記事一覧:Close Up6

  • 震源地は米中発の金融政策大揺れに揺れる新興国経済

    Close Up
    震源地は米中発の金融政策 大揺れに揺れる新興国経済

    2013年6月28日

    「バーナンキ発言」が新興国経済を揺らしている。米国の量的緩和の早期縮小観測が浮上し、市場からカネが逆流し始めた。世界経済の牽引役だった中国でも金融不安が台頭し、懸念が深まっている。

  • “サイバー戦争”で後塵を拝す日本のお寒い情報セキュリティ事情

    Close Up
    “サイバー戦争”で後塵を拝す 日本のお寒い情報セキュリティ事情

    2013年6月20日

    サイバー空間における国家間の攻防が激化している。今月行われた米中首脳会談では、米国側が中国を発信源とするサイバー攻撃に懸念を表明した。各国がサイバー空間を「第5の戦場」と位置づける中、日本も対策強化の第一歩を踏み出したが、官民とも課題山積だ。

  • マイナンバー法成立でも課題は山積強まる個人監視、見えない不正防止策

    Close Up
    マイナンバー法成立でも課題は山積 強まる個人監視、見えない不正防止策

    2013年6月11日

    参院選を控えた通常国会は延長の兆しすらなく、6月26日の会期末で閉会する。今国会では、国民一人ひとりに番号を割り振り、社会保障給付や税金の情報を一元管理する「共通番号法(マイナンバー法)」が5月24日の参院本会議で可決・成立した。かつて「国民総背番号制だ」などマスコミの多くが批判を強めてきたのは“納税者番号”だったが、今回のマイナンバー法が国会審議を円滑に乗り切った背景には、マイナンバーが消費税率引き上げをにらんだ「低所得者対策としての給付付き税額控除」の前提という認識が広がったことが大きい。マイナンバーの利用範囲は年金、労働、福祉・医療、税、災害対策分野などで、2016(平成28)年1月から年金や税を皮切りに順次導入される。政府は行政手続きの簡素化をアピールするが、個人情報の流出や不正利用への早急な対策の整備が必要だ。

  • リスクオンで売られる円と国債長期金利上昇の不気味な足音

    Close Up
    リスクオンで売られる円と国債 長期金利上昇の不気味な足音

    2013年5月14日

    5月13日月曜日、午前10時10分――。国債のブローカーである短資会社に、日本銀行と接続されるスピーカーから「オペをオファーします」という音声が流れると、先週末から荒れ模様だった国債市場に安堵の空気が広がった。

  • 政官財と日銀が敷き始めた地方銀行再編の包囲網

    Close Up
    政官財と日銀が敷き始めた 地方銀行再編の包囲網

    2013年5月9日

    自民党の「日本経済再生本部」が、政府に銀行再編の促進を提言する構えをみせ、地方銀行がざわつき始めている。企業の資金需要の低迷で、利益が伸び悩む地銀は包囲網をどう突破するのか。

  • 【日銀超弩級緩和の衝撃続報】日銀展望レポートにOBも異論懸念される追加緩和の可能性

    Close Up
    【日銀超弩級緩和の衝撃続報】 日銀展望レポートにOBも異論 懸念される追加緩和の可能性

    2013年5月3日

    「見通し期間の後半(2015年度)にかけて、『物価安定の目標』である2%程度に達する可能性が高い」。市場の注目が集まる中、日本銀行が経済・物価の見通しを示す「展望レポート」が4月26日に公表された。そこでは案の定、そんな強気の説明がなされている。日銀が言うところの“街エコ(民間エコノミスト)”の物価見通しに比べれば、かなり楽観的だ。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド 特別セミナーのご案内

記者の目

  • 編集部 宮原啓彰

    不惑を迎えた友人たちの「焦り」

     今年、不惑を迎えましたが、この2〜3年、同年代の友人で持ち家を持たない人たちが、駆け込むようにマイホーム購入へ動きだしました。できれば30代のうちに、という焦り(?)が背中を押したようです。
     共働き世帯が大半を占めるため、希望は「職住近接」物件。つまり都心のマンションでした。ですが、この高騰で、親の資金援助でもなければ、おいそれと買うことはできなかったようです。
     そして現在。都心を諦め郊外のマンションを買った人、都市部の建売戸建てにした人、値下がりを待ちつつ今も探している人と、答えが分かれました。どれが正しいのかは誰にも分かりませんが、特集が悩める住まい探しの一助になれば幸いです。(宮原)

  • 編集長 深澤 献

    多士済済の管理組合メンバー

     社会人になってからはずっとマンション暮らし。この生活に慣れ過ぎて、もはや庭付き一戸建てへの憧れもなくなりました。
     20年前に買った今のマンションは、21戸と小規模ながら、管理組合がなかなか多士済済。大型建造物に関わるエンジニア、理詰めの化学メーカー研究者、お金に厳しい国税局査察部のマルサもいたり、一時は夜のテレビニュースのキャスターもいて、彼が総会の司会だとスムーズに話が進んだものです。私も本誌のマンション特集で知識を仕入れ、情報提供役に回ります。
     こうした布陣で、大規模修繕工事を高品質・低コストで仕上げ、管理会社の変更による管理費の大幅削減もやってのけました。一戸建てではできなかった経験です。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
読者アンケート 書籍10冊の中から、お好きな1冊が抽選で毎号5名様に当たる! いますぐ資料請求!