記事一覧:短期集中連載17

  • ヨハン・ガルトゥング(平和学者)インタビュー

    短期集中連載
    ヨハン・ガルトゥング(平和学者)インタビュー

    2015年09月26日号  

    平和を二つに分けて考えます。「消極的平和」と「積極的平和」です。消極的というのは、いかにして暴力状況あるいは暴力の発生を避けるかということ。積極的平和はいかにしてみんなが協力できるか、しかも調和の取れた関係で、いかに進めるかということです。

  • 戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    短期集中連載
    戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    2015年09月26日号  

    安倍首相が積極的平和主義を唱えるよりもはるか以前に「積極的平和」を提唱したのが、平和学の父と呼ばれるガルトゥング博士。博士は安保法制が憲法違反であると批判する一方、アジアの平和構築に向けて、北東アジア共同体の設立を提案する。

  • 村山談話を書いた元官僚が誕生秘話とその意義を語る

    短期集中連載
    村山談話を書いた元官僚が 誕生秘話とその意義を語る

    2015年08月08日号  

    安倍晋三総理が「戦後70年談話」を出す時期が迫ってきた。そこで今、注目を浴びているのが、戦後50年に出された「村山談話」だ。日本の歴史認識においても重要な意味を持つ同談話の原案を書いた元外務官僚が、作成までの秘話と意義を語る。

  • 中国人民の生の声を聞く批判と好意が併存する混沌

    短期集中連載
    中国人民の生の声を聞く 批判と好意が併存する混沌

    2015年08月08日号  

    今や、書店に行けば、嫌中・嫌韓本が何種類も平積みにされ、電車内の中づり広告では、一部の週刊誌が毎週のように組む嫌中・嫌韓特集のタイトルが目に飛び込んでくる。嫌中がこれほど“メジャー”なテーマになったきっかけは、2010年9月に起こった、尖閣諸島中国漁船衝突事件だろう。さらに12年9月には日本が尖閣諸島を国有化し、これをきっかけに、猛烈な反日デモが中国全土に広がった。

  • 戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    短期集中連載
    戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    2015年08月08日号  

    日本と中国、韓国の政府見解が報道される一方で、国民の本音はほとんど聞かれない。そこで本誌が中国人民に日本に対する認識をヒアリングしたところ、想像以上に大きな認識ギャップの存在が浮かび上がってきた。

  • 経済データで検証する「アジアの世紀」の到来

    短期集中連載
    経済データで検証する 「アジアの世紀」の到来

    2015年08月01日号  

    2011年のタイ大洪水で、自動車をはじめ日本の多くのメーカーが生産停止などに追い込まれ、図らずも生産ネットワークの広がりを見せつけた。もはや相互依存は深まり、アジアとの共生なくして、日本の未来はない。

  • 外務省OBが徹底討論安定のアジア構築への道

    短期集中連載
    外務省OBが徹底討論 安定のアジア構築への道

    2015年08月01日号  

    世界経済の軸は、今アジアにシフトしつつある。だが、中国の台頭を背景に、政治・安全保障面では不安定な状況が続く。外交の第一線で活躍した外務省OBの田中均、藤崎一郎、宮本雄二の3氏が、これからの日本の役割を徹底的に討論した。

  • 戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    短期集中連載
    戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    2015年08月01日号  

    戦後70年を迎え、これから安定したアジアを構築していくために、日本がどのような役割を果たせるのか。外交の第一線で活躍した外務省OBの討論、そして主要なデータを使い、アジアの世紀の到来を検証する。

  • なぜドイツは和解を進め日本は対立が深まるのか

    短期集中連載
    なぜドイツは和解を進め 日本は対立が深まるのか

    2015年07月25日号  

    日本とドイツの戦後処理についてはよく比較される。そして、決まって「ドイツはうまくいき、日本はうまくいかなかった」と評される。結果だけ見ればそうだろう。しかし、そう単純に言い切れない戦後の歴史がある。

  • 歴史問題キーワード

    短期集中連載
    歴史問題キーワード

    2015年07月25日号  

    【東京裁判】正式名称は極東国際軍事裁判。第2次世界大戦の勝者である連合国11カ国が、日本の指導者の戦争責任を追及した戦争犯罪裁判だ。

  • 白井 聡(京都精華大学専任講師)インタビュー

    短期集中連載
    白井 聡(京都精華大学専任講師)インタビュー

    2015年07月25日号  

    今、何が起きているかというと、特に第2次安倍政権になってから、もはやアジアの中で生きていくことを放棄したのかと思われる──そうとしか受け取れない言動が繰り返されている。一体そこを政権中枢や財界はどう考えているのか。

  • 小林よしのり(漫画家)インタビュー

    短期集中連載
    小林よしのり(漫画家)インタビュー

    2015年07月25日号  

    日本人というのは、船に例えたら片方に寄ってしまう傾向がある。みんなが左舷に行ったので、沈没しないようにわしは右舷に行った。そうするとみんな右舷にやって来て、また傾いたので、今度はわしが「おかしいよ」と真ん中に行くと右に行ったやつが、わしのことを左翼と呼ぶんだね。なかなか真ん中では止まらない。

  • 東郷和彦(京都産業大学教授)インタビュー

    短期集中連載
    東郷和彦(京都産業大学教授)インタビュー

    2015年07月25日号  

    日本の戦後処理は個人補償ではなく伝統的な国と国とによる解決を行ってきたし、それは全然おかしなことではなかった。ただ、それでは納得できない人たちが、人権意識の高まりとともに声を上げだし、国際社会の中で一定の政治勢力になりつつある。今、日本は、この課題にどう対応するかということが問われている。

  • 戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    短期集中連載
    戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    2015年07月25日号  

    戦後70年企画第2回では、それぞれ政治的立ち位置が異なる3人の論客に、安定した東アジアをつくるために、歴史認識問題をめぐる相克を乗り越える道を聞いた。後半では、第2次世界大戦では日本と同じ敗戦国・侵略国でありながら、今やEU(欧州連合)の盟主となったドイツの戦後処理について考えてみる。

  • 戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    短期集中連載
    戦後70年 FROM 1945 TO 2015

    2015年07月18日号  

    いよいよ戦後70年が近づいてきた。今年は保守派のチャンピオンと見なされる安倍晋三首相が、「首相談話」を出すだけに、世界的にも日本の戦後70年が注目されている。「週刊ダイヤモンド」では、戦後70年を迎えた今、先の戦争を振り返り、現在の国際情勢の変化を踏まえて、安定したアジアを構築するために日本はどのような選択をすべきかを、短期集中連載として考えていく。

  • 太平洋戦争を振り返る日本は誰に何をしたか

    短期集中連載
    太平洋戦争を振り返る 日本は誰に何をしたか

    2015年07月18日号  

    日本がかつて米国や中国と大戦争をしたことすら知らない若い世代が増えているという。歴史認識問題を考えるには、まずは事実を知ることが大前提となる。誰が誰に何をしたかという視点で太平洋戦争を振り返る。

  • 繰り返される日中歴史問題情報断絶時代が生むギャップ

    短期集中連載
    繰り返される日中歴史問題 情報断絶時代が生むギャップ

    2015年07月18日号  

    中国との間には、歴史認識問題は常に存在し、その対立は近年先鋭化すらしている。なぜ、中国は日本に歴史認識を問い続けるのか。それを理解するには、背景にある二つの“論理”と情報断絶の時代を知る必要がある。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービス提供終了と新サービスについて

記者の目

  • 編集部 山出暁子

    真価問われる大学のコロナ対応

     コロナの感染拡大が騒がれ始めた今年2〜3月は「何だか大変そうだぞ」と思いつつ、しばらくすれば収まるだろうと高をくくっていました。が、いまだ収束の兆しナシ。どうやら長丁場になりそうです。
     今号の特集で幾つか大学を取材しました。キャンパスに学生がいない、ガランとした風景は何とも言えないものでした。この春、緊急対応に追われた大学は、今後は緊急ではない、長期化を見据えた対応が必要になります。思い描いていたキャンパスライフを送ることができない学生たちといかに向き合うか。大学の真価が問われそうです。
     コロナ長期化を見据えて向き合うといえば、私もそろそろコロナ太りと真剣に向き合わなければ……。

  • 編集長 山口圭介

    長崎の『アロハ猟師』に刺激

     朝日新聞記者の著作『アロハで猟師、はじめました』に刺激を受けました。
       著者の近藤康太郎氏は渋谷生まれで米ニューヨークにも駐在した都会派ながら、なんと私が小中高を過ごした長崎県諫早市の田舎支局で猟師になった変わり種です。その語りは単なる体験記にとどまらず、ニーチェや大岡昇平ら先人の言葉を引き合いに、生と死に基づく野性的文明論が展開され、ぐいぐい引き込まれました。
     鬼籍に入った父も狩猟が趣味で、私自身、食糧を〝現地調達〟するキャンプに強制参加させられていました。「命」と向き合う機会はそうそうありません。「3密」の世界をしばし離れ、深遠な猟の世界に足を踏み入れてみたくなりました。

先週号の案内2020年8月1日号

表紙

特集今選ぶべき会社・業界・仕事ランキング

コロナ禍で中途・新卒採用市場は激変した。そこで転職・就職市場や企業人事に通じたプロたちへの取材を敢行。ランキング8本、トップ転職エージェント31人・転職市場調査、年間MVP転職エージェント4人座談会、主要89社「働き方・採用計画」調査などの…