記事一覧:ネット世論調査69

  • 今週のテーマ【雑誌】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【雑誌】

    2013年05月11日号  

    雑誌を買う頻度を聞くと、「雑誌はほとんど買わない」が65.8%で最多。「月に1冊程度」(15.8%)、「月に2~3冊程度」(9.8%)と続いた。「ほとんど買わない」などの回答者を除く158人に購入する雑誌の種類を聞くと、「趣味の雑誌」(24.1%)、「ファッション誌」(22.2%)、「一般週刊誌」「総合ビジネス誌」(共に20.9%)が上位に。

  • 今週のテーマ【ゴールデンウイーク】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【ゴールデンウイーク】

    2013年05月04日号  

    今年のゴールデンウイークに休みを合計何日取るか、という質問に対し、「7日」が11.0%、「10日」(10.8%)、「0日」(9.8%)、「6日」(7.6%)と続き、「まだわからない」が44.8%の回答だった。

  • 今週のテーマ【動物園、水族館】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【動物園、水族館】

    2013年04月20日号  

    動物園に行く頻度は「2、3年に1回程度」以上と答えた人の合計が25.4%。2.8%が「行ったことがない」。動物園に行ったことがある486人に、最後に行ったのはいつかと聞くと、「10年以上前」(25.3%)、「5年以上前」(15.0%)と続いた。水族館に行く頻度は「2、3年に1回程度」以上が28.6%で、最後に行ったのは「10年以上前」(23.2%)、「5年以上前」(18.0%)が多かった。

  • 今週のテーマ【国民栄誉賞】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【国民栄誉賞】

    2013年04月13日号  

    97.4%が国民栄誉賞という賞の存在を「知っている」。さらに、92.2%が、政府が長嶋茂雄氏、松井秀喜氏に授与する方向にあることを「知っている」。長嶋氏への授与には65.8%が「賛成」で8.0%が「反対」。松井氏への授与は32.0%が「賛成」、「反対」は28.6%だった。

  • 今週のテーマ【花見】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【花見】

    2013年04月06日号  

    今年の桜が咲く時期については、64.6%が「咲くのが早過ぎる」と回答した。「早過ぎる」と回答した323人に早くなってしまったことをどう思うか聞いたところ、45.8%が「残念だ」と答えた。

  • 今週のテーマ【TPP】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【TPP】

    2013年03月30日号  

    安倍晋三首相がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉に参加すると正式表明したことを「知っている」のは89.6%だった。

  • 今週のテーマ【景気】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【景気】

    2013年03月23日号  

    現状の景気の認識について聞くと、「景気は悪く、悪いまま変わっていない」が54.6%で首位。「景気は悪かったが、よくなってきている」が21.0%で次点だった。円安傾向を「知っている」のは91.0%、現在の株高傾向を認知しているのは89.4%だった。株式投資については「これまでしたことがないし、これからもする気はない」が36.6%で首位だった。

  • 今週のテーマ【オリンピック招致】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【オリンピック招致】

    2013年03月16日号  

    東京都が2020年の夏季オリンピックを招致しようとしていることを「知っている」のは94.6%。候補が3都市に絞られていることを「知っている」のは73.8%だった。国際オリンピック委員会が東京に現地調査に訪れたことを「知っている」のは79.2%だった。

  • 今週のテーマ【花粉症】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【花粉症】

    2013年03月09日号  

    「自分や家族が花粉症か」との問いには、19.6%が「家族が」、18.6%が「自分が」、15.2%が「自分も家族も花粉症」と答えた。

  • 今週のテーマ【マクドナルド】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【マクドナルド】

    2013年03月02日号  

    「ハンバーガーが好きか」との問いに、50.8%が「好き」と答え、「好きでも嫌いでもなく特に何も思わない」(30.4%)、「大好き」(15.8%)、「大嫌い」(1.6%)と続いた。マクドナルドを43.0%が「好き」と答えた。マクドナルドのハンバーガーをジャンクフードと「思う」のは58.8%だった。

  • 今週のテーマ【日中関係】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【日中関係】

    2013年02月23日号  

    中国の軍艦によるレーダー照射が、日中間で政治問題になっていることを「知っている」のは92.8%。この件で安倍晋三首相が「非常に遺憾だ」と述べた姿勢については「中国に対して言うべきことを言っていて評価できる」が57.4%だった。

  • 今週のテーマ【インフルエンザ】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【インフルエンザ】

    2013年02月16日号  

    インフルエンザが流行していることを「知っている」のは93.8%。今年の冬、インフルエンザに感染「した」のは4.6%。同居する家族で感染した人が「いる」のは7.4%だった。一方、昨年、一昨年の冬にインフルエンザにかかったことが「ある」のは9.4%。

  • 今週のテーマ【牛肉】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【牛肉】

    2013年02月09日号  

    「どの肉が一番好きか」との問いに対して「牛肉」が40.6%と首位。「豚肉」(28.4%)、「鶏肉」(26.2%)と続いた。「1年間に牛丼店でどれくらい牛丼を食べるか」との問いに対しては38.4%が「牛丼はほとんど食べない」と答え、「1~3回ほど」(18.0%)、「4~5回ほど」(15.4%)が続いた。

  • 今週のテーマ【体罰】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【体罰】

    2013年02月02日号  

    大阪市立桜宮高校の生徒が体罰を受けた翌日に自殺したことを「知っている」のは96.6%。この件を厳しく批判し入試も中止することを要請した橋下徹市長の対応について、「厳しい姿勢は評価するが入試中止は評価しない」が44.0%で、「厳しい姿勢も入試中止も評価する」は31.8%だった。

  • 今週のテーマ【スキー】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【スキー】

    2013年01月26日号  

    スキーを21.0%が「したことがない」と答えた。一方で、「11回以上したことがある」と答えたのは、20代では21.0%、30代で31.0%、40代で33.0%、50代で37.0%、60代で36.0%だった。

  • 今週のテーマ【お正月の過ごし方】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【お正月の過ごし方】

    2013年01月19日号  

    お正月に自分や家族の実家に帰省を「した」と答えたのは40.0%。初詣に「行った」のは53.2%だった。初詣に行った266人に賽銭の額を尋ねると、「6~100円」(56.8%)、「101~1000円」(22.9%)、「1~5円」(11.7%)が上位に並んだ。

  • 今週のテーマ【音楽】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【音楽】

    2013年01月12日号  

    携帯型音楽プレーヤーや音楽再生機能を内蔵したスマートフォンなどを持ち歩いている人はグラフの通り。「ほぼ毎日持ち歩いている」という119人に「その音楽再生機器で、どのくらい音楽を聴くか」を尋ねたところ、「ほぼ毎日聴く」が53.8%を占めた。

  • 今週のテーマ【スマートフォン】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【スマートフォン】

    2013年01月05日号  

    携帯電話と高機能な情報端末を融合させた端末をスマートフォンと呼ぶことを「知っている」のは84.2%。スマホを「持っている」のは33.8%だった。

  • 今週のテーマ【クリスマス】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【クリスマス】

    2012年12月22日号  

    2012年のクリスマスの過ごし方について聞くと、「まだ何も決めていない」がトップの36.0%。「自宅で家族とパーティ」(30.2%)、「自宅で特に普段と変わりなく過ごす」(20.8%)、「職場で特に変わりなく過ごす」(4.6%)などが続いた。

  • 今週のテーマ【電子書籍】

    ネット世論調査
    今週のテーマ【電子書籍】

    2012年12月15日号  

    電子書籍の利用経験者はまだ少数派だ。利用したことのない414人に今後の意向を聞くと、「利用したい」は13.0%だった。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 特別セミナーのご案内 ※残席僅か

記者の目

  • 副編集長 藤田章夫

    個人としては通算11本目となる保険特集です

     2006年に「週刊ダイヤモンド」編集部に異動になってからほぼ毎年、保険特集を作ってきました。今号を入れて、その数11本。
     それぞれの特集に思い入れがありますが、印象深い号を思い起こせば、医療保険に絞り込んだ「医療保険に気をつけろ!」(06年)、タイトルが刺激的だった「騙されない保険」(12年)、初めて企画から構成まで全てを手掛けた「保険激変!」(15年)です。
     94ページもの大特集となった今年の保険特集も、印象に残る号になりそうです。
     そして、この号をもって、保険担当が中村記者に代わります。とはいえ金融全般を担当しますので、来年の保険特集100ページ(?)も中村記者&宮原記者と共に作ります。

  • 編集長 深澤 献

    母が買った「顧客本位」に反した個人年金保険

     傘寿を迎えた母が最近、なけなしの老後資金を、銀行に勧められるまま豪ドル建ての個人年金保険につぎ込んだとのこと。
     金融庁はこのところ、「フィデューシャリー・デューティー(受託者責任)」の旗印の下、金融機関に顧客本位の業務運営を求めています。
     母が買った商品はまさに、外国債券と投資信託、掛け捨ての死亡保険をあえてパッケージ型にして割高の手数料を徴収する顧客本位から懸け離れたもの。昨年9月に出た金融庁の「金融レポート」でも、この手の商品を「顧客のニーズよりも、販売・製造者側の論理で金融サービスを提供しているのではないか」とバッサリ斬っています。購入時に相談に乗ってやれなかったのが悔やまれます。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号10名様に当たる! いますぐ資料請求!