記事一覧:イノベーターの育ち方32

  • 三浦大輝(Daiki Miura)/Living Roots CEO

    イノベーターの育ち方
    三浦大輝(Daiki Miura)/Living Roots CEO

    2020年04月04日号  

    リスクを恐れず人と違うことに挑戦し、社会を変えたい──。そんな思いで活躍する若きイノベーターたちは、どう育ってきたのか。今回は、中学の終わりに地元、仙台で体験した東日本大震災を機に、食の安心・安全を自身のフィールドに定め、今は農産物の卸売業と小売業を手掛けるLiving Rootsの三浦大輝さんです。

  • 渡部カンコロンゴ清花(Sayaka Jess Kankolongo Watanabe)/NPO法人WELgee代表

    イノベーターの育ち方
    渡部カンコロンゴ清花(Sayaka Jess Kankolongo Watanabe)/NPO法人WELgee代表

    2020年03月07日号  

    社会課題に果敢に向き合う若きリーダーの情熱と使命感は、どのように育まれてきたのか。今回は、日本に住む“難民”が、この地で第二の人生を歩むための環境づくりに挑むNPO法人WELgee(ウェルジー)の渡部カンコロンゴ清花代表。類いまれな行動力とコミュニケーション能力の秘密は、少女時代の多様性あふれる環境にありました。

  • 冨田侑希(Yuki Tomita)/dot代表

    イノベーターの育ち方
    冨田侑希(Yuki Tomita)/dot代表

    2020年02月22日号  

    自らの力で社会を変えたい──そんな情熱や使命感を抱いて活躍する若きリーダーたちは、どんな原体験に支えられ、どう育ってきたのか。今回は、「Z世代」の価値観・視点を生かした学生発イノベーションのプロジェクトを次々に立ち上げるdot代表の冨田侑希さんです。全ての始まりは学習院大学での「起業論」の授業でした。

  • 中川祥太(Shota Nakagawa)/キャスターCEO

    イノベーターの育ち方
    中川祥太(Shota Nakagawa)/キャスターCEO

    2020年02月08日号  

    人と違うことをやる。リスクを取ってでも新しい道を行く──。イノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どう育ってきたのか。今回は、秘書や経理など会社の管理部門の業務をリモートワーク(在宅勤務)で請け負うサービスを展開し、「労働革命で人を自由に」を旗印に新しい働き方を提案するキャスターの中川祥太さんです。

  • 北野華子(Hanako Kitano)/NPO法人Being ALIVE Japan理事長

    イノベーターの育ち方
    北野華子(Hanako Kitano)/NPO法人Being ALIVE Japan理事長

    2020年01月25日号  

    自分にしかできないことがある、自分ならできる──そんな情熱や使命感を抱いて活躍する若きリーダーたちは、どんな原体験に支えられているのか。今回は、難病などで長期療養生活を送る子供向けのスポーツ体験を提供するNPO法人Being ALIVE Japanを運営する北野華子さん。自身も15年間にわたる療養生活を経験しています。

  • 吉藤オリィ(Ory Yoshifuji)/オリィ研究所代表取締役CEO

    イノベーターの育ち方
    吉藤オリィ(Ory Yoshifuji)/オリィ研究所代表取締役CEO

    2020年01月11日号  

    世の中を変えたい──。そんな情熱や使命感を抱いて活躍する若きリーダーたちは、どんな原体験に支えられ、どう育ってきたのか。今回は、小中学校時代に3年半の不登校を経て、「テクノロジーを用いて、人の孤独を解消する」ことを使命とし、遠隔操作型ロボットの開発などを行うオリィ研究所の吉藤オリィ(本名・健太朗)さんです。

  • 酒向萌実(Momi Sako)/GoodMorning社長

    イノベーターの育ち方
    酒向萌実(Momi Sako)/GoodMorning社長

    2019年12月14日号  

    人とは違う何かに挑戦し、時代を変えようとする若きイノベーターたちは、どう育ってきて、どんな原体験が今を支えているのか。今回は、クラウドファンディングサイトを運営するCAMPFIREの家入一真代表から、社会課題の解決に挑む事業に特化した子会社GoodMorningの社長に、25歳にして抜てきされた酒向萌実さんです。

  • 倉富佑也(Yuya Kuratomi)/ココン社長

    イノベーターの育ち方
    倉富佑也(Yuya Kuratomi)/ココン社長

    2019年11月30日号  

    人と違うことをやる。リスクを取ってでも新しい道を行く──。イノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どう育ってきたのか。今回は、幼少期から経営者を志し、大学時代にクラウドソーシングで起業した後、積極的なM&A戦略でサイバーセキュリティー領域にまで業容を広げるココンの倉富佑也さんです。

  • 水野雄介(Yusuke Mizuno)/ライフイズテック代表

    イノベーターの育ち方
    水野雄介(Yusuke Mizuno)/ライフイズテック代表

    2019年11月16日号  

    社会を変えたい、自分にしかできないことがある──そんな情熱や使命感を抱いて活躍する若きリーダーたちは、どんな原体験に支えられ、どう育ってきたのか。今回は、中学生や高校生向けにプログラミングや、ITが学べるスクールやキャンプなどの教育サービスを展開するライフイズテック(Life is Tech!)の水野雄介さんです。

  • 北川 烈(Retsu Kitagawa)/スマートドライブ代表

    イノベーターの育ち方
    北川 烈(Retsu Kitagawa)/スマートドライブ代表

    2019年11月02日号  

    人と違うことをやる、リスクを取ってでも新しい道を行く──。イノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どんな原体験に支えられ、どう育ってきたのか。今回は自動車などの走行データを収集・解析することで、移動に関するさまざまなサービスに活用し、「移動の進化を後押しする」ことを目指すスマートドライブの代表、北川烈さんです。(聞き手/ダイヤモンド編集部論説委員・深澤 献)

  • 清水正大(Masahiro Shimizu)/ジールス代表取締役CEO

    イノベーターの育ち方
    清水正大(Masahiro Shimizu)/ジールス代表取締役CEO

    2019年10月19日号  

    人と違うことをやる。リスクを取ってでも新しい道を行く──。イノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どう育ってきたのか。今回は、AI(人工知能)を使った自動会話プログラムであるチャットボットを、商品購入など高度なコミュニケーションに活用し、新たな産業革命に取り組むジールスの清水正大さんです。

  • 塩田元規(Genki Shiota)/アカツキ代表取締役CEO

    イノベーターの育ち方
    塩田元規(Genki Shiota)/アカツキ代表取締役CEO

    2019年10月05日号  

    他人と違った道を行き、時代を変えるイノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どう育ってきたのか。また、その原体験はどこにあるのか。今回は、モバイルゲームの開発や横浜の複合型娯楽施設「アソビル」の運営など、デジタルとリアルの両領域でエンターテインメント事業を展開するアカツキの塩田元規さんです。

  • 田角 陸(Riku Tazumi)/いちから代表取締役社長CEO

    イノベーターの育ち方
    田角 陸(Riku Tazumi)/いちから代表取締役社長CEO

    2019年09月21日号  

    人と違うことをやる。リスクを取ってでも新しい道を行く──。そんな若きイノベーターたちはどう育ってきたのか。今回は、誰でもアニメのキャラクターに扮して「バーチャルYouTuber(バーチャルライバー)」になり、動画を配信できる「にじさんじアプリ」を開発、現在はバーチャルライバーが所属するタレント事業「にじさんじプロジェクト」を手掛ける、いちからの田角陸さんです。

  • 保手濱彰人(Akihito Hotehama)/ダブルエル社長

    イノベーターの育ち方
    保手濱彰人(Akihito Hotehama)/ダブルエル社長

    2019年09月07日号  

    人と違うことをやる、リスクを取ってでも新しい道を行く──。イノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どんな原体験に支えられ、どう育ってきたのか。今回は、東京大学在学中に起業サークル「TNK」を設立、多くの起業家の輩出に貢献した一方、自身も漫画やアニメなど和製コンテンツの権利マネジメントとグローバル展開を行うダブルエルの社長、保手濱彰人さんです。

  • 金武偉(Wil Kim)/ミッション・キャピタル マネージング・パートナー

    イノベーターの育ち方
    金武偉(Wil Kim)/ミッション・キャピタル マネージング・パートナー

    2019年08月24日号  

    人と違うこと、新しいことに挑戦する若きイノベーターたちは、どんな原体験に支えられ、どう育ってきたことで、そんなたくましさを得たのか。今回は、2018年に投資ファンド、ミッション・キャピタルを創業し、社会課題の解決と財務的利潤の両立を実現する「インパクト投資」に取り組む金武偉(キム・ムイ)さんです。

  • 白川寧々(Nene <Ning> Shirakawa)/タクトピア共同創業者・北米統括

    イノベーターの育ち方
    白川寧々(Nene <Ning> Shirakawa)/タクトピア共同創業者・北米統括

    2019年08月03日号  

    時代を変えるイノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どう育ってきたのか。また、その原体験はどこにあるのか。今回は、自らの意思で未来を切り開いていける若者の育成を、起業家教育、英語教育を通して支援するタクトピアの共同創業者、白川寧々さん。中国生まれで6歳で来日、大学から米国に渡った、まさにグローバルリーダーです。

  • 古田奎輔(Keisuke Furuta)/Payke代表取締役

    イノベーターの育ち方
    古田奎輔(Keisuke Furuta)/Payke代表取締役

    2019年07月20日号  

    人と違うことをやる、リスクを冒してでも新しい道を行く──。イノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どんな原体験に支えられ、どう育ってきて、そんなたくましさを得たのか。今回は、商品に印刷されているバーコードを媒介に、商品の情報や魅力を多言語で外国人観光客に伝えるサービスを展開するPayke(ペイク)の古田奎輔さんです。

  • 甲斐真一郎(Shinichiro Kai)/FOLIO代表取締役兼CEO

    イノベーターの育ち方
    甲斐真一郎(Shinichiro Kai)/FOLIO代表取締役兼CEO

    2019年07月06日号  

    今回はテーマ型投資の投資プラットフォームを提供するオンライン証券ベンチャー、FOLIOの甲斐真一郎さんです。

  • 石井大地(Daichi Ishii)/グラファー創業者・CEO

    イノベーターの育ち方
    石井大地(Daichi Ishii)/グラファー創業者・CEO

    2019年06月22日号  

    人と違うことをやる、リスクを取ってでも新しい道を行く──。イノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どんな原体験に支えられ、どう育ってきて、そのたくましさを得たのか。今回は、東京大学医学部から文学部に転じ、小説家として文藝賞を受賞、その後、プログラミングや事業開発に携わり、行政手続きのIT化で起業した石井大地さんです。

  • 川口加奈(Kana Kawaguchi)/NPO法人Homedoor理事長

    イノベーターの育ち方
    川口加奈(Kana Kawaguchi)/NPO法人Homedoor理事長

    2019年06月08日号  

    新しい常識をつくるイノベーターとして活躍する若きリーダーたちは、どんな環境で育ち、どんな原体験に支えられているのか。今回は、中学2年生のときに参加した釜ヶ崎・あいりん地区での炊き出しボランティア体験でホームレス問題に直面して以来、その解決に取り組み、19歳でNPO法人Homedoor(ホームドア)を設立した川口加奈理事長です。

タブレット・スマートフォンでも誌面がそのまま読める
週刊ダイヤモンド電子版も好評発売中!

週刊ダイヤモンド デジタルサービスの提供を終了いたします

記者の目

  • 編集長 山口圭介

    互恵的グローバル経済の終わり

    「まるで三国志の世界」──。旧知の市場関係者は混迷の度合いを深める現状をそう評しました。
     確かに「感染症」が世界で猛威を振るい、固く閉ざされた都市や国家が点在する世界は乱世さながらです。またアフリカ、中東などでは大量発生したバッタが農作物を食い荒らし、「飢饉」の懸念まで浮上しています。さらに原油を巡って、三国志の奸雄、董卓をほうふつとさせるサウジアラビアとロシアの暴君のエゴがぶつかり、原油市場が急落、混迷に拍車を掛けています。
     ブレグジット、トランプ政権誕生、米中貿易摩擦、そしてコロナ危機。その先にあるのは、2000年代以降加速した「互恵的グローバル経済」の終わりです。

  • 編集部 田上貴大

    窮地の企業に頼られる地銀か

     真に地域密着を実現できている地銀はどこなのか。そんな問題意識の下、今回の特集取材が本格始動したのは今年1月のことでした。そこから瞬く間に新型コロナウイルスがまん延し、企業を直撃。窮地に陥った企業から頼られる地銀こそ、今まで地域に密着できていたといえるでしょう。冒頭の問題意識の答え合わせをする局面が、想像以上に早く訪れました。
     そんな中、ある地銀の支店長の本音が耳に残りました。「本部が貸し倒れ急増におびえていて、現場と違う方向を向いている」。地銀間で融資姿勢に温度差があるようです。
     財務基盤に余力がある地銀ほど、こうした声は出にくいはず。日頃の体力づくりがいかに大事かを、改めて思い知らされます。

全国書店リストバナー 「学割」 定期購読なら約57%オフ!
いますぐ資料請求!