「習近平は文景の治の歴史を熟読しており、自らを劉秀に重ねている」。中国共産党指導部の経済政策ブレーンの1人が最近筆者にこう語った。「文景の治」とは経済・社会状況が衰退から繁栄に向かう転換期を歩んだ前漢の一時代(紀元前180~紀元前141年)を指す。時の為政者だった文帝は、生産力向上のための農業政策や周辺民族との紛争を抑えるための軍事・外交政策を重視した。と同時に、皇室や官僚組織に徹底した倹約と質素な生活を求めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。