国内問題と国際問題の二つの背景があります。国内的には、地方政府が自己の利益を追求したが故の過剰投資、食品衛生、環境問題などさまざまな問題を抱え、改革は待ったなしですが、官僚などの既得権益層の抵抗が大きくて進まない。そこを対外開放による「外圧」で進めようということです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。