記事一覧:連載小説 『シャッターがなくなる日』26

  • 第二章 一人の覚悟  [第06回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第二章 一人の覚悟  [第06回]

    2018年03月31日号  

    「え、えーと、ここが裏庭で、ここに小さな小屋があって、ここが母屋になります。えーと、できれば地域における賑わいの核のような施設にできないかなと……」つくってきた資料をプロジェクターで投影しながら、佐田たちが主催するマーケットに出店している30人ほどの人たちに解説をする。急にこんなことをするはめになったのは、僕が佐田に「本当にうちに出店してくれるなんて人がいるかわからない」と言ったことに端を発していた。

  • 第二章 一人の覚悟  [第05回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第二章 一人の覚悟  [第05回]

    2018年03月24日号  

    「いやぁ、そんな勝手に方針変えられましてもねぇ、ええ」あからさまなしかめっ面で、さきがけ銀行の担当者である山田は渋った。土地を売却し、これまでの借り入れをチャラにする相談をしていたのに、急に売却せずに物件を人に貸す事業を始めたいと言い出したわけだから、僕だって無茶を言っているのはわかっている。

  • 第二章 一人の覚悟  [第04回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第二章 一人の覚悟  [第04回]

    2018年03月17日号  

    「それでは、開会のご挨拶をお願いします」市長が壇上にあがって挨拶を始めた。イベント当日はあいにくの雨。地元のテレビ局が予定どおりに取材にきて、ご当地アイドルグループが各店舗を回っている。パイプ椅子が並んだイートインコーナーには、まばらに人がいるだけだった。

  • 第一章 黒い善意  [第03回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第一章 黒い善意  [第03回]

    2018年03月10日号  

    「あのさぁ、どうにか前日にこれないのかよ」電話口から聞こえる森本の声は、明らかに苛立っていた。語尾に舌打ちさえ聞こえる。「わ、わかってるよ。けど、連休前に休みとって帰れるわけないじゃんか……」遮るように、「だからそこどうにかならないのかよ。やると言ったことはちゃんとやってもらわないと困るんだよねぇ、ほんと。瀬戸はさぁ、そういうところがダメなんだよ。設営はやるって言ったんだから、やってもらわないと」吐き捨てるように電話は切れた。

  • 第一章 黒い善意  [第02回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    第一章 黒い善意  [第02回]

    2018年03月03日号  

    久々に実家を訪れ、いきなり家業を畳むことが決まってから2週間。気づけば仕事が忙しいのにかまけて、ほとんど手を付けることもなく時間だけが経ってしまった。要領がいいわけでもないから、複数のことを同時になんてできないや。

  • プロローグ 帰郷  [第01回]

    連載小説 『シャッターがなくなる日』
    プロローグ 帰郷  [第01回]

    2018年02月24日号  

    「……ちょっとお母さん話したいことがあるから、一度、家に帰ってきて」スマホに珍しく表示された「母」の文字に驚いて電話にでたら、いつになくか細い声が聞こえた。どうしたのかと聞いても、答えらしいものはわからない。「ひとまず週末にそっちに一度帰るから、一旦切るね」「元気だけが私の取り柄!」が口癖の楽天的な母の弱った声に、あまり詳しいことは聞かずに帰省することにした。

定期購読キャンペーン

記者の目

  • 編集部 千本木啓文

    負の衝撃ではなく読者が増えるうれしいサプライズが欲しい

     日立製作所の改革が成功したのは2008年度の巨額赤字という「ショック」と、デジタル技術で社会を変革するという「ビジョン」があったからです。ショックの記憶が薄れ、ビジョンの提唱者だった中西宏明氏が亡くなった今、改革をいかに続けていくかが課題といえます。
     ところで、「続ける」といえば、ダイヤモンドオンラインで半年にわたり配信する連載『農協の大悪党 野中広務を倒した男』がこれから佳境に入るのですが、この記事を書き続けるのは正直、息が切れます。何を書くかというビジョンは明確なのですがショックが足りない。できれば、ある日訴状が届くような負の衝撃ではなく、読者が増えるといううれしいサプライズが欲しいのですが……。

  • 編集委員 名古屋和希

    9月に編集部に加入、アラフォーながら1年前は学生の立場

     9月に編集部に加入しました。新聞記者を10年超経験しましたが、雑誌は初めてとなります。実は、わずか1年前はアラフォーながら立場は学生でした。前職を退いた後に渡英し、政治とメディアについて学んでいました。
     ある程度キャリアを積んでからの留学は、日本ではそう多くないかもしれません。ただ、現地では社会人経験のある外国人学生が目立ちました。次のキャリアを見据え、柔軟に動くことは彼らにとって当然のことのようです。
     最近、ある経営者の「45歳定年」発言が波紋を呼びました。真意はさておき、日本型雇用が揺らいでいるのは確かです。社会でキャリアの見直しや学び直しという考え方がもっと議論されてもいいのではないでしょうか。

先週号の案内2021年9月25日号

表紙

特集大手・個別・家庭教師・アプリ 我が子にピッタリ!がわかる 塾・予備校

小中高の各学校で新学期が始まった。実は、9〜10月は塾選びの絶好のタイミング。なぜなら高2の2学期は進路や志望大学を具体的に考える時期。難関大志望なら今から受験勉強を本格的に始める必要がある。また、中学受験塾の多くは、来年2月からの新年度の…

特集2悪質? 使えない? FP(ファイナンシャルプランナー)&税理士の見分け方!

われわれがお金について考えたいとき相談相手として挙げられる税理士とFP(ファイナンシャルプランナー)。どちらもお金の専門家だが、本来、専門分野はかなり違う。有資格者の数も多く、玉石混交なのが実態だ。現役で活躍する税理士、FPそれぞれのリアル…