3月期決算で、電機産業が巨額の赤字に陥ると予測されている。2月27日には、エルピーダメモリが会社更生法の適用を申請。日本のエレクトロニクス産業は総崩れの様相だ。円高、タイの洪水などが原因と言われるが、真の原因は、ビジネスモデルの方向付けが間違っていることだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。