記事一覧:From Readers From Editors421

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年10月13日号  

    日本人は万、億、兆と4桁で区切るのに対し、欧米では3桁区切りで考える。そこが混乱のもとになる。年収はゼロが6つ、生涯年収はゼロ8つといったように、ゼロの個数の感覚を身に付けておくと、間違えないというわけです。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年10月06日号  

    アップルの株価は目下670ドル強、時価総額で約6300億ドル(約49兆円)。世界ナンバーワン企業です。日本企業の時価総額トップはトヨタ自動車の約12兆円、2位NTTドコモの約6兆円を大きく引き離していますが、それでもアップルの4分の1弱にすぎません。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年09月29日号  

    企業が採用時に大学生に期待するものとして、まずは「コミュニケーション能力」、続いて「熱意・意欲」「主体性」「行動力」といった項目が並びます。このコミュニケーション能力こそ、共通の価値観が薄れつつある現代社会で、最も重視される資質・能力になっているといっていいでしょう。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年09月22日号  

    「理想のカメラは?」。今回の特集の取材で、カメラメーカーの幹部にこんな質問をぶつけてみました。千差万別の回答に、各社の個性や、積み上げてきた技術へのプライドを垣間見ることができました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年09月15日号  

    わかっちゃいるのに、ずるずると問題を先送りにしてしまう。結局のところ不利益となる選択を、人はなぜしてしまうのか。現在の利益・満足と将来のそれとを天秤にかけると、目先の利益のほうが大きく感じられる、双曲割引という選択バイアスがあるからです。目先にとらわれないためには、そうした癖があることを知る必要があります。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年09月08日号  

    資本市場は“海”である。そこには水があり、魚が泳いでいる。増資インサイダーは、その海に不法投棄したようなものだ。海は大切に育てていかねばならない。今の証券会社には、そういう意識が薄れている。ある野村証券OBの方が話していた言葉です。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年09月01日号  

    大正4年、独立3年目の早川徳次はシャープペンシルの開発に成功。欧米向け輸出を中心に稼ぎ、数年後には社員100人を超えるまで会社を大きくしました。ところが大正12年の関東大震災で2人の子、さらには妻を失い、工場も焼失。早川はほぼ無一文となってしまいます。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年08月25日号  

    何事も経験と、バトラー(執事)のいる某高級ホテルに泊まってみました。ちょっとした気づかいで、ユーザー評価が百八十度変わることがあります。今回のホテル特集のアンケート結果にある「不満」にもご注目ください。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年08月18日号  

    高所得者層により重い負担を課す所得税の累進強化は、実質的には再分配効果が限定されることが知られています。お金持ちは必ずしも労働所得のかたちでお金を残していないからです。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年08月04日号  

    東京スカイツリー、渋谷ヒカリエ、東京駅丸の内駅舎の復元。今年、東京の鉄道業界における3大トピックです。大阪でも、阪急うめだ本店が増床します。鉄道業界にもかかわらず、話題の中心が再開発案件であることに不思議な気がします。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年07月28日号  

    うつ病治療の手法として注目されている認知行動療法。コーチングの手法と相通じます。マネジメントだけでなく、子育てにも使えるコーチングスキルのうち「聞く」「承認する」は、日頃の心がけ次第ですぐ活用可能といわれます。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年07月21日号  

    経済政策の「正解」は何か。激論・熱論が続いています。答えがなかなか出てこない理由ははっきりしています。私たちの目の前にある問題が複雑な層を成しており、ややこしく絡み合っているからです。「これでOK」という手っ取り早い解決策はありません。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年07月14日号  

    自分の天職とは何か──。疲れた体を引きずりながら布団にもぐり込んだとき、ふとそうした考えが頭をよぎった経験がある人は、多いのではないでしょうか。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年07月07日号  

    LCCは、別名“空飛ぶバス”と呼ばれます。その象徴はもちろん価格でしょう。1万円あれば、東京から北海道や福岡へ往復できる時代になりました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年06月30日号  

    あるケースワーカーの言葉です。「生活保護費の現金を封筒に詰めていると、自分たちの給料より厚くなり、むなしくなる」。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年06月23日号  

    「日本は世界一“接待インフラ”が整った国」とは取材先の一言。うん、確かにそうかも。これを使わない手はありません。しかし接待には負の印象も付きまといます。どこからが過剰なんだ? と走りながら考えました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年06月16日号  

    「写真撮影? ダメだよ」取材当日、セブン&アイの鈴木敏文会長はそう言って椅子に腰かけました。そして「ネクタイしてないから」と一言。カメラマンに聞くと、前回の撮影も1カットのみだったとのこと。それ故、特集の写真は取材時のものではありません。あしからず。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年06月09日号  

    中国の大手家電メーカー・ハイアールが放送している冷凍庫のテレビCM「ホームフリージングラブ」のメロディが頭から離れない。画面に登場した女の子が、冷凍食品や、ボーイフレンドに見立てたマネキン人形を、次々と冷凍庫に入れて、「いつでも解凍するの」と微笑む。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年06月02日号  

    自己情報コントロール権という言葉があります。これは、自己の個人情報について開示・消去などコントロールできる法的権利があるとする考え。2005年4月、個人情報保護法が施行されたときにも議論になりました。

  • From Readers From Editors

    From Readers From Editors
    From Readers From Editors

    2012年05月26日号  

    投資というのは、経済成長の果実を得る行為です。この果実というのは、リスクを取ることなしには得られません。投資対象の価格変動などのリスクがセットで付いてきます。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 山出暁子

    真価問われる大学のコロナ対応

     コロナの感染拡大が騒がれ始めた今年2〜3月は「何だか大変そうだぞ」と思いつつ、しばらくすれば収まるだろうと高をくくっていました。が、いまだ収束の兆しナシ。どうやら長丁場になりそうです。
     今号の特集で幾つか大学を取材しました。キャンパスに学生がいない、ガランとした風景は何とも言えないものでした。この春、緊急対応に追われた大学は、今後は緊急ではない、長期化を見据えた対応が必要になります。思い描いていたキャンパスライフを送ることができない学生たちといかに向き合うか。大学の真価が問われそうです。
     コロナ長期化を見据えて向き合うといえば、私もそろそろコロナ太りと真剣に向き合わなければ……。

  • 編集長 山口圭介

    長崎の『アロハ猟師』に刺激

     朝日新聞記者の著作『アロハで猟師、はじめました』に刺激を受けました。
       著者の近藤康太郎氏は渋谷生まれで米ニューヨークにも駐在した都会派ながら、なんと私が小中高を過ごした長崎県諫早市の田舎支局で猟師になった変わり種です。その語りは単なる体験記にとどまらず、ニーチェや大岡昇平ら先人の言葉を引き合いに、生と死に基づく野性的文明論が展開され、ぐいぐい引き込まれました。
     鬼籍に入った父も狩猟が趣味で、私自身、食糧を〝現地調達〟するキャンプに強制参加させられていました。「命」と向き合う機会はそうそうありません。「3密」の世界をしばし離れ、深遠な猟の世界に足を踏み入れてみたくなりました。

先週号の案内2020年8月1日号

表紙

特集今選ぶべき会社・業界・仕事ランキング

コロナ禍で中途・新卒採用市場は激変した。そこで転職・就職市場や企業人事に通じたプロたちへの取材を敢行。ランキング8本、トップ転職エージェント31人・転職市場調査、年間MVP転職エージェント4人座談会、主要89社「働き方・採用計画」調査などの…