記事一覧:数字で会社を読む202

  • 千代田化工建設

    数字で会社を読む
    千代田化工建設

    2019年03月09日号  

    エンジニアリング会社の千代田化工建設がピンチに直面している。強みのLNGプラント事業でコストがかさみ、1000億円以上の赤字を計上。資金繰りの不安を払拭するべく、財務体質の強化を急ぐ。

  • 三菱東京UFJ銀行

    数字で会社を読む
    三菱東京UFJ銀行

    2016年02月20日号  

    1月29日、日本銀行がマイナス金利政策の導入を決定。銀行から個人・企業への負担転嫁の有無が話題となる中、注目されるのが国内最大手である三菱東京UFJ銀行の対応だ。

  • 三菱商事

    数字で会社を読む
    三菱商事

    2016年02月13日号  

    2倍の未来へ──。2020年までの事業規模倍増を目指し、三菱商事が13年から掲げる戦略だ。資源の持ち分も2倍に増やす方針だが、市況低迷で雲行きが怪しくなり始めた。 

  • マツダ

    数字で会社を読む
    マツダ

    2016年02月06日号  

    リーマンショック後の円高に苦しめられたマツダが、今度は新たな為替リスクに苦しんでいる。海外生産比率を高める構造改革を進めてきた、同社の為替耐性の現状を分析する。

  • キリンホールディングス

    数字で会社を読む
    キリンホールディングス

    2016年01月30日号  

    1949年の上場以来、初の最終赤字を計上するキリンホールディングス。原因はブラジル事業の大不振にあるが、その根底には海外統治の脆さがあった。

  • ヤマダ電機

    数字で会社を読む
    ヤマダ電機

    2016年01月23日号  

    昨春、大量閉店で話題を集めた家電量販最大手のヤマダ電機。拡大路線から質を追う戦略に方針転換したことで、業績に回復基調が見えてきた。

  • 東芝

    数字で会社を読む
    東芝

    2016年01月16日号  

    不正会計を繰り返してきた東芝の財務悪化が一気に浮き彫りになった。先送りにしてきたリストラ費用がかさみ、企業としての存続の危機に陥っている。今後のシナリオを追った。

  • 関西電力

    数字で会社を読む
    関西電力

    2016年01月09日号  

    東日本大震災後、原子力発電への風向きが悪くなっても、なお原発再稼働に固執してきた関西電力。その戦略は正しかったのか。2016年、その成否が判明することになる。

  • スプリント

    数字で会社を読む
    スプリント

    2015年12月19日号  

    ソフトバンクグループが2013年8月に1.8兆円を投じて買収した米通信大手スプリントが、「負のスパイラル」から抜け出すために、瀬戸際の努力を続けている。

  • 日本触媒

    数字で会社を読む
    日本触媒

    2015年12月12日号  

    紙おむつの材料である高吸水性樹脂で世界シェアの4分の1を握る日本触媒。ROAを重視して収益を堅実に積み上げるが、来るべき再編の可能性に備える節も垣間見える。

  • SMBC日興証券

    数字で会社を読む
    SMBC日興証券

    2015年12月05日号  

    三大証券の一角を成すSMBC日興証券が2位の大和証券の背中を捉えている。その理由をひもとく鍵は、持たざる者の強みにあった。

  • ヤマトホールディングス

    数字で会社を読む
    ヤマトホールディングス

    2015年11月28日号  

    宅配業界の雄、ヤマトホールディングス。インターネット通販の拡大に支えられ、売上高はこの5年間右肩上がり。しかし、足元では思わぬ伏兵が現れている。

  • ハイデイ日高

    数字で会社を読む
    ハイデイ日高

    2015年11月21日号  

    帰り道にあるので思わず立ち寄ってしまう中華料理店の日高屋。派手さこそないものの、外食業界随一を誇る収益力の高さは、アルコール販売と出店戦略に支えられていた。

  • アミューズ

    数字で会社を読む
    アミューズ

    2015年11月14日号  

    大手芸能プロダクションのアミューズは、ライブビジネス拡大の波に乗って成長している。同時に海外にも積極的に進出、他社も巻き込む独特のビジネスモデルに挑戦している。

  • 積水ハウス

    数字で会社を読む
    積水ハウス

    2015年11月07日号  

    縮小が避けられない戸建て住宅で利益を維持し、国内外の不動産開発でも成果を挙げる。だが中期経営計画の目標の達成には、周到な戦略が必要だ。 本誌・岡田 悟

  • クボタ

    数字で会社を読む
    クボタ

    2015年10月31日号  

    農機メーカー世界4位のクボタがシェアを急拡大させている。売上高3兆円超の最大手を射程に捉えるためには、欧米向け大型農業用トラクターでシェアを奪う必要がある。

  • ツイッター

    数字で会社を読む
    ツイッター

    2015年10月24日号  

    赤字が続く世界最大のソーシャルメディアサービス企業のツイッターに、創業者のジャック・ドーシー氏がCEOとして再登板する。だが、待ち受けるのはあまりに高い壁である。

  • シャープ

    数字で会社を読む
    シャープ

    2015年10月17日号  

    2200億円を超える連結最終赤字を出し、液晶事業の再改革を宣言したシャープ。ただその後も収益は悪化の一途をたどり、事業整理がいよいよ避けられなくなった。

  • LIXILグループ

    数字で会社を読む
    LIXILグループ

    2015年10月10日号  

    今やグローバル企業になったLIXILグループが、新しい中期経営計画で、ようやく大風呂敷を広げることをやめた。それでも、株式市場の信頼を取り戻すことは容易ではない。

  • みずほフィナンシャルグループ

    数字で会社を読む
    みずほフィナンシャルグループ

    2015年10月03日号  

    銀行の本業中の本業である融資事業が、メガバンクの間で主役の座を失いつつある。その対応策として掲げた、みずほフィナンシャルグループの新戦略の進捗度合いを探った。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

5000円キャッシュバック!秋の定期購読キャンペーン 週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 竹田幸平

    一流ストラテジストから日本株大復活の展望

     市場関係者に取材していて感じるのは、世間の見方とのギャップの大きさです。ネットニュースの反応などを見ていると、コロナ禍が続く中での株高を「バブルだ」として警戒する声も多いようですが、そこまで悲観的に言い切る取材先には最近、出会ったことがありません。
     むしろ今や、一流ストラテジストの中からも、日本株が一段高となり、大復活を遂げるとの展望が出始めました(30〜31ページ参照)。よく指摘されるように、各国の異例の政策対応が市場を支える構図は確かにいびつですが、べき論と相場の行方は別の話。二番底懸念が消え去ったわけではありませんが、リスクの所在を冷静に見極めながら投資する上で、本誌が道しるべになれば幸いです。

  • 編集長 山口圭介

    米国の分断社会はエゴむき出しで修復不能か

     佳境に入った米大統領選。討論会は中傷ばかりで、両党の支持者は不都合な意見をフェイクだと決め付けがち。排他的で不寛容、エゴむき出しで、事と次第で〝内戦状態〟に陥りかねません。
     学生の頃、何度も米国を訪れて多くの州を巡りました。ラスベガスのような不毛地帯に巨大な街をつくり上げるパワーに引かれたからです。一方でいざ長期滞在してみると、地域の人種的分断やら所得的分断やら、勝手に夢想していた「寛容な米国」とは懸け離れた現実も垣間見ました。
     今の米国は分断の度合いをさらに深め、もはや修復不能に見えます。日本も問題は山積みですが、米国と比べて社会的な「理性」が残っている点で、まだ救いがあるように思えます。

先週号の案内2020年10月17日号

表紙

特集日本企業は逃げられない 超地政学

海の向こうの大げんかでは済まされない。深刻化する米中対立は、日本企業の大きなリスクになっている。ファーウェイとの取引からエネルギー問題、頭脳流出まで、米中を軸にした超地政学時代の最前線をリポートした。

特集2コロナ直撃 没落貴族 アパレル・百貨店

東洋一の売り上げを誇った名門、レナウンの破綻で、一気に"コロナ業績悪化銘柄"に浮上したアパレル産業。百貨店というサロンで、高い利益率のブランド品を売る優雅なビジネスモデルは既に終わった。過去の遺産を食いつぶすジリ貧の"没落貴族"は、ポストコ…