最新号

最新号表紙

2021年10月30日号
[730円]

今週の週刊ダイヤモンド2021年10月30日号[730円]

最新号表紙

特集 駆け込み!
相続&死後の手続き

相続税と贈与税の一体化──。毎年110万円の贈与税の非課税枠を活用する「生前贈与」の節税術が、早ければ2022年にもダメになる見通しだ。民法大改正や税制改正、コロナ禍に伴う社会変化や税務当局の徴税強化など、相続を取り巻く環境は激変した。家族を困らせないために、今しかできない「駆け込み相続」対策を学んでおこう。

ココが見どころ

相続税の平均は1714万円!今なら間に合う「駆け込み贈与」節税術

毎年110万円の贈与税の非課税枠を活用する「生前贈与」の節税術が、早ければ2022年にもダメになる見通しです。民法大改正や税制改正、コロナ禍に伴う社会変化や税務当局の徴税強化など、相続を取り巻く環境は激変しました。家族を困らせないために、今しかできない「駆け込み相続」対策をお届けします。

目次

特集駆け込み! 相続&死後の手続き

  • 【Prologue】生前贈与がダメになる前に 駆け込み相続
  •  
  • 【Part 1】今しかできない「駆け込み贈与」 知る人だけが得をする相続(秘)節税術
  • 相続の節税効果は最大700万円!? 「駆け込み贈与」完全ガイド
  • 相続の準備不足で損をしない必須知識 実家売却で「数百万円」差も 相続の基本ルールと節税対策
  • 現金の少ない地主が土地を奪われる! 改正相続法の五大リスク
  • 遺言書もお得制度活用もダメになる 認知症の「相続貧乏」防衛術
  • 最新路線価で関東・関西165駅を試算 相続税”増税”ランキング
  •  
  • 【Part 2】絶対損したくない人に送る 「死後の手続き」とお金の準備
  • 老後の運用の決め手は”守り”の配分 「資産寿命」を延ばす投資テク
  • 死亡届は7日、相続は4カ月… 葬儀から墓、財産目録まですぐにやるべき死後の手続き
  • 忘れてしまうと絶対に後悔する パートナーを突然亡くしたとき申請すればもらえるお金
  • 自分で選ぶ? 裁判所に任せる? ”おひとりさま”死後手続き 後見人選びのポイントとは
  • 遺言書があっても「争族」に? 自筆遺言書を法務局で保管 新制度に潜む「落とし穴」
  • 遺言書作成から「争族」解決まで 死後の手続きの悩み&報酬別 頼れる「プロ士業」の選び方
  • 換金できない故人の仮想通貨に相続税 「デジタル遺品」の落とし穴
  • 障害年金や傷病手当金を取り逃すな がん患者がもらえるお金
  • 《今すぐやるべき》駆け込み相続準備マニュアル

特集2武田薬品 製薬エリートの真実

News

  • 【Close Up】旧パナソニックのヘルスケア事業 PHC上場も株価がさえない訳
  • 【Close Up】特急料金だけでは終わらない JR東、値上げの本気と本意
  •  
  • 【オフの役員】伊藤かつら(日本マイクロソフト執行役員)

ウォール・ストリート・ジャーナル発

  • 世界経済失速、インフレと供給制約が足かせ
  • FRBインフレ予想に死角、スタッフの批判が波紋

政策マーケットラボ

  • 資源価格が急上昇したときに飛び付いてはいけない取引
  • 新村直弘(マーケット・リスク・アドバイザリー代表)
  •  
  • 岸田政権の「統治と分配」は短命橋本型か小泉、安倍型か
  • 森田長太郎(SMBC日興証券チーフ金利ストラテジスト)

データ

  • 【数字は語る】▲2.6% 脱炭素推進に伴うコスト増による2050年のGDP押し下げ幅(長井滋人)

連載・コラム

  • 深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
  • 山本洋子/新日本酒紀行
  • 井手ゆきえ/カラダご医見番
  • 牧野 洋/Key Wordで世界を読む
  • 加藤文元/大人のための最先端理科
  • Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
  • Book Reviews/オフタイムの楽しみ
  • Book Reviews/目利きのお気に入り
  • Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
  • 校條 浩/シリコンバレーの流儀
  • 後藤謙次/永田町ライヴ!
  • From Readers From Editors
  • 世界遺産を撮る

次号予告

2021年11月6日号

特集脱炭素地獄 「脱落危険度」ランキング421社

特集2不要? 生き残る? ITベンダー&人材 大淘汰

※特集タイトルや内容は、変わることがあります。

定期購読のご案内

記者の目

  • 編集部 羽富宏文

    死後の手続きは準備が全て、お薦めは「見える化」

     8月よりダイヤモンド編集部に記者として参加しています。テレビマンの傍らライターとして幅広く書いてきましたが本誌で記事を書くのは目標の一つでした。Y編集長いわく、「紙に親しむ世代の最も関心が高いテーマ」。初仕事が今号の特集でした。
     今夏、大切な人を病で亡くしました。闘病を支え続け、自宅でみとりました。悲嘆に暮れる暇もなく葬儀の準備に追われる中で、死後の手続きまで考えが及びませんでした。
     死後の手続きは準備が全てです。失意の中でスルーしないためにはどうするか?お薦めは、死後の手続きを「見える化」しておくこと。紙に手続きの期限と内容、必要な書類を書いて目に留まるところに張っておく。気軽に実践してほしいです。

  • 編集長 山口圭介

    2年ぶりに母校で講義、初心に帰る良い機会

     大学でリアルの授業が再開し、母校で2年ぶりにメディア論の講義をしてきました。激変のメディア業界でどう勝ち残っていくかのケーススタディー。後半は特集企画の課題に挑戦してもらいましたが、皆、発想が柔軟で良い刺激を受けました。
     講義後にゼミの恩師を訪ねたら、矢継ぎ早にメディアに対する厳しい質問が飛んできて、学生に戻ったような緊張感を味わいました。私が所属していたのは統計的手法で企業分析を行うゼミで、「スポーツのように勉強する」がモットー。試行錯誤しながら自らの仮説を検証していく作業は、今の自分の原点です。
     最近、仕事の進め方で少し迷いがあったのですが、久しぶりの母校は初心に帰る良い機会となりました。

先週号の案内2021年10月23日号

表紙

特集株入門

何事も最初が肝心だ。株投資は特にそうである。そもそも株価はどのようにして動くのか。投資の基礎をそこから始めてしっかりと固めたい。さらに具体的に投資商品では何が〇で何が×か、どんな投資手法を用い、どの株を買えばいいのか。実践に向けて必須ポイン…

特集2目指せGAFA! メガベンチャー番付

GDPも株価も米国に差をつけられた日本。米国と比較すると、企業の新陳代謝が進まなかったことも大きな要因だ。だが、時価総額上位にエムスリーが登場するなど、日本にも「メガベンチャー」が育つ環境が整いつつある。注目企業を徹底解剖すると同時に、「次…