「3年生の夏が過ぎると、部室にあるOB名簿をパラパラとめくり、お目当ての企業に勤めている先輩を探し出すのが伝統」そう話すのは、大手銀行で働く東京大学ラグビー部のOB(28歳)。現役東大生だった数年前、OB訪問をした先輩と意気投合し、獲得していた内定を蹴って今の会社を選んだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。