記事一覧:特集10409

  • 特集 Part3
    【Column】Twitter 傘下Vineでメッセージング機能を実装

    2014年04月19日号  

    iOSのApp Storeの無料ダウンロードアプリで常時トップにランクインする「Vine」。気軽に6秒間のループ動画の作成とシェアができるアプリとして海外・国内とも10代の若者を中心にヒットし、2013年8月には4000万ダウンロードを記録した。Vineはツイッターが12年末に買収した数少ない大型案件の一つだ。

  • 特集 Part3
    【Column】Google SNSではなくグーグルサービス利用時の“脊椎”

    2014年04月19日号  

    「インターネット社会の支配者」とまで称されるグーグルだが、SNS分野での存在感は決して大きくない。かつて「グーグルバズ」など独自のサービスを展開したが、いまは終了している。そして現在、グーグルのSNSと見なされているのが「グーグル+」。自分の写真や動画を管理・公開したり、特定のグループのみと情報を共有したり、チャットやビデオ通話などができる「ハングアウト」などの機能も用意されている。

  • 特集 Part2
    今日から使えるLINEの基本

    2014年04月19日号  

    いまさら人に聞けないLINEの基本的な使い方を紹介していく。無料で、電子メールよりも便利なLINEを今日から使いこなそう。

  • 特集 Part1
    4億人突破 LINE快進撃

    2014年04月19日号  

    2014年4月1日、無料通話・メッセージアプリ「LINE」の利用者数が世界で4億人を突破した。日本発のサービスが成し遂げた快挙に、インターネット業界にお祝いムードが漂っている。渋谷のLINE本社には、胡蝶蘭やLINEキャラクターに似せた花などが次々と届き、受付に並んだ花でオフィス内にその匂いが充満するほどである。

  • 特集
    LINE(全)解明

    2014年04月19日号  

    無料通話・メッセージアプリ「LINE」の利用者数が4億人を突破した。いまやビジネスにも十分に使えるツールだ。世界のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の業界地図すら変えた、コミュニケーションアプリのすべてを解明する。

  • 特集 Part2
    組織の意思疎通を迅速に! 仕事でLINEを使い倒せ

    2014年04月19日号  

    LINEは遊びのSNS。そう決めつけていないだろうか。実は、仕事の場でLINEを使い、メールや電話ではできなかった働き方をするビジネスマンがじわりと増えている。

  • 特集 Part2
    【Column】 スマホ節約アプリを利用し 通話料を月3000円減へ

    2014年04月19日号  

    「LINE電話」を筆頭として、高止まりするスマートフォンの通話料金を節約しようとするアプリが続々と現れている。その活用次第では月額3000円の削減も狙えそうだ。

  • 特集 Part2
    出澤 剛(LINE取締役最高執行責任者(COO))インタビュー

    2014年04月19日号  

    登山でいえばまだ1~2合目といったところ。今回も通過点だと思っています。それも、スマートフォンのメッセンジャーとして世界でナンバーワンになりたいからです。今年中に5億人を目標とし、中長期的には10億人を目指しています。

  • 特集 Part2
    【Column】 顧客属性と合致し 人気の「ツムツム」

    2014年04月19日号  

    LINEのゲーム「ディズニーツムツム」が大ヒットを記録している。ディズニーキャラクターのぬいぐるみ「TSUM TSUM」をテーマにしたパズルゲームで、1月29日のサービス公開以来、若い女性を中心に大ブームとなり、2カ月で1000万ダウンロードを突破。1回プレーするごとに「ハート」が必要となるが、それをユーザー同士で贈り合うという“ソーシャル性”も人気の理由だ。

  • 特集 Part2
    1兆円超の企業価値を生んだ LINE経営の全貌

    2014年04月19日号  

    今年4月に利用者が全世界で4億人を突破した「LINE」だが、その企業としての姿はあまり語られていない。親会社である韓国ネイバーなどの戦略とともに、LINEの本質に迫る。

  • 特集 Part3
    【Column】Yahoo! カカオと提携もLINEに敗北 次はキャリアへ

    2014年04月19日号  

    3月26日、ヤフーで14年間も続いてきたサービスが静かに幕を閉じた。「ヤフーメッセンジャー」は、リアルタイムで短文をやりとりするインスタントメッセージサービスとしてパソコンをメインに一時、隆盛を極めたが、スマートフォンの普及と、LINEの爆発的な伸びによって存在意義を失っていた。

  • 特集 Part3
    【Column】mixi 一緒にわいわい遊ぶ“引っ張り”ゲーは救世主になれるか

    2014年04月19日号  

    公募増資で調達する63億円は、ゲームの広告宣伝費に投入──。大手SNS「mixi」を運営するミクシィが、スマートフォン向けゲーム「モンスターストライク(モンスト)」に社運を懸けている。3月開始のCM効果もあってか、昨年10月のサービス開始から約半年でインストール数が500万を超えた。

  • 特集 Part3
    【Column】Facebook SNSの“大通り”を歩くためには金に糸目はつけない 

    2014年04月19日号  

    総額190億ドル──。フェイスブック(FB)が今年2月、スマホ向けメッセージアプリ開発会社、ワッツアップを買収した金額である。ちなみにソフトバンクの米スプリント買収が1兆8000億円、サントリーホールディングスの米ジムビーム買収金額が1兆6500億円だから、約2兆円というその“破格度”は、まさにメガトン級だ。

  • 特集 Part4
    【図3-2】 SNSの森でよく見かける ソーハラ上司図鑑

    2014年04月19日号  

    これから職場でSNSを使いたいあなた。SNSの森には「ソーハラ上司」の存在が多く確認されています。生態を学び、他山の石とし、楽しいSNSライフを。

  • 特集 Part3
    フェイスブックすら時代遅れ? 世界規模で進む業界地図激変

    2014年04月19日号  

    190億ドル(約2兆円)。フェイスブックがワッツアップにつけた値段は、従来のビジネスでは考えられない額だ。SNS業界で、今何が起こり、何が評価されているのか。

  • 特集 Part3
    【図2-3】 増え続けるSNSを分類・整理

    2014年04月19日号  

    さまざまな特徴を持ったSNSが、次々に登場している。本項では主なサービスをピックアップし、特性ごとに分類。図の横軸は「汎用/特化」、縦軸は「絆の強弱」を表している。リリース年月や節目を追った歴史年表と併せて、各SNSの立ち位置を理解したい。

  • 特集 Part3
    【Column】Skype チャットもできる元祖ネット電話の10年目の戦略

    2014年04月19日号  

    ユーザー間で無料通信ができ、インスタントメッセージやファイル転送の機能もある──。2004年にルクセンブルクのスカイプ・テクノロジーズ社が立ち上げたインターネット電話サービス「スカイプ」は、今のLINEなどのチャットアプリが持つ機能を10年前から備えていたといえる。

  • 特集 Part4
    LINEトラブルを回避せよ 親と子が守るべき五カ条

    2014年04月19日号  

    子どもの間でLINEの普及度が高まるにつれ、さまざまなトラブルも増えている。全く使わせない、という対策が非現実的なら、親子で賢く安全なLINEとの付き合い方を学ぶべきだ。

  • 特集 Part4
    投稿欄に上下関係を持ち込む 「ソーハラ」上司が急増中!

    2014年04月19日号  

    SNS上で部下のプライベートに不必要に介入したり、嫌がらせを行う「ソーシャルハラスメント」(ソーハラ)。SNSに夢中になるあまり、あなたは部下にしていないだろうか。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 野村聖子

    6年制移行で医師と同等になるはずが結果は薬学部の「Fラン化」

     本誌が2021年に史上初めて世に送り出した「薬学部淘汰危険度ランキング」。今回は初めて財務指標を加味した形にリニューアルしました。
     薬剤師はもともと医師・歯科医師と並んで「三師」と呼ばれ、医療業界の中でも上位に位置する資格です。06年に薬学部が6年制に移行したのも、本来は現場で医師と肩を並べるための施策でした。
     ところが20年近くが経過した今、当初の志とは裏腹に、薬学部は半ば「Fラン大学」の代名詞になりつつあり、医師と同等など到底望むべくもない体たらくです。町おこし目的で薬学部を誘致した自治体にとってすら今やお荷物と化している現状、薬学部6年制が何かプラスに働いた要素はあるのでしょうか。

  • 編集部 片田江康男

    記者1年目に経験を積ませてくれたドラッグストア業界

     記者になった2006年、初めて担当したのが小売り専門店の業界。人生初のインタビューは、当時マツモトキヨシ社長で、現在はマツキヨココカラ&カンパニー会長の松本南海雄氏でした。大量出店を続けるアグレッシブな姿勢とは正反対の穏やかな口調や、応接室のソファの感触など、その日のことは今でも鮮明に覚えています。
     書いた記事に対する初めての意見(お𠮟り)も、大手ドラッグストアの社長からでした。「教えてやるから会社に来い」と言われてビクビクしながら訪問すると、入り口で「よく来たね」と満面の笑みで迎えてくださいました。
     私にとって〝初めて〟が詰まったドラッグストア業界。その動向を注目せずにはいられません。

最新号の案内2024年6月1日号

表紙

特集大再編 キャリア新序列 薬学部淘汰 薬局・薬剤師 勢力激変

何年にもわたって薬局は、淘汰・再編が叫ばれてきた。安定した利益を得られる調剤ビジネスを拡大しようと薬局が乱立し、コンビニエンスストアを上回る6万店にまで膨れ上がった。出店余地がなくなってくると、買収合戦がヒートアップした。そして今、局面は変…

特集2エネルギー動乱

「ダイヤモンド・オンライン」で人気の長期連載「エネルギー動乱」では、業界のプレーヤーの動向やエネルギー情勢など森羅万象に迫っている。配信済みの記事の中から、業界団体のトップ人事やカルテル事件、原子力発電所の再稼働問題など、激動の大手電力会社…