日本政治の流れを見る上で大型連休は大きなポイントの一つといっていい。しばしばその前と後では政治の様相がガラリと変わる。5年5カ月続いた小泉純一郎政権以降、第1次安倍晋三政権から民主党の野田佳彦前政権までの6政権は、いずれも大型連休を境に急速に求心力を失い退陣に追い込まれている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。