東京スカイツリーにも携わった鳶職人が、ブログの原稿と自らスマートフォンで撮影した写真をまとめたのが『鳶(とび)』。文章がうまい。写真も、そこで働いている者にしか撮影できない生々しさ。地上数百メートルの空間で、自分を守り、仲間を守り、ナット一つさえ落としてはならない緊張に耐えながら、ビルやタワーを造り続ける仕事への誇りと美学に満ちています。貴い仕事の記録です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。