消費増税に伴う駆け込み需要で、業績的に一息ついた百貨店業界。だが、新たなプレーヤーが続々と進出、商業施設を開設させて百貨店市場を侵食している。6.2兆円のマーケットが5兆円規模まで縮小することが必至といわれる中、かつての小売業の“雄”たちは、生き残りを懸けた戦略を模索する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。