「あの敗北は、本当に痛恨だった」──。ある自民党関係者は、昨年10月27日に投開票された神奈川県川崎市長選をそう振り返った。前市長の任期満了に伴う川崎市長選は、自民と民主、公明3党の推薦を受ける総務省出身の新人、秀嶋善雄氏と、元県議で無所属新人の福田紀彦氏ら新人3人で争われた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。