記事一覧:連載小説 『シャッターがなくなる日』26

  • 第二章 一人の覚悟  [第06回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第二章 一人の覚悟  [第06回]

    2018年3月31日号  

    「え、えーと、ここが裏庭で、ここに小さな小屋があって、ここが母屋になります。えーと、できれば地域における賑わいの核のような施設にできないかなと……」つくってきた資料をプロジェクターで投影しながら、佐田たちが主催するマーケットに出店している30人ほどの人たちに解説をする。急にこんなことをするはめになったのは、僕が佐田に「本当にうちに出店してくれるなんて人がいるかわからない」と言ったことに端を発していた。

  • 第二章 一人の覚悟  [第05回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第二章 一人の覚悟  [第05回]

    2018年3月24日号  

    「いやぁ、そんな勝手に方針変えられましてもねぇ、ええ」あからさまなしかめっ面で、さきがけ銀行の担当者である山田は渋った。土地を売却し、これまでの借り入れをチャラにする相談をしていたのに、急に売却せずに物件を人に貸す事業を始めたいと言い出したわけだから、僕だって無茶を言っているのはわかっている。

  • 第二章 一人の覚悟  [第04回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第二章 一人の覚悟  [第04回]

    2018年3月17日号  

    「それでは、開会のご挨拶をお願いします」市長が壇上にあがって挨拶を始めた。イベント当日はあいにくの雨。地元のテレビ局が予定どおりに取材にきて、ご当地アイドルグループが各店舗を回っている。パイプ椅子が並んだイートインコーナーには、まばらに人がいるだけだった。

  • 第一章 黒い善意  [第03回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第一章 黒い善意  [第03回]

    2018年3月10日号  

    「あのさぁ、どうにか前日にこれないのかよ」電話口から聞こえる森本の声は、明らかに苛立っていた。語尾に舌打ちさえ聞こえる。「わ、わかってるよ。けど、連休前に休みとって帰れるわけないじゃんか……」遮るように、「だからそこどうにかならないのかよ。やると言ったことはちゃんとやってもらわないと困るんだよねぇ、ほんと。瀬戸はさぁ、そういうところがダメなんだよ。設営はやるって言ったんだから、やってもらわないと」吐き捨てるように電話は切れた。

  • 第一章 黒い善意  [第02回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第一章 黒い善意  [第02回]

    2018年3月3日号  

    久々に実家を訪れ、いきなり家業を畳むことが決まってから2週間。気づけば仕事が忙しいのにかまけて、ほとんど手を付けることもなく時間だけが経ってしまった。要領がいいわけでもないから、複数のことを同時になんてできないや。

  • プロローグ 帰郷  [第01回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    プロローグ 帰郷  [第01回]

    2018年2月24日号  

    「……ちょっとお母さん話したいことがあるから、一度、家に帰ってきて」スマホに珍しく表示された「母」の文字に驚いて電話にでたら、いつになくか細い声が聞こえた。どうしたのかと聞いても、答えらしいものはわからない。「ひとまず週末にそっちに一度帰るから、一旦切るね」「元気だけが私の取り柄!」が口癖の楽天的な母の弱った声に、あまり詳しいことは聞かずに帰省することにした。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集委員 藤田章夫

    役職定年特集の取材で新たな発見と時代の変化感じた

     営業部門から週刊ダイヤモンド編集部(現ダイヤモンド編集部)に異動したのが、2006年のこと。当時はまだ30代前半でした。
     来年2月にはいよいよ50歳を迎えますが、銀行員ならばそろそろ出向する年齢だなあと思いつつ、役職定年特集の取材を始めました。
     意外だったのが、3メガバンクとひとくくりにされがちな大手銀行にも違いが出てきたことです。一方、大手生命保険会社は定年延長を導入していたり、地域金融機関の買収などで業容拡大中のSBIホールディングスはポストに対して人材が足りていないなど、同じ金融業界でも相当な違いがあることに驚きました。
     身につまされつつも、新たな発見や時代の変化を感じる取材となりました。

  • 副編集長 鈴木崇久

    多くの会社で“老害製造マシン”と化す役職定年

    「あんな老害に自分はならない」と注意していても避けることは難しい──。そんな話がSNSで話題になっていました。
     自分と次世代の若者とでは考えがずれるので、結局「新時代の老害」になってしまうのではないか。その指摘を読んで身につまされました。
     一方、今回特集した「役職定年」は、多くの会社で“老害製造マシン”と化している面があります。能力や経験、成果と無関係に中高年の収入や権限を奪い、働く意欲を消し去ることも多いからです。
     岸田文雄首相は米ニューヨーク証券取引所での講演で、年功賃金を見直すと宣言しました。それには若者への所得再分配の観点に加えて、この役職定年の実態も踏まえた議論が不可欠です。

最新号の案内2022年10月8日・15日合併特大号

表紙

特集役職定年の悲哀

「55歳で年収3割減」など、一定の年齢になるとシニアの年収が激減する「役職定年制度」。1000人以上の大企業の約5割で導入されているが、その実態はあまり知られていない。そこでダイヤモンド編集部は、15業界の主要企業の役職定年の実態や給料の実…

特集2老後も安心! シニアのお金大全

「年金崩壊」「定年後破産」などの恐ろしい言葉が飛び交う少子高齢化の現代ニッポン。老後の生活を支えるお金について熟知しておくことは、もはや誰にとっても待ったなしだ。本特集は「ダイヤモンド・オンライン」の連載「老後のお金クライシス!」を一部加筆…