若竹七海『暗い越流』は、日本推理作家協会賞〔短編部門〕を受賞した表題作を含む作品集だ。本来ならミステリーとしての評価を語らなければいけないのだが(切れ味鋭いことは言うまでもない)、何よりいいのは、この作家の文章が心地よいことで、だから読み終えてもしばらく本を離せない。凝っているわけではない。平易なのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。