ローソンの社長を次の世代にバトンタッチすると決めたのは、3年前のことです。東日本大震災の際、自ら判断し、迅速に被災地支援等の行動を取った役員や社員たちの働きを見て、「人財が育ってきた。もう細かく指示しなくても大丈夫だな」と実感できたのが、社長を退こうと思った大きな理由の一つです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。