事実が発覚した。また、今年2月以降、戦時中の日系企業による中国人労働者の強制連行をめぐる提訴が相次いでいる。

  • 特集 Part7
    使える! スマホ周辺機器

    2013年01月05日号  

    スマートフォンにも、パソコンのような周辺機器が多数販売されており、少しの投資で使い勝手が大きく向上することもある。スマホの不満を補うものから、機能をさらに充実させるものまで千差万別だ。

  • 特集 Part7
    これは便利 優良・有料アプリ

    2013年01月05日号  

    有料アプリを買うことには抵抗があるかもしれないが、毎日使う手帳や電卓などのビジネスツールを購入すると考えれば、アプリはむしろ割安だ。買って損をしない優良・有料アプリを紹介しよう。

  • 特集 Part7
    みんな持ってる 定番・無料アプリ

    2013年01月05日号  

    App StoreやGoogle Playには、無料のアプリが多数用意されている。中には、無料とは思えないほど、機能の充実したものも少なくない。ジャンルごとに、お薦めのアプリをご紹介。

  • 特集 Part7
    快適アプリ生活

    2013年01月05日号  

    朝起きてから夜寝るまで、スマホはさまざまな場面で役に立つ。朝はいちいちテレビをつけなくてもニュースや天気予報が調べられるので、出かける支度がスムーズに。FacebookやTwitterなどのSNSも、移動中のちょっとした空き時間に楽しめる。また、ビジネスで役立つアプリも数多く用意されており、パソコンを使わずにオフィスファイルやPDFを扱えるようになるのだ。

定期購読キャンペーン

記者の目

  • 編集部 鈴木洋子

    20年前に見た業界再編の後の未来、こうなるとは予想してなかった

     2001年から04年まで、当編集部で記者として最初に担当した業界が半導体業界でした。当時は日本中が最初の大再編のさなか。日本の半導体はこれで本当に復活するのか?と、じりじりしながら取材し記事を書く毎日でした。日本の半導体の再生を信じてさまざまな活動をしていた東北大学の故大見忠弘教授や故坂本幸雄・元エルピーダメモリ社長にはとりわけお世話になりました。
     月日は流れ、日本企業がほとんどいなくなってしまった後、まさかこんな形で半導体の特集に関わる日が来るとは思っていませんでした。「日の丸半導体最後の挑戦」というタイトルは無数に使った気がしますが、今度こそ挑戦が本当に花開くことを、心から祈っています。

  • 副編集長 鈴木崇久

    人事からの呼び出しに早とちりは禁物?

    「お伝えしたいことがあるので時間をください」と、ある年の3月に人事から呼び出されたことがあります。3月といえば異動の内示の季節。「編集部から出るのか」と覚悟を決めて応接室に向かったところ、全くの別件で逆に衝撃を受けました。
    「紛らわしい時期なんだから用件を先に伝えてくれればいいのに」「センチメンタルになった時間を返してほしい」などと思いながら、部屋を後にしたことを覚えています。
     そんな経験から何年もたちましたが、今度こそ14年半過ごした編集部を離れることになりました。最近は記事執筆の機会が減って、読者の皆さまにとって影が薄い存在でしたが、この場を借りて今までのお礼をお伝えできれば幸いです。

最新号の案内2024年4月20日号

表紙

特集高成長&高年収企業がぞろぞろ! 半導体 160社図鑑 これから買える株!

株式市場で大きな支持を集め、日経平均株価の最高値更新を支えた半導体関連銘柄。高成長で好業績であるだけではなく、高い年収を誇る企業も多い。ただし、玉石混交で、大手の中にも変調を来しそうな企業がある。一方で、今はあまり知られていない隠れたお宝銘…

特集2日銀「次の一手」は? 金利ショック 襲来

日本銀行がついに異次元緩和に別れを告げた。マイナス金利解除の決断を受け、市場の関心は早くも日銀の「次の一手」に移っている。17年ぶりの利上げで日本経済と今後の金融政策はどう変わるのか。「金利ショック」襲来の影響と課題を徹底検証する。