記事一覧:特集22552

  • 特集2
    【Part2】 自分の資産は自分で守る! 投資の鉄則を押さえよう

    2015年2月21日号  

    高齢者は販売側にとってはまさに「カモがネギを背負ってくる」ようなもの。資産があって、売りたい商品を買ってくれるからだ。カモにされないよう、投資の鉄則を押さえよう。

  • 特集2
    要注意商品(3) 一時払い終身・医療保険

    2015年2月21日号  

    そもそも保険というのは将来のリスクに備えるための金融商品で、老い先が長いとはいえない高齢者には不向きだ。それでも、冒頭の岸田さんの例で紹介したように、変額年金保険や一時払い終身保険の購入を薦められることが多い。「預金より有利だし、この保険は元本保証ですよ」というのが常とう句だ。

  • 特集2
    要注意商品(2) 高利回りの外貨建て投信

    2015年2月21日号  

    株というと価格変動が大きいイメージがある。一方、債券と聞くと元本が保証されていると思いがちである。そのためか、外国債券を組み込んだ投信、いわゆる外債投信が人気を集めている。

  • 特集2
    要注意商品(1) 毎月分配型投信

    2015年2月21日号  

    銀行や証券会社で投信を購入しようとすると、必ずと言っていいほど薦められるのが「毎月分配型」の投信だ。パンフレットには「1カ月50円(1口当たり、税引き前)」などと書かれている。運用収益を1カ月単位で決算し、得られた収益を毎月分配する仕組みなので、「1口1万円の投信を100万円分買ったら、毎月5000円もらえますよ」と薦められれば、手を出したくなるのも無理はない。

  • 特集2
    【Part1】 高齢者がカモにされる 人気の金融商品の「裏側」

    2015年2月21日号  

    売れ筋の金融商品なら安心。それは大きな間違いだ。販売会社が薦める商品の中には、思ってもみないリスクが潜んでいたり、コストが高くて割に合わないものも少なくない。

  • 特集2
    高齢者は要チェック! 買ってはいけない金融商品

    2015年2月21日号  

    「これからはインフレになりますから、預金のままでは資産が目減りしますよ」。こんなセールストークで高齢者に金融商品を売り付けるのが金融機関の常とう手段だ。だが、彼らが薦める商品をうのみにしてはいけない。投資の鉄則をしっかり守り、買ってはいけない金融商品を見分ける目を養ってほしい。

定期購読のご案内

記者の目

  • 副編集長 清水量介

    読者26倍の有料版ダイヤモンド・オンラインで、トップクラスの人気連載とは?

     読者26倍の大幅増に感謝いたします。
     2024年6月でダイヤモンド・オンラインの有料デジタル版「ダイヤモンド・プレミアム」がスタートして5年になります。
     その間、総読者は9万0148人(21年比150%)となり、特に有料デジタル版読者は、およそ26倍の増加となっております(日本ABC協会調査)。
     いつも支えてくださる読者の皆さまに、心より感謝いたします。
     そのダイヤモンド・オンラインの有料版の中でも、トップクラスの人気の連載が「コンサル大解剖」です。
     コンサルティング業界の方々は必読の連載ですので、どうぞご一読いただければ幸いです。

  • 副編集長 名古屋和希

    学生街の喫茶店でコンサル人気を実感

     先日、都内の大学街にある喫茶店で原稿を書いていたときのことです。隣の席に後からやって来た学生3人が就職活動について話を始めました。「やっぱりコンサルだよね」。3人ともどうやらコンサルティング業界が第1志望のようでした。
     自分が社会人になったのはちょうど20年前のこと。就職氷河期真っただ中の当時、大学の同級生の多くは金融機関やメーカーを目指していました。コンサル志望者は周囲にはゼロ。昨今のコンサル人気を実感しました。
     もちろん、その時々で人気の業種を目指すことが決して悪いわけではありません。ただ、身を投じてから後悔するのは損です。本誌でコンサルについて理解を深めてもらえれば幸いです。

最新号の案内2024年6月22日号

表紙

特集コンサル大解剖

「勝ち組」としてバブルを謳歌するコンサルティング業界。アクセンチュアやビッグ4、戦略系ファーム、国内コンサル、ITベンダーから総合商社に広告代理店まで、市場の急膨張を背景に、業界の序列を巡って多種多様なプレーヤーがバトルを繰り広げている。大…

特集2商社の下剋上

七大総合商社の2023年度通期決算では、各社総じて過去最高益に沸いた22年度決算と同等かそれに次ぐ結果をたたき出した。一方、固定している序列には変動が見られ、今後、上位「五大商社」の顔触れが変わる気配も濃厚だ。総合商社の間で〝下剋上〟を引き…