記事一覧:海外マーケット6

  • 日本や欧州への悪影響も避けられない対ロシア経済制裁

    海外マーケット
    日本や欧州への悪影響も避けられない 対ロシア経済制裁

    2014年10月9日

    ロシア・ウクライナ情勢が引き続き世界の注目を集めている。マレーシア航空機撃墜事件を受け、ロシアとの経済関係が深い欧州が本格的な対ロシア経済制裁に踏み込んだことで、ロシア・ウクライナ情勢が世界経済に与える影響が懸念される状況になっている。対ロシア経済制裁の影響とは。

  • 大幅下落が止まらない鉄鉱石市況中国景気減速でも増える供給量のなぜ

    海外マーケット
    大幅下落が止まらない鉄鉱石市況 中国景気減速でも増える供給量のなぜ

    2014年6月18日

    鉄鉱石のスポット価格は年初の134ドルから足元の91ドル(6月13日現在)まで、大幅に下落している。同期間でCRB指数が9%増、原油が9%増、銅が9%減となっているのに対し、鉄鉱石は30%減と値下がりが顕著である。

  • 震源地は新興国ではなく米国収まらない市場不安の“深層”

    海外マーケット
    震源地は新興国ではなく米国 収まらない市場不安の“深層”

    2014年1月31日

    1月29日(日本時間30日)、米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小の続行が決定された。“想定通り”の結果であり、市場はこれを織り込み済みだったはずだ。ところが、同日の世界の株式市場はほぼ全面安となった。日経平均は一時500円以上の下落で1万5000円割れに見舞われた。為替も1ドル101円台まで円高に振れた。

  • 穀物市場に訪れる「おかずの時代」豊かさがもたらすコーン・大豆シフト

    海外マーケット
    穀物市場に訪れる「おかずの時代」 豊かさがもたらすコーン・大豆シフト

    2013年12月19日

    米国政府がコーン由来エタノール燃料使用義務量の削減案を発表したことが話題となっている。具体的には2014年の再生可能燃料の使用義務量を従来比16%減らすというもので、結果米国のコーン需要は約5億ブッシェル(約1250万トン、米国内消費の約4%)減少するとの見方もある。正式決定は来春頃とみられるが、紆余曲折が予想され、短期的な価格変動要因となりそうだ。

  • 金融機関、資源商社が群がったアルミニウム取引の錬金術に入ったメス

    海外マーケット
    金融機関、資源商社が群がった アルミニウム取引の錬金術に入ったメス

    2013年9月18日

    アルミニウムは、私たちにとって、とても身近な金属だ。ジュースの缶やアルミ箔といった身の回りの品や、自動車や電気機器の部品、建材にも多く使われている。ところが近年、大量のアルミニウムがわれわれの生活に身近とはいえない、金融取引の材料として利用されている。そして、この金融取引は、一部の企業に、錬金術ともいえる利益をもたらしてきたと見られている。しかし最近、関連機関の規制強化によって、この構図が大きく変わる可能性が出てきた。ここでは、その錬金術の仕組みと、規制強化にいたる背景を探ってみたい。

  • 中国の外貨準備に変調の兆し米国と日本の金利不安定化要因に

    海外マーケット
    中国の外貨準備に変調の兆し 米国と日本の金利不安定化要因に

    2013年7月9日

    3兆4400億ドル(344兆円、3月末時点)の資金を抱え、世界最大の「ファンド」ともいえる中国の外貨準備に、変調の兆しが見え始めた。世界経済の牽引役だった新興国の成長に陰りが見え、世界のマネーが先進国へと逆流するなかで、中国においても資金流入が急速に縮小。2012年には、中国の資本・金融収支が14年ぶりに168億ドル(1兆6800億円)の赤字となった。4月初めには、中国国家外為管理局が、2012年版国際収支報告書の中で、「さらなる資本の流出を排除できない」との見解を示している。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 定期購読キャンペーン 図書カード3000円分プレゼント

記者の目

  • 副編集長 清水量介

    お札にもなっているほどの人なのに…

     周囲の人たちに、『学問のすすめ』を読んだことがあるかと聞くと、「ある」と答えたのは1人だけ。他の福沢諭吉の書籍に至っては、ゼロでした。
     お札にもなっているほどの人なのに、「ぶっちゃけ、何がすごいのかよく分からない」という人がほとんど。
     素晴らしい現代語訳の本が多数出ていますので、もしこの特集で興味を持ってもらえたら、一読をお勧めします。
     ちなみに、福沢諭吉をここまで大々的に取り上げていると、慶應義塾大学の出身者と思われそうですが、私は、野球など、何かとライバル扱いされる方の大学の出身者です。決して、母校のためなどという思いで特集を企画したわけではありません。念のため。

  • 編集長 深澤 献

    引用して偉そうにしゃべったのを思い出しました

     2009年に「社会起業家全仕事」という特集を担当しました。若い世代中心に広がっている「事業として利益を上げつつ社会問題を解決する」という取り組みに焦点を当てたものです。
     発売後、縁あって慶應義塾大学の某ゼミ勉強会で、同特集についてお話しする機会に恵まれました。その際に話したのは、自分の社会人としての考え方は、ご存じ『学問のすすめ』の「アリのたとえ」に影響されているということ。
     家族を養うために働くのはアリでもやっている。大事なのは他者、社会のために働くという意識で、それは“いかにも”な社会活動でなくても、あらゆる仕事で可能だ、と。
     このたび、そう偉そうにしゃべったのを思い出し、改めて気を引き締めました。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!