「今年度中に会社は新たな人員削減策を打ち出すだろう」。第一三共の関係者は重い表情でそう明かした。同社は2005年に三共と第一製薬が合併して誕生した。合併時に早期退職者を募集し1412人が応募。その後は子会社などに社員を出向、転籍させるかたちでの人員調整を行ったが、早期退職募集を実施したのは先の1回のみだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。