記事一覧:特集10409

  • 特集 Part1
    不思議の国の英語ビジネス

    2015年04月04日号  

    3月上旬、都内のある書店の語学コーナーに迷い込むと、そこには不思議な光景が広がっていた。「1日でできる!」「サクサク読める!」「最強のTOEIC」、はたまた「今年こそ留学」──。英語を学ぼうという来店者がそのコーナーを訪れると、まず目に飛び込んでくるのは、あらゆるジャンルにまたがって出版される新刊タイトルの数々だ。

  • 特集 Part3
    【しごとの基礎英語】 ぶっつけ本番で 話すフレーズが魅力

    2015年04月04日号  

    アキとの愛称で呼ばれる俳優の篠山輝信さんが、ぶっつけ本番で英語を話すミニドラマが人気の「しごとの基礎英語」(通称:ジョブキソ)。企業の中で繰り広げられるビジネスコミュニケーションを英語で行うという番組だ。

  • 特集 Part2
    ピンポイント型で稼げ!

    2015年04月04日号  

    パート7まで来るとくたびれている人もいるが、ここは踏ん張ろう。あまり知られていないが、このパートこそ、実は確実に点が取れるのだ。時間管理について口を酸っぱくしてきたのはそのためだ。

  • 特集 Part2
    時間を稼ぎ、後に備えよ!

    2015年04月04日号  

    パート5~7がリーディングである。時間は計75分間。リスニング同様、リーディングでも時間管理が重要だ。単純計算でリーディングに費やせる時間は各パート25分。パート5でいうと合計40問なので、1問を37.5秒で解かなければならない計算になる。パート5は空欄に入るものを、四つの選択肢の中から選ぶ。受験勉強などでおなじみのスタイルだ。

  • 特集 Part2
    “聞き所”を絞り込め!

    2015年04月04日号  

    パート3のリスニング問題は会話を聞き取る問題だ。登場人物は2人で、1人が2回発言することが多い。つまりAとBの会話で、Aが先に話すのであれば、会話は「A→B→A→B」となるのが典型だ。パートの冒頭で、パート2と同じく問題の解説が約30秒間流れる。当然、ここも聴いていては駄目。設問を読み進めてしまおう。

  • 特集 Part2
    ワナにはまるな!

    2015年04月04日号  

    まずはテストの全体像をつかんでおこう。問題はパート7まであり、合計200問、与えられる時間は120分だ。パート1~4がリスニング、5~7がリーディングだ。本特集では600点前後から、750点以上へとレベルアップするために、とにかく効率よく点が取れるパート2、3、5、6、7の典型的な問題を選んで、解説していく。

  • 特集 Part2
    TOEIC逆解析で見えた 200点アップへの道

    2015年04月04日号  

    「まず1週間で15時間、英語の勉強をしてください」──。3月上旬の週末、記者は東京・表参道にあるビルの一室にいた。今日は体験入塾の初日。プレゼンスの船橋由紀子コーチの口から最初に飛び出したのは、そんな言葉だった。参加したのは2カ月間でTOEICのスコアを750点以上出すためのコース。週1回のレッスン後に課される膨大な宿題量をこなすため、週当たり15時間、1日平均で2時間強はテキストに向き合う必要があるという。

  • 特集 Part2
    【TOEIC】 40回超の満点ホルダーが教える 必勝ボキャブラリー150

    2015年04月04日号  

    語彙力でつまずくTOEIC受験者は数知れず。そんな人たちが知っておくべき必勝ボキャブラリーと語彙から見たTOEICの傾向と対策を伝授しよう。

  • 特集 Part4
    ヘビーユーザーが教える活用術!

    2015年04月04日号  

    トップの意向を受けて、国内販売本部のマネージャーらの英語力向上を推進しています。そこで昨年5月、サービスを知るため法人導入していたレアジョブを自ら始めました。

  • 特集 Part4
    仲間づくりが継続の鍵? 増加するユーザーと課題点

    2015年04月04日号  

    3月7日、東京・恵比寿ガーデンプレイスにあるDMM.COMの本社では、同社が展開するオンライン英会話サービスの「2周年記念パーティ」が開かれ、約100人のユーザーが一堂に会した。

  • 特集 Part3
    【実践ビジネス英語】 ネイティブの会話を 身に付けられる講座

    2015年04月04日号  

    数あるNHK英語講座の中でも最も評価が高く、レベルも最高峰に位置するのが、28年もの長きにわたって続いている「実践ビジネス英語」だ。この講座について有名ジャーナリスト、池上彰氏は自身の著書の中で、「アメリカや外資企業のビジネスの現場をビビッドに反映したもので、下手なビジネス書よりもためになる」と書いているほど。

  • 特集 Part3
    【ニュースで英会話】 時事ニュースが満載 英語教師たちも絶賛

    2015年04月04日号  

    この4月で7年目を迎える長寿番組「ニュースで英会話」は、NHKが世界に向けて発信しているNHK Worldで放送した時事ニュースの中から厳選したものを講座に落とし込んでいる。

  • 特集 Part4
    1レッスン385円! “ヤメベルリッツ”が生んだ ビズメイツ 衝撃の高クオリティ

    2015年04月04日号  

    2012年10月、英会話の名門スクールであるベルリッツを辞めた“ヤメベルリッツ”の4人組が、ビジネスマンに特化したオンライン英会話「ビズメイツ」を立ち上げた。ユーザーの規模は2000人強だが、14年は前年比340%というスピードで会員数を増やし、業界内で波紋を呼んでいる。

  • 特集 Part3
    【おとなの基礎英語】 海外旅行で即使える 英語が満載のオトキソ

    2015年04月04日号  

    4月から4年目に入る人気番組の「おとなの基礎英語」(通称:オトキソ)は、海外旅行で使えるフレーズが満載だ。見どころは、海外旅行で使える英会話はもちろんのこと、現地の歴史や建造物、食べ物などの最新情報が盛りだくさんなこと。

  • 特集 Part4
    競争激化で高まるサービス 試験対策やカウンセリングも

    2015年04月04日号  

    東京都新宿区にある「東京すしアカデミー」は、毎年二百数十人のすし職人を育てる調理師学校だ。生徒の年齢層は20~40代を中心に幅広く、それまで歩んできたキャリアも多様だが、入学者の80%が海外の和食レストランへの就職を希望しているのが特徴だ。

  • 特集 Part4
    オンライン英会話 驚威の進化

    2015年04月04日号  

    1回当たり百数十円の英会話レッスンはどのように生み出されているのか──。約2年間にわたりオンライン英会話で学んできた記者が、その謎を解くために現地に飛んだ。

  • 特集 Part3
    【Column】 スーパープレゼンテーション 選び出す秘訣は心が震えるプレゼン

    2015年04月04日号  

    テクノロジーやビジネス、芸術などの各分野で、世界をリードする人物がプレゼンテーションを行うTEDカンファレンス。インターネットにアクセスすれば誰でも見られるが、英語の苦手な日本人のために、テーマを取捨選択し、解説を付けた番組がNHKの「スーパープレゼンテーション」だ。

  • 特集 Part3
    【Column】 英会話タイムトライアル 瞬発力を鍛えて英語を話す訓練を

    2015年04月04日号  

    中学、高校、大学と数百時間の英語学習を経てもなお、英語を話すことができない人はとても多い。それは取りも直さず、「話す訓練をきちんとしたことがないからだ」(複数の英語関係者)。

  • 特集
    NHK英語の秘密 TOEICの謎

    2015年04月04日号  

    今年こそ英語を習得しよう──。新年度にそう意気込むあなたを待っているのは、膨大な数に上る学習教材や、多種多様な英会話スクールといった「英語の海」だ。目的に合わせて、迷わずに実力を上げるにはどうすればいいのか。本誌では三つの方法に絞って、これまで明かされていない"禁じ手"を含めた、秘密の英語学習法に迫った。

  • 特集 Part3
    不変の人気を誇る秘密は 番組作りの“こだわり”にあり

    2015年04月04日号  

    なぜ、NHKの英語講座は不変の人気を誇るのか。その秘密を探るべく、本誌は東京都渋谷区にあるNHK本社の番組制作現場に入り込み、知られざる内幕に迫った。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集部 田上貴大

    みずほが3度目の大規模システム障害、人材確保で悪影響必至

     3度目の大規模なシステム障害を起こしたことで、みずほ銀行への風当たりが強まっています。みずほのシステムはなぜ、時限爆弾のごとく約10年ごとに〝爆発〟を繰り返すのでしょうか。
     3度目となる今回。2月から3月にかけた約2週間の短期間に、4回の異なる障害が発生しました。因果関係が分からないまま連鎖するトラブル。「職場に行きたくない」。顧客と向き合い、直接不満をぶつけられる現場の行員はおびえる声を漏らしました。
     くしくも3月、新卒採用向けの会社説明会が本格的に始まりました。信頼回復を急がなければ、次世代を担う優秀な人材確保への悪影響は必至でしょう。採用面での苦戦が、時を超えて大きな禍根を残すかもしれません。

  • 編集長 山口圭介

    銀行にとって最大の危機は〝緩慢な死〟に至る人材危機

     今週号の特集は「銀行『複合』危機」です。ユニゾショックは同社に巨額を貸し込んでいた全国の地銀を大混乱に陥れました。足元では、給与デジタル払いなど銀行の〝既得権益〟が崩れ去ろうとしています。
     一方で銀行業界はDX、SDGs、ダイバーシティ対応などなど、勝ち残りに向けて着々と改革を打ち出してきました。が、ここにも危機は潜んでいます。
     ある銀行幹部は「規制に縛られながら働いてきたので、新しい環境で新たなビジネスを模索できる人材が極端に少ない」。別の銀行関係者は「そもそも銀行業界に優秀な人材が来なくなった」とも。
     銀行にとって最大の危機は、〝緩慢な死〟に至る、こうした人材危機でしょう。

先週号の案内2021年4月10日号

表紙

特集1億総リストラ

コロナ禍が直撃した2020年、上場企業約100社が早期・希望退職者募集を打ち出した。21年に入ってからもすでに約40社。コロナ禍の直撃を受けて赤字が膨らんだ企業だけが実施するのではない。黒字企業も人員整理を断行し、誰しもが無関係でいられない…

特集2外食大再編

外食業界が新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けている。緊急事態宣言に加え、狙い撃ちの時短営業の要請など、飲食店は青息吐息だ。その裏で、今が外食企業の“買い時”だと舌なめずりするプレーヤーがいる。ファンドや総合商社などが主導して進む外食…