記事一覧:特集5534

  • 特集 Part5
    【Column】 大学別の主な就職支援活動をご紹介!

    2013年10月12日号  

    年間1万件近い求人を独自システムで学生に提供 日本大学全国57地区にて父母懇談会、個別相談会を開催 明治大学地域企業の記事作成プログラムを実施し、職業観やプレゼン力を強化 近畿大学約1000社を招くセミナーの他、合宿面接対策を実施 中央大学

  • 特集 Part5
    638大学 2100学部・院 「真」の就職率 一挙公開!

    2013年10月12日号  

    表の見方と各種指標の作成方法について【大学アンケートについて】735大学に8月下旬にアンケート用紙を郵送して実施。主に学部課程を対象にしており、回答率は87.9%(国立97.6%、公立91.1%、私立86.3%)。未回答や非公表、該当なし等は、総合ランキングへの得点には結びついていない。卒業生を輩出していない新設学部(大学)や卒業生が10人以下の学部(院)はすでに募集停止の場合が多いため一覧表からは除外している。そのため、学部の合計と卒業生総数が一致しない場合がある。

  • 特集 Part1
    【キャンパス最前線】 大物芸能人が登場! 社会人も必見の学祭

    2013年10月12日号  

     毎年約16万人もの来場者を集め、日本最大級の学園祭といわれる早稲田大学の「早稲田祭」。

  • 特集 Part1
    就職に強い大学選び

    2013年10月12日号  

    製造業で、東京証券取引所1部に上場している大手企業の人事担当者は、昨年来、ある悩みを抱えていた。「もっと採用しなければならないのに、接触さえできない……」この担当者は、全国の大学に出張しては学生対象のセミナーを開くなどしているが、なかなかお目当ての学生に巡り合えないと嘆く。狙っている学生とは、理系の女子学生、通称「理系女(リケジョ)」。普段は、実験室や研究室にこもりっ放し、就職も大学の推薦枠で決めてしまうから、採用にこぎ着けられずにいるという。

  • 特集
    大学徹底比較 就職に強い学部・ゼミ・体育会はここだ!

    2013年10月12日号  

    就職率を血眼になって競う大学はまるで「就職予備校」。就職のよしあしで大学を選ぶ受験生や親のニーズが強いからだ。そこで、全大学を対象としたアンケートを基に、就職に強い大学選びの全情報をお伝えする。

  • 特集 Part3
    【キャンパス最前線】  “おしゃべり”OKの 近未来型図書館

    2013年10月12日号  

    成蹊大学の「情報図書館」(写真)は、まるでSF映画の中から飛び出したような近未来的な雰囲気で大学の図書館のイメージを覆している。学生同士の議論こそが「知」を養うとして、私語を禁止するのではなく、自由にコミュニケーションできる工夫がそこかしこに見られる。

  • 特集 Part3
    塩崎 均(近畿大学学長)インタビュー

    2013年10月12日号  

    近畿大学には医学部から芸術系まで13学部48学科があり、理系学部には北海道から九州まで多くの研究機関がある。最近はおしゃれな女子学生も増え、かつてのバンカラなイメージは実際とは異なる。

  • 特集 Part2
    名古屋の理系は将来安定 トヨタが支える高就職率

    2013年10月12日号  

    理系の就職に強いのが愛知県の大学の特徴。牽引役は業績好調なトヨタ自動車と、それを取り巻く製造業だ。トヨタの存在があるからこそ、学生は安心して地元の大学を選べるのだ。

  • 特集 Part2
    【キャンパス最前線】 他校生もうらやむ 大学“タワーデート”

    2013年10月12日号  

    明治大学のリバティタワーと法政大学のボアソナード・タワー。

  • 特集 Part2
    断トツの就職率でバブル化! 「出口保証」ある医療系学部

    2013年10月12日号  

    就職に直結する「医療系」の学部は人気が高く、新設に乗り出す大学は数知れない。学費の値下げラッシュが続く医学部の情報と併せて、最新動向をお伝えする。

  • 特集 Part2
    鎌田 薫(早稲田大学総長)インタビュー

    2013年10月12日号  

    ──早稲田大学の就職率は79.9%と、慶應義塾大学と比べ、約6ポイント低く、有名私立大学の中でも芳しくありません。数値を見れば確かにそうかもしれませんね。ですが、これが早稲田らしいといえば早稲田らしいのです。企業にあいさつ回りをしていると、われわれの把握している就職者数と企業側の言う人数とが一致しないことがあります。なぜかといえば、進路に関するアンケートに学生が答えていないからです。学生からすれば「大学の世話になって就職した」とは思っていないのでしょう。アンケートの回収率が悪く、結果として就職率も悪くなるのです。

  • 特集 Part3
    マグロ人気で目立つ近畿大 激化する関西の学生争奪戦

    2013年10月12日号  

    個性の強い私立大学が群雄割拠する関西で、養殖マグロの飲食店オープンなど、近畿大学のユニークな取り組みが異彩を放つ。各大学とも、学部新設やキャンパス移転で学生の獲得に懸命だ。

  • 特集 Part2
    鍵は医療系学部と就職力 早稲田に圧勝した慶應義塾

    2013年10月12日号  

    慶應義塾大学の就職率が早稲田大学など有名私立大学を圧倒している。その背景には、医療系や理系学部の強さがあるからだが、それだけではなさそうだ。

  • 特集 Part3
    【Column】 百貨店とコラボする明治大 立教参入で広がる企業連携

    2013年10月12日号  

    文系学部の就職が芳しくない中、大学側が殻を破り、企業と連携して講座を相次ぎ開設している。就職力アップに向け、新たな道を模索しているのだ。

  • 特集 Part2
    【Column】 理系ミスコンからひもとく摩訶不思議な理系女(リケジョ)の生態

    2013年10月12日号  

    男子が多く、「暗い」「オタクっぽい」イメージの理系。そんな中、理系女子(リケジョ)限定でミスコンが開催された。美しさと知性を兼ね備えた出場者からリケジョの生態をひもとく。

  • 特集 Part3
    【Column】 学長や職員が直接電話! 国際教養大の面倒見のよさ

    2013年10月12日号  

    9月のある休日、国際教養大学を3~4年前に卒業し、現在は企業で働く男女十数人が都内に集まり、飲み会を開いた。宴もたけなわのころ、1人が携帯電話を手にこう言い出した。「お世話になった三栗谷さんに電話しよう」──。就職支援の責任者である三栗谷俊明・キャリア開発センター長は、卒業生と携帯電話で小まめに連絡を取り合う。英語教育に注目が集まりがちな国際教養大だが、教員や職員による懇切丁寧な就職指導にも定評がある。

  • 特集 Part3
    乱立する国際系学部の中で 企業が注目するトップ5校

    2013年10月12日号  

    今や、設置していない大学を探すほうが難しいといわれるほど乱立している国際系学部。しかし、優秀な学生を輩出しているのは一握り。就職にも強い国際系学部をご紹介しよう。

  • 特集 Part3
    名門・中央大法が凋落!?  急低下する花形法学部の人気

    2013年10月12日号  

    かつては花形学部であった法学部の人気が急低下している。これには出口である「就職」が大きく関わっている。法学部以外の文系学部も同様で、まさに正念場を迎えている。

  • 特集 Part4
    【図3-11】 学生2000人が選んだ 就職に強いゼミはここだ!

    2013年10月12日号  

    今回、NPO法人DSSの協力を得て学生約2000人の調査データを基に約30ゼミを選出、ゼミごとにアンケートを実施した。回答のあった18ゼミは、いずれも学生指導に熱心で、OB・OGとのつながりも強固だ。学生を甘やかすことなく、厳正な評価を下しており、ゼミ卒業生はその後も各界で活躍している。本誌は「就職に強いゼミ」と認定した(就職先は2012年度実績)。

  • 特集 Part4
    【Column】 必勝法でOBをロックオン 東大ラグビー部就活の“圧勝”

    2013年10月12日号  

    「3年生の夏が過ぎると、部室にあるOB名簿をパラパラとめくり、お目当ての企業に勤めている先輩を探し出すのが伝統」そう話すのは、大手銀行で働く東京大学ラグビー部のOB(28歳)。現役東大生だった数年前、OB訪問をした先輩と意気投合し、獲得していた内定を蹴って今の会社を選んだ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集部 小島健志

    亡き母から得た死生観

     先日、66歳で死去した母の墓参りに行きました。母は、看護師として3交代勤務を続けながら、2人の子育てをし、昨春、2年半の闘病の末に息を引き取りました。  末期がんと分かり、入退院を10回近く繰り返しましたが、母は死の直前まで「痛い」「つらい」とは口にしませんでした。ナースコールを押すのも控え、身の回りの整理を淡々としていました。 「どんなに偉くなっても、お金持ちになっても、死ぬときに誰にも相手にされないような人間にはなっては駄目よ」  多くの患者の最期をみとってきた母のそんな姿が、私の死生観につながっています。  さて、今特集は死という重いテーマを扱いましたが、お盆を前に、これが一服の清涼剤になれば幸いです。

  • 編集長 田中 博

    スカイツリーから飛び降りる気持ち

     年に数回、清水の舞台から飛び降りる気持ちで組む企画があります。今号は、東京スカイツリーから飛び降りるような気持ちといってもいいでしょうか。 「ん?死生観?」。最初、企画案を目にしたとき、面白いテーマだとは思いましたが、頭の中は疑問符だらけ。通常の本誌の読者に届けるには、中身がまったく想像できなかったからです。  お盆を前に人生の先輩たちの今の心境を羅列すればいいのか、市井の人々の心理を徹底解剖すればいいのか。結局、1万人に行った死に関する大々的な調査を軸にしました。  いつもなら月曜朝の特集の売れ行きが気になるものですが、今は妙に達観しています。何せ特集後の“死生観”は醸成済みですから。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート JTB旅行券1万円が抽選で当たる! いますぐ資料請求!