記事一覧:特集 Part32549

定期購読のご案内

記者の目

  • 副編集長 清水量介

    好評の決算書100本ノック特集、表紙のイラストに毎回ツッコミ

    「週刊ダイヤモンド」の人気企画に育ちました「決算書100本ノック!」。
     ご好評いただいていることもあり、このところは1年に2回発行しています。
     そんな中、毎回迷うのが表紙のデザインです。
    「あ、あの特集がまた登場したのか」と、リピーターの読者の方に書店で認識していただくためには、大幅なデザイン変更はできません。
     しかし、かといって、前回とまったく同じというわけにもいきません……。
     そして、毎回、必ず営業のN田さんからは「あのバッターのイラストはノックのフォームではない」というツッコミが入ります。
     さて、今回のイラストはいかがだったでしょうか?

  • 編集長 山口圭介

    理不尽な子育て世帯向け給付金、背景に古色蒼然の家族像

     旧友と早めの忘年会。子育て世帯向けの10万円相当の給付策を巡って、珍しく議論が紛糾しました。
     フリーランスの友人が「家計はカツカツなのに子どもがいないので対象外」と愚痴れば、一馬力で年収1000万円という友人も「教育費で入り用なのに960万円の所得制限のせいで対象外」とビールをあおります。一方、共働きの友人は世帯年収が1600万円超なのに、それぞれの年収が800万円台らしく給付金をもらえるそう。
     こうした理不尽さの背景にあるのは、古色蒼然とした日本政府の家族像。結局頼れるのは自分だけだと、もう一つ白熱したのが投資話でした。3人の投資先はいずれも米国株。現役世代は日本を見放し始めています。

先週号の案内2021年12月4日号

表紙

特集中間決算を最速反映! 逆境に克つ! 強い株

新型コロナウイルスの新規感染者数が徐々に落ち着きを見せる中、日本株は衆院選を経てにわかに強さを増し始めた。本特集では、中間決算の結果を踏まえ、コロナ後を勝ち抜ける「強い株」について、現下の日本株投資で注目したい「7つのキーワード」にひも付け…

特集2EC膨張 アマゾン・楽天・ヤフー 物流抗争

アマゾンジャパン、楽天グループ、Zホールディングス傘下のヤフーを中心に電子商取引(EC)が膨張し、宅配荷物の増加が止まらない。パンク寸前の現場では、多重下請け構造がまん延。巨大化するアマゾンと群雄割拠する運送会社のパワーバランスは崩壊寸前だ…