今年1月、まだサッカー天皇杯優勝の余韻も冷めやらぬころ、横浜F・マリノスの嘉悦朗社長の姿が、英国のマンチェスターにあった。目的は今年、世界最高峰のイングランド・プレミアリーグを制したマンチェスター・シティ(マンC)の視察。育成組織や最新の設備、トレーニングシステムなど日本では見たことのない体制に衝撃を受ける中、思わず感嘆のため息を漏らした“宝”があった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。