100ヤード以内のコントロールショットのとき、プロの大半は、アドレスでスタンスを「オープン」にして構えます。この理由をご存じですか。ターゲットが見やすくなり、ライン(方向性)を出しやすい、クラブを振り抜きやすい、といった点もありますが、もっと大きな理由が二つあるのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。