記事一覧:Close Up6

  • 震源地は米中発の金融政策大揺れに揺れる新興国経済

    Close Up
    震源地は米中発の金融政策 大揺れに揺れる新興国経済

    2013年6月28日

    「バーナンキ発言」が新興国経済を揺らしている。米国の量的緩和の早期縮小観測が浮上し、市場からカネが逆流し始めた。世界経済の牽引役だった中国でも金融不安が台頭し、懸念が深まっている。

  • “サイバー戦争”で後塵を拝す日本のお寒い情報セキュリティ事情

    Close Up
    “サイバー戦争”で後塵を拝す 日本のお寒い情報セキュリティ事情

    2013年6月20日

    サイバー空間における国家間の攻防が激化している。今月行われた米中首脳会談では、米国側が中国を発信源とするサイバー攻撃に懸念を表明した。各国がサイバー空間を「第5の戦場」と位置づける中、日本も対策強化の第一歩を踏み出したが、官民とも課題山積だ。

  • マイナンバー法成立でも課題は山積強まる個人監視、見えない不正防止策

    Close Up
    マイナンバー法成立でも課題は山積 強まる個人監視、見えない不正防止策

    2013年6月11日

    参院選を控えた通常国会は延長の兆しすらなく、6月26日の会期末で閉会する。今国会では、国民一人ひとりに番号を割り振り、社会保障給付や税金の情報を一元管理する「共通番号法(マイナンバー法)」が5月24日の参院本会議で可決・成立した。かつて「国民総背番号制だ」などマスコミの多くが批判を強めてきたのは“納税者番号”だったが、今回のマイナンバー法が国会審議を円滑に乗り切った背景には、マイナンバーが消費税率引き上げをにらんだ「低所得者対策としての給付付き税額控除」の前提という認識が広がったことが大きい。マイナンバーの利用範囲は年金、労働、福祉・医療、税、災害対策分野などで、2016(平成28)年1月から年金や税を皮切りに順次導入される。政府は行政手続きの簡素化をアピールするが、個人情報の流出や不正利用への早急な対策の整備が必要だ。

  • リスクオンで売られる円と国債長期金利上昇の不気味な足音

    Close Up
    リスクオンで売られる円と国債 長期金利上昇の不気味な足音

    2013年5月14日

    5月13日月曜日、午前10時10分――。国債のブローカーである短資会社に、日本銀行と接続されるスピーカーから「オペをオファーします」という音声が流れると、先週末から荒れ模様だった国債市場に安堵の空気が広がった。

  • 政官財と日銀が敷き始めた地方銀行再編の包囲網

    Close Up
    政官財と日銀が敷き始めた 地方銀行再編の包囲網

    2013年5月9日

    自民党の「日本経済再生本部」が、政府に銀行再編の促進を提言する構えをみせ、地方銀行がざわつき始めている。企業の資金需要の低迷で、利益が伸び悩む地銀は包囲網をどう突破するのか。

  • 【日銀超弩級緩和の衝撃続報】日銀展望レポートにOBも異論懸念される追加緩和の可能性

    Close Up
    【日銀超弩級緩和の衝撃続報】 日銀展望レポートにOBも異論 懸念される追加緩和の可能性

    2013年5月3日

    「見通し期間の後半(2015年度)にかけて、『物価安定の目標』である2%程度に達する可能性が高い」。市場の注目が集まる中、日本銀行が経済・物価の見通しを示す「展望レポート」が4月26日に公表された。そこでは案の定、そんな強気の説明がなされている。日銀が言うところの“街エコ(民間エコノミスト)”の物価見通しに比べれば、かなり楽観的だ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

記者の目

  • 編集部 柳澤里佳

    ヤマト現場取材で感じたギャップ

    宅配危機という言葉が定着してはや1年。ヤマトにトップインタビューを申し込みましたが、断られたので、現場の前線にいる関係者を徹底取材しました。  そこから見えてきたのは、カリスマ経営者が築いた優良企業のイメージと、実態とのギャップです。ドライバーが相次いで労基署に駆け込んでいるのは、毎日大量の荷物と格闘する一方、成功体験に縛られ、変わることのできない経営陣に戦いを挑むためではないかと感じました。  思い起こせば学生時代、“物流系”のアルバイトを二つしていました。一つは宅配ピザ店、もう一つは東京湾岸にある巨大倉庫のピッキング作業です。物流業の過酷さを、ほんの少し垣間見たような気がします。

  • 編集長 深澤 献

    運ぶ人への想いが薄れた宅配便

    「20世紀の宅配便は『送る人』と『受け取る人』の“想い”を繋ぐものであり、金銭的かつ感情的価値のあるモノが運ばれていた」  元流通業界の証券アナリストで経営コンサルタントの松岡真宏氏が、ダイヤモンド・オンラインに寄せた記事の中で指摘しています。確かに学生時代、実家からの食料(時々は現金も)の詰まった小包はうれしかったものです。  ところが21世紀、Eコマースの普及で様相が変わりました。販売業者から直接届くBtoCだけでなく、フリマアプリを通じた見知らぬ者同士のCtoCまで、宅配業者をフル活用する生活です。荷物から「送る人」と「受け取る人」の想いが失われ、同時に「運ぶ人」への想いも薄れたのかもしれません。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!