記事一覧:週刊ダイヤモンドの見どころ204

  • 山一証券破綻20年目の深層、非公開資料と元社員の証言で判明

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    山一証券破綻20年目の深層、非公開資料と元社員の証言で判明

    2017年11月25日号

    『週刊ダイヤモンド』11月25日号の第1特集は「山一・拓銀破綻から20年 バブルで日本は何を失ったか」です。1997年11月、山一証券と北海道拓殖銀行が相次いで破綻し、国民に大きな衝撃が走りました。それから20年、本誌が当局関係者から独自に入手した非公開資料と元社員の証言によって、山一が破綻に至った深層が明らかになりました。

  • 初公開!財界の知られざる右派人脈保守系団体に名を連ねる企業首脳リスト

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    初公開!財界の知られざる右派人脈 保守系団体に名を連ねる企業首脳リスト

    2017年11月18日号

    『週刊ダイヤモンド』11月18日号の第1特集は「右派×左派 ねじれで読み解く企業・経済・政治・大学」です。右派と左派。そう聞けば自分とは関係ない世界の話だと思う人が多いでしょう。ただ現在の日本をこの両極から読み解くと、これまでとは異なる社会、経済、政治の断面を見ることができます。企業・経営者の保守人脈から「自称リベラル」の真実まで、左右にまつわる事象を硬軟織り交ぜてお届けします。

  • 顧客満足、経営、従業員満足で格付け経済誌流の外食チェーン“グルメガイド”

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    顧客満足、経営、従業員満足で格付け 経済誌流の外食チェーン“グルメガイド”

    2017年11月11日号

    『週刊ダイヤモンド』11月11日号の第1特集は、「味から儲けの仕組みまで 外食チェーン全格付け」です。顧客満足率、経営力、従業員満足度で各チェーンを格付けし、その裏側のビジネスモデル、経営戦略まで解説する経済誌ならではの“グルメガイド”を作りました。

  • 帝国、オークラ、ニューオータニを脅かす?ホテル“超”御三家とは

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    帝国、オークラ、ニューオータニを脅かす?ホテル“超”御三家とは

    2017年11月04日号

    『週刊ダイヤモンド』11月4日号の第1特集は「1万人が選んだ ホテル&エアライン」です。今、ホテル&エアライン業界が好調です。急増するインバウンドに加えて、日本人の出張や旅行需要が堅調なことにマーケットが支えられています。一方で、参入プレイヤーが続々と増え、白熱した競争が繰り広げられてもいます。

  • 混迷する住まい選びマンションと戸建てが1992年度以来の大異変!

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    混迷する住まい選び マンションと戸建てが1992年度以来の大異変!

    2017年10月28日号

    『週刊ダイヤモンド』10月28日号の第一特集は「損しないマンション×戸建て×中古リノベ」です。今年度上半期の新築マンション市場において、首都圏の供給戸数は1992年度以来の低水準。平均販売価格は過去26年度で最も高い価格となりました。もう一つのマイホームの主役、戸建て市場も大都市の住宅地に地価暴落を招きかねない“時限爆弾”を抱えています。

  • 世界がトヨタを潰しにきた!独VW、習近平が「EVシフト」を進める狙い

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    世界がトヨタを潰しにきた! 独VW、習近平が「EVシフト」を進める狙い

    2017年10月21日号

    『週刊ダイヤモンド』10月21日の第1特集は、「パナソニック・トヨタが挑むEV覇権」です。世界で電気自動車(EV)シフトが加速している。主要国・自動車メーカーがそれぞれの思惑を抱えながらEVへ舵をきっているのだ。 新旧入り乱れるゲームチェンジャーがたたきつけた「挑戦状」にトヨタ自動車はどう応えるのか。

  • 初調査!ニッポンの老害相談役・顧問

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    初調査!ニッポンの老害 相談役・顧問

    2017年10月14日号

    『週刊ダイヤモンド』10月14日号の第一特集は「初調査! ニッポンの老害 相談役・顧問」です。多くの上場企業にいる「相談役」や「顧問」。しかし、開示項目ではないため、その存在の有無や勤務実態、報酬などの情報はほとんど知られていませんでした。しかし2018年1月から任意の公開制度が始まります。ついにベールに包まれていた「奥の院」についに光が当たるのです。特集では、上場企業へのアンケートを通して、一足先にこの「奥の院」を覗いてみました。また、コーポレートガバナンス(企業統治)向上のために、「相談役」「顧問」制度を自ら改革しようと取り組むメガバンクの苦闘も紹介します。

  • 三日坊主でも構わない!「独学」であなたの人生が変わる

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    三日坊主でも構わない!「独学」であなたの人生が変わる

    2017年10月07日号

    『週刊ダイヤモンド』10月7日号の第1特集は「これなら続けられる!『独学力』」です。勉強してキャリアアップに役立てたい。そう思っていても、いざ勉強するとなると、何から始めたらいいかわからないし、忙しくて続けられそうにない。そんな人にぴったりなのが「独学」です。いつでも、どこでも、自分のペースで勉強できる独学の魅力とノウハウをまとめました。

  • ソフトバンクがAI新会社設立へ、孫社長「300年帝国」の野望が始動

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    ソフトバンクがAI新会社設立へ、孫社長「300年帝国」の野望が始動

    2017年09月30日号

    『週刊ダイヤモンド』9月30日号の第1特集は「最強『テック財閥』の内幕 孫正義が知らないソフトバンク」です。10兆円ファンド設立や3.3兆円での英アーム買収など、世界が刮目する飛躍を見せるソフトバンク。最強の「テック財閥」になるべく、海外事業に注力する創業者の孫正義社長は自らも未知の領域に足を踏み入れました。一方で国内に目を向けると、急速な海外シフトに戸惑う社員が増え、孫社長も知らない事態が進行しています。世界と日本に分裂する二つのソフトバンクの内幕に迫りました。

  • 不透明相場に負けない「長期・分散・少額」投資のススメ

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    不透明相場に負けない「長期・分散・少額」投資のススメ

    2017年09月23日号

    『週刊ダイヤモンド』9月23日号の第1特集は「株&投信 超理解」です。来年1月から、「つみたてNISA」がスタートします。その名の通り、毎月コツコツと長期にわたって積み立て投資していくことで、将来に向けた「資産形成」を行うことが目的です。この制度を半ば強引に導入したのは、金融庁の森信親長官です。その理由は何でしょうか。本特集ではそうした疑問に答えつつ、意外に知らない長期投資の効果について、丁寧に解説しています。

  • 受験生と親の世代間ギャップは不幸を招く30余年を遡り「大学序列」徹底解剖!

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    受験生と親の世代間ギャップは不幸を招く 30余年を遡り「大学序列」徹底解剖!

    2017年09月16日号

    『週刊ダイヤモンド』9月9日号の特集は「35年の偏差値と就職実績で迫る 大学序列」です。全96ページで大学序列の変貌と実態を明らかにしました。

  • 「決算書は読めた方がいい」ではダメ!   絶対必須のスキルに

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    「決算書は読めた方がいい」ではダメ! 絶対必須のスキルに

    2017年09月09日号

    『週刊ダイヤモンド』9月9日号の第一特集は「会社の数字がわかる反復練習 決算書100本ノック!」です。財務を理解し決算書を読み解くことは、働く人の必須スキルとなりました。実際のエピソードが超豊富な、楽しく易しい週刊ダイヤモンドからの100本ノックを是非、受け取ってください!

  • 定年サラリーマンを襲う「7大リスク」の正体

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    定年サラリーマンを襲う「7大リスク」の正体

    2017年09月02日号

    『週刊ダイヤモンド』9月2日号の第1特集は「定年後の歩き方 お金・仕事・人脈」です。40代後半から50代前半の管理職の人たちが今、定年後のお金、健康、孤独という不安に押しつぶされそうになっています。定年後を輝かせるために、仕事や家庭とどう向き合っていくべきか、自問自答するその実像と 生き生きと過ごすための「歩き方」を探りました。

  • 防衛七族が跋扈する25万人組織「自衛隊・防衛省」の秘密

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    防衛七族が跋扈する25万人組織 「自衛隊・防衛省」の秘密

    2017年08月26日号

    『週刊ダイヤモンド』8月26日号の第1特集は「自衛隊・防衛ビジネス 本当の実力」です。北朝鮮のミサイル挑発、中国の海洋進出──。日本の安全保障が脅かされるような緊迫した事態が続いています。にもかかわらず、日本の防衛政策をあずかる防衛省・自衛隊は内輪揉めを繰り返しています。これでは、とても日本の有事を守れる体制にありません。日本の「防衛力」は危機的状況にあるのです。

  • 介護保険で密かに進む「改悪」の実態、負担ほぼ倍増も

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    介護保険で密かに進む「改悪」の実態、負担ほぼ倍増も

    2017年08月12日号

    『週刊ダイヤモンド』8月12・19日合併特大号の第一特集は「制度改悪に備える 家族の介護」です。いま、介護保険制度の変更が制度理念を根本的に変える形で、ひっそりと進んでいます。その多くは利用者サイドから見れば、総じて“改悪”と言わざるを得ません。介護を考える高齢者はもちろん、更なる制度劣化は避けられない10年先、20年先の介護を受ける現役世代も必見です。

  • ロジカルシンキング&問題解決法

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    ロジカルシンキング&問題解決法

    2017年08月05日号

    『週刊ダイヤモンド』8月5日号の第一特集は「ロジカルシンキング&問題解決法」です。歌に音階があり、英語に文法があるように、実は、仕事にもきちんと確立された手法があります。それは、ロジカルシンキングや問題解決法、フレームワークというもので、いってみれば、〝仕事の技術〟ですが、一部の大学などを除き学校では教えてくれません。それにもかかわらず、高年収・高効率の人たちはきっちり実践しているのです。

  • 頭取を辞任に追い詰めた!?三菱UFを牛耳る「影の権力者」の正体

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    頭取を辞任に追い詰めた!?三菱UFを牛耳る「影の権力者」の正体

    2017年07月29日号

     『週刊ダイヤモンド』7月29日号の第一特集は「三井・住友・三菱・芙蓉・三和・一勧 6大企業閥の因縁」です。戦後日本の発展を支えた6大企業集団。その多くは衰退してしまい、最強の企業集団とされる三菱グループでも今、異変が起こっている。御三家の一角、三菱東京UFJ銀行の頭取が在任1年余りで異例の退任となったのだ。背景には「組織の三菱」のゆがみが生んだ「院政」の影がちらつく。

  • あなたのお金に大事なことは、全て森長官が決めている

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    あなたのお金に大事なことは、全て森長官が決めている

    2017年07月22日号

    『週刊ダイヤモンド』7月22日号の第1特集は「あなたのお金の味方はどっち? 金融庁vs銀行」です。「あなたのお金」を殖やし、守るための戦い——。今、金融庁vs銀行の戦いはそんな新局面を迎えています。人気テレビドラマ「半沢直樹」でも繰り広げられていた、不良債権問題をめぐる両者のバトルも今は昔。この新しい戦いの行方は、あなたの財布の中身や人生設計を左右します。「資産形成」改革の波に乗り遅れないためには見逃せません。

  • 日本はとっくに負けていた!中国「超キャッシュレス社会」の衝撃

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    日本はとっくに負けていた! 中国「超キャッシュレス社会」の衝撃

    2017年07月15日号

    『週刊ダイヤモンド7月15日号』の第1特集は「中国に勝つ〜超速・変幻自在モデルの乗れ!〜」です。日本のITレベルが20世紀で止まっている間に、中国は進化しまくっていた!キャッシュレス社会が到来し、日本よりもよほど便利な日常生活が送れるようになっていたのだ。中国の産業界での革新も凄まじい。製造業からサービス業へ、模倣モデルからイノベーションモデルへと舵を切り、産業競争力も更に高まっている。日本を超えた中国に勝つにはどうすべきなのか。中国とのつながり方を模索し、日本独自の「勝ちパターン」を提示する時に来ている。

  • ユニクロ有明物流倉庫「大混乱」の理由を柳井会長に聞く

    週刊ダイヤモンドの見どころ
    ユニクロ有明物流倉庫「大混乱」の理由を柳井会長に聞く

    2017年07月08日号

    『週刊ダイヤモンド』7月8日号の特集は「ユニクロ 柳井正 最後の破壊」です。ファーストリテイリングは今、会社を抜本的に改革しようとしています。目途がつけば、いよいよ世界一の背中と柳井会長の引退が見えてくる――そういう意味で、今回の改革は柳井会長兼社長にとって「最後の破壊」ともいえます。これまでのファストリの「破壊と創造」の歴史を振り返り、同社の強さの秘密と今後の課題について炙り出しました。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集長 深澤 献

    バブル入社でもヒラ社員にはおこぼれなし

     1989年入社組なので、「バブル世代」と呼ばれるクチです。でも、確かに就職は超売り手市場だったものの、バブル景気を謳歌していたのは、もっと上の世代。ペーペー社員の私はほぼ、おこぼれにあずかっていません。
     思えば、不動産でも株でも、バブルに踊っていた主役は「個人」より「企業」でした。夜の街でどんちゃん騒ぎしていたのもタクシーチケットをばらまいていたのも「社用族」。個人の財布ではなかったからこそ無茶ができたのかもしれません。その意味でも非常識で無責任な時代でした。
     その後の20年で、株主や世間の目は厳しくなり、コンプライアンス順守は必須に。でも、最近また日本全体が緩んできている?と感じるのは私だけでしょうか。

  • 編集部 千本木啓文

    特集取材と結婚式準備を同時にこなしたA記者に脱帽

     今回の特集では、編集部の働き方改革に一石を投じる事件がありました。
     取材班のA記者が原稿の締め切り間際に結婚式を催したのです。自ら編集したムービーを流したり、ピアノを弾いたりと手間暇を掛けた素晴らしい式だったそうです。
     結婚式の準備はやるべきことが多く、夫婦がピリピリすることも多いものです。A記者はこれと、特集準備の仕事を同時にこなす〝離れ業〟をやってのけたわけです。
     ただ、さすがに全てはやり切れませんでした。彼はバブル期の銀行員らがどんなお酒の飲み方をしていたのか体験取材したいと言っていました。最終的には断念したようですが、今回はそれが正しい判断だったような気がします。末永くお幸せに!

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
2018年読者モニター 読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!